若年性脳梗塞、いざという時に知っておこう!

脳梗塞は老齢者の病気と思われてたのは以前の事、「若年性脳梗塞」は中高年も注意が必要です。予防にも繋がるので知っておくべき事をチェックしましょう。

view541

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 若年性脳梗塞とは?

  • 動脈硬化の治療 - YouTube

  • 30代~40代の著名人が脳梗塞を起こすケースが相次いでます。今、若年性脳梗塞が注目されています。45歳以下の若い世代に起こる脳梗塞を言います。しかし、年齢だけの問題ではなく、ふつうの脳梗塞とは原因が異なることをご存じでしょうか?

  • 通常の脳梗塞の場合、主な原因は「動脈硬化」です。肥満や高血圧、脂質異常症などによって動脈硬化が進行し、脳の血管が詰まり血栓ができることで脳梗塞が引き起こされます。高血圧などの生活習慣病が増加し、動脈硬化が悪化しやすい50歳代以降になると、脳梗塞のリスクも高くなります。

  • しかし若年性脳梗塞は、動脈硬化以外の原因で引き起こされます。その一部は「抗リン脂質抗体症候群」や「奇異性脳塞栓症」と呼ばれるものや「もやもや病」等です。

  • 逆に若年性なので中高年には関係がない、という訳ではありません。中高年の方でもこうした病気がある場合、動脈硬化があまり進んでいなくても脳梗塞を起こすリスクが高いようです。「動脈硬化以外にも脳梗塞を起こす病気がある」ということを知っておけば、前兆に気がついたり早期発見・予防に役立つはずです。

  • 若年性脳梗塞の主な原因

  • 高血圧改善治療法!一日5分の簡単ストレッチで血圧を下げる方法! - YouTube

     

    自分で出来ることをするのが肝心ですね。

  • 若年性脳梗塞にはまだ不明な部分も多く、その因果関係がはっきりしません。しかし比較的判明しているのが、「抗リン脂質抗体症候群」「奇異性脳塞栓症」「もやもや病」との関係です。

  • ●抗リン脂質抗体症候群
    血液中に抗リン脂質抗体と呼ばれる自己抗体ができ、血液が固まりやすくなる病気、とくに足(下肢)の深部静脈に血栓ができやすく、足の一部にはれや痛みを感じることが少なくありません。血栓が移動すると、脳では強い頭痛や一過性脳虚血発作(手に力が入らない、言葉が出ない等)を起こすことがあります。心臓に移動すると心筋梗塞を、肺に移動すると呼吸不全を起こす等、いずれも生命にかかわる重大な病気を引き起こす可能性があります。女性の場合には、習慣性の流産の原因ともなります。

  • ●奇異性脳塞栓症
    足などの静脈系にできた血栓が、心臓の左房と右房のあいだの穴「卵円孔」を通じ脳血管系へ移動し脳梗塞を起こす病気です。卵円孔は胎児の頃の名残で、成長すると閉じられますが、成人の約20%には残っています。ふだんは左房と右房の圧力差で血液は正常に流れていますが、スポーツをしたり、重い物を持ち上げるなどの負荷がかかったとき、卵円孔をとおして血栓が移動することがあります。

  • ●もやもや病
    脳の動脈の一部(内頸動脈)が狭まったり、閉塞したりすると、血流を確保するため周囲の毛細血管が拡張して網の目のように広がります。それが血管造影検査ではもやもやした煙のようにみえることが病名の由来です。毛細血管は細くて弱いため、詰まりやすく、また破裂しやすいので、脳梗塞や脳出血のリスクが高い病気です。脳梗塞型のもやもや病には、特徴的な前兆がみられます。ラーメンなどの熱い食べ物をフーフー吹いたり、笛などを強く吹いたりしたとき、一時的な手足の脱力感や意識障害が起こりやすいのです。これは過呼吸による二酸化炭素の減少から、毛細血管が狭まり、脳梗塞に近い状態が起こるためです。

  • 徳永英明 - 『VOCALIST VINTAGE』 Digest - YouTube

     

    以前、この方が「もやもや病」に罹って、一時活動休止しました。

  • 一過性脳虚血発作

  • 若年性脳梗塞はしばしば前段階ともいえるサインがみられます。それは「一過性脳虚血発作」と呼ばれる症状です。これを理解している人が5~6人に1人程度で案外と軽視されています。しかし、脳梗塞の予防のための重要なサインと言われています。一過性脳虚血発作は、その名称のとおり一時的に脳の血管の一部で血流が悪化し様々な症状が起こります。典型的な症状として、からだの片側の麻痺(手足や顔の一部が動かなくなる)や感覚障害(しびれ、脱力、感覚がにぶい)、言語障害(ろれつが回らない、言葉が出てこない)、視覚障害(片方の目が見えにくい、片側が見えない)などです。症状の多くは「突発的に起こる、からだの『片側』に起こる」といった特徴がみられます。たとえば、食事中に片手の力が急に抜けて箸を取り落としたり、いきなり片方の目だけが見えにくくなったり等です。

  • アニメでわかる脳卒中!②:TIA(一過性脳虚血発作) - YouTube

  • 一過性脳虚血発作の症状は多くの場合、数分から数十分程度で解消されます。そのため治ったと思いがちですが、じつはたまたま血流が回復したり、血栓が溶けたりしただけで、脳梗塞を起こしやすい状態であることに変わりはありません。実際にその後まもなく、重篤な脳梗塞を起こすケースも少なくありません。

  • 予防策

  • LR末の力(1)血管の構造と血栓の仕組み - YouTube

  • ●血栓を防ぐ生活習慣を作る

    若年性脳梗塞の原因となる抗リン脂質抗体症候群、奇異性脳塞栓症、もやもや病などには共通した特徴がみられます。それは血流の悪化により、血栓の元となる血液の固まりができやすいという点です。そのため予防には、日頃から血流を良くして、血栓のできにくい生活を心がける必要があります。