冬こそ頭皮と髪を守るべき! ダメージに気をつけよう

髪や頭皮のダメージは夏のものばかりが注目されがちですが、冬にも危険はたくさんあるのです。乾燥しやすい秋から冬もしっかりとダメージケアを行ないましょう。

view875

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夏よりも冬の方が頭皮が危険って本当?

  • 「冬に入ったからもう安心!」なんて油断してはいけません。実は、頭皮の皮脂は夏より冬の方が多く、抜け毛の原因となってしまうんです。頭皮が一年で最も危険な環境に晒されるこれからのシーズンを乗り切るために、頭皮について正しい知識を持っておきましょう!
    出典 :抜け毛の秋よりコワ~イ! 冬の頭皮事情:Men's HOLOS
     

    冬は頭皮にも厳しい季節なのです。

  • 空気が乾いた冬は、髪のパサパサ、頭皮のカサカサが気になる季節。髪と頭皮の乾燥は、ダメージがダメージを呼ぶ悪循環につながるので、早めに対処することが大切です。
    出典 :抜け毛の秋よりコワ~イ! 冬の頭皮事情:Men's HOLOS
     

    冬は乾燥する季節。意識してケアをしないと、あっという間に抜け毛などの問題に発展します。

  • 頭皮の皮脂腺の量は顔のTゾーンのなんと2倍以上!
    過剰な皮脂は毛穴を詰まらせ、頭皮環境を悪化させてしまいます。また、冬の過剰な皮脂でベタついた髪は実際よりも量が少なく見えてしまうことも……。
    出典 :抜け毛の秋よりコワ~イ! 冬の頭皮事情:Men's HOLOS
     

    毎日ベタつくTゾーンよりも皮脂の量が多いなんて驚きですね。

  • 静電気による髪表面の損傷
    乾燥しているところでブラッシングすると、摩擦で髪が静電気を起こしてしまいます。静電気が起きると、2万ボルトもの電流が流れることがあり、髪の表面のキューティクルに悪影響を与え、ダメージヘアが進行する恐れがあります。
    出典 :乾燥注意!女性の髪のうるおいを守るヘアケア術 [髪の悩み・対処法] All About
     

    冬の静電気、面倒なだけでなく髪にもこんなにダメージが。

  • これで安心! ダメージケア!

  • カギとなるのが、「清潔さ」と「血行促進」
    出典 :抜け毛の秋よりコワ~イ! 冬の頭皮事情:Men's HOLOS
     

    頭皮の皮脂をきちんと除去し、血の巡りを良くすることで髪も元気に。

  • シャンプーのしすぎ
    朝と夜、運動後など、1日に何度もシャンプーする女性がいると思いますが、実は髪にも頭皮にもよくありません。シャンプーを使って髪を洗うのは、1日1回にしましょう。また、シャンプーが頭皮に残らないよう、しっかりとすすぎましょう。
    出典 :乾燥注意!女性の髪のうるおいを守るヘアケア術 [髪の悩み・対処法] All About
     

    シャンプーのしすぎは頭皮を傷つけ、皮脂の落としすぎによる皮脂の過剰分泌を招いてしまいます。

  • 間違ったトリートメント
    トリートメントが多い方が効果的と考えていませんか? 手にたっぷりとトリートメントを取って髪につけると、トリートメントの油分が頭皮に残ってしまい、頭皮トラブルを起こす可能性が高くなります。ましてや、頭皮にもみ込むようにつけるのはNGです。
    出典 :乾燥注意!女性の髪のうるおいを守るヘアケア術 [髪の悩み・対処法] All About
     

    頭皮にシャンプーやトリートメントが残っていると、そこから雑菌が生まれてしまうことも。トリートメントは髪の毛だけに使うようにしましょう。

  • 乾燥によるパラパラしたフケには、頭皮に優しい低刺激性のシャンプーを
    決して頭皮を傷つけないように、毛穴に詰まった皮脂を押し出すイメージで指の腹でもみ洗いをして、すすぎもシャンプーが残らないようていねいにすすぐこと。あとは朝晩に、頭皮用のエッセンスで潤いを与えてあげると、痒みが落ちつき、フケも少なくなるはずです。フケ用の薬用シャンプーは、過剰皮脂による雑菌の繁殖で起こるフケ対策用が多く、殺菌効果や脱脂力が強いため、乾燥によるフケにこのタイプを使うとさらに頭皮が乾燥する恐れがあるので要注意。
    出典 :冬の乾燥と寒さから髪と頭皮を守るケア - goo ヘルスケア
     

    自分の頭皮の状態に合わせてシャンプーやトリートメントを選びましょう。

  • 長時間寒気のなかで過ごすときは、頭皮を冷気にさらさないよう、帽子などで守って血流環境をキープしておくことも有効です。
    出典 :冬の乾燥と寒さから髪と頭皮を守るケア - goo ヘルスケア
     

    頭皮を冷やすとその分血行が悪くなってしまいます。

  • 精神的ストレスも頭皮の血流を妨げ、発毛環境を悪くします。湯船でしっかり体を温め、頭皮マッサージなどして緊張をゆるめることも頭皮ケアに有効です。
    出典 :冬の乾燥と寒さから髪と頭皮を守るケア - goo ヘルスケア
     

    毎日の頭皮マッサージを続けるだけでも全然違います。頭皮を触ってみて、かたーくなっていたら要注意のサインです。

  • 頭皮に化粧水や乳液をつける
    髪や皮膚の水分を内側に閉じ込めておくためには、表面を油分でコーティングする必要があります。髪には、アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)やヘアスプレー(ミスト)など、オイル系の成分が入った髪の表面を覆うヘアケア剤を、頭皮には、セラミド(細胞間脂質の成分で、肌のうるおいを保つ働きを持つ)が配合されている化粧水や乳液などをつけるのがおすすめです。
    出典 :乾燥注意!女性の髪のうるおいを守るヘアケア術 [髪の悩み・対処法] All About
     

    髪の毛だけでなく頭皮にも保湿が必要なのです。