イライラは女性の大敵! ハーブティーでリラックス♪ 妊婦さんも!

現代社会、日常生活でイライラすることはたくさんあるはず。
我慢し続けていたら、体にも毒です。
特に妊婦さんは、お腹の子にも悪影響が・・・。
そんなときはハーブティーでリラックスしましょう!

view302

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    リラックス、リフレッシュ効果また、最近話題のデトックス(毒素排出)などで注目を集めているハーブティー。

    「ハーブティーの効能と飲み方ガイド」では、現代人の疲れを癒すハーブティーの効能に注目して、様々なハーブティーの種類、効能、飲み方をまとめています。

    お気に入りのハーブティーが見つかるきっかけになれれば幸いです。

    引用)
    http://www.marienremedy.com/mentalcare.html

  • ハーブティーがもたらすリラックス効果の秘密

  • ハーブとは、食用または薬用植物のうち、主として葉や茎を香料として利用するものの総称です。
    ヨーロッパでは、古くから健康によいとされてきました。
    ハーブには自然な癒しのパワーがあります。

    ハーブティーはその香りと飲用の相乗効果によって、心と体にリラックス効果とリフレッシュ効果を与えてくれます。
    香りを嗅ぐことは、大脳の五感を刺激し、心地よさをもたらせます。
    それぞれに効能が異なるので、自分にあったものを選ぶことで、気持ちのゆとりにつながることでしょう。
    出典 :ハーブティーがもたらすリラックス効果の秘密 : ハーブティーの効能と飲み方ガイド-ハーブティーでリラックスタイム♪
  • ※注意!!※

  • ハーブには、ビタミン、ミネラル、食物繊維などが多く含まれます。
    また、全てのハーブに共通して抗酸化作用があり、老化防止の効果があります。
    その他ハーブの持つ香りや有効成分が、脳や血液に送られ、免疫系、ホルモン系、自律神経系に働きかけ、治癒力を自然と高める効果もあります。

    ただし、ハーブには刺激の強すぎるものもあり、長期間や1日に大量に飲むことなどは避けましょう。
    妊娠中、高血圧、心臓の弱い人、乳幼児は特に注意が必要です。
    出典 :ハーブティーがもたらすリラックス効果の秘密 : ハーブティーの効能と飲み方ガイド-ハーブティーでリラックスタイム♪
  • ハーブティーは、健康を維持し、心も安定させる飲み物なので、妊娠中も安心して飲めると思っている人も、いるかも知れません。
    でも、ハーブの様々な症状に作用する有効成分が、順調な妊娠の継続を妨げることにつながる場合もあるのです。

    妊娠中のハーブティーの飲み方は、リスクの度合いによって、注意しなければいけないもの、避けるべきものなどに、区分けしています。
    一日に一杯程度なら問題のないとされるハーブティーもあるようですが、やはり、何が妊婦さんの体に影響するかわからない大事な時期です。
    出典 :妊娠中に避けたいハーブティー | 症状別ハーブティーの飲み方
  •  

    カモミール、ラベンダーのように、一日に何倍も飲んだり、何日も続けて飲まなければ、差し支えがないとされているものもあります。

    ラズベリーリーフは、スムーズな出産をサポートしてくれる頼もしいハーブティーではありますが、妊娠初期・中期は控えるようにしましょう。

    ローズマリー、クローブ、タイム、バジルは、場合によってはお腹がゆるくなることがあり、流・早産の予防のためにも、控えたほうが良いでしょう。

    サフラン、ヤロウ、レモングラス、フェンネルなどは、子宮を収縮させる作用があるので、避けるべきですね。

    引用)
    http://chacan.net/herb-tea/ninsin/dame.html

  • 他にも、妊婦さんのハーブティー・リストから外すべきものを、挙げておきますね。

    アンジェリカ
    エキナセア
    レッドクローバー
    セージ
    シナモン
    ジュニパーベリー
    セントジョーンズワート
    ヒソップ
    マグワート
    マルベリー
    出典 :妊娠中に避けたいハーブティー | 症状別ハーブティーの飲み方
  • 用意するもの

  • ハーブティーを入れるのに、特別なものは必要ありません。
    紅茶や日本茶を入れるのと同じ感覚だと考えてもらえればいいでしょう。

    ただ、できれば耐熱ガラスのポットとカップを用意しておくと、ハーブティーを見た目でも楽しめるのではないでしょうか。
    陶製のカップなら、内側がの白いものが良いでしょう。

    ドライハーブを使う場合は、ティーパックがあれば便利です。
    茶漉しを使うのもいいでしょう。

    計量スプーンなどを使うこともありますが、あまり神経質になる必要はないと思います。
    一般的に売られているティーポットに、極端に多量のハーブを入れることはないでしょうし、ハーブティーに慣れてきたら、好みに合わせて量を加減していくようになるでしょう。
    出典 :用意するもの | 症状別ハーブティーの飲み方
  • リラックスしたいときに

  •  

    リラックス効果のあるハーブティーと聞いて、誰しもが思い浮かべるのが、ラベンダーではないでしょうか。
    「癒しの女王」ラベンダーは、その名の通り、イライラを鎮め、不安な気持ちを取り払ってくれます。

    同じように鎮静作用のあるリンデンを合わせたブレンドティーがより穏やかな気持ちになるよう、導いてくれるでしょう。

    引用)
    http://chacan.net/herb-tea/shoujou/relax.html

  •  

    セントジョーンズワートは、ヨーロッパでは「ハッピー・ハーブ」といわれているそうで、不安感や憂うつな気持ちを楽にしてくれます。
    落ち込みがひどいとき、悲観的な気持ちのときに、セントジョーンズワートが、そんなマイナスの気持ちをプラス思考に変える手助けをしてくれるでしょう。

    ジャスミンも、不安感、憂うつに効果があり、和らいだ気分にしてくれるので、お休み前のハーブティーとして愛飲している人も多いようです。

    引用)
    http://chacan.net/herb-tea/shoujou/relax.html

  •  

    神経が過敏になっているときには、オレガノが気持ちの高ぶりを抑えてくれます。

    イライラして落ち着かないときには、サフラワー、レモンバーベナが、穏やかな気持ちにしてくれます。

    心配事、悩み事、緊張などで、神経が疲れているなら、パッションフラワー、バレリアン、レモンバーム、スカルキャップ、ローズレッドがお勧めです。

    引用)
    http://chacan.net/herb-tea/shoujou/relax.html

  • ぐっすり眠りたい時に

  • 悩み事があったり、ストレスを抱えていたりして、布団に入ってもなかなか寝付けないこと、ありませんか?
    明日の元気のために、質の良い睡眠をたっぷり摂りたいものですね。

    お休み前のハーブティーと聞いて、まずはカモミール、ラベンダーを思い浮かべる人も多いでしょう。
    これらのハーブには、強い鎮静作用がありますから、気持ちが穏やかになり、リラックスして、心地よい眠りにつくことができます。
    出典 :ぐっすり眠りたい時に | 症状別ハーブティーの飲み方
  •  

    心配事があったり、不安感にさいなまれるなど、神経性の不眠症には、パッションフラワーが有効です。
    バレリアンも、神経を鎮める作用がありますから、不安や緊張を和らげてくれます。

    神経が高ぶって眠れないときには、気持ちを落ち着かせるリンデン、スカルキャップがお勧めです。
    セントジョーンズワートは、睡眠ホルモンのメラトニンを増やすといわれているので、上質な眠りをくれることでしょう。

    引用)
    http://chacan.net/herb-tea/shoujou/sleep.html

  •  

    食事の時間が遅くなったり、食べ過ぎたりで、お腹がもたれて寝られないときには、消化を助けて胃をすっきりさせるペパーミントがいいですよ。

    マジョラム、レモンバーベナ、オレンジピール、ホップも不眠症に効果的です。

    引用)
    http://chacan.net/herb-tea/shoujou/sleep.html

  • 安眠のためには、体を温めることも大事なので、ハーブティーは必ずホットで飲みましょう。
    また、同様に眠りを誘うといわれる、牛乳と合わせたり、気持ちを落ち着かせるといわれるハチミツを入れたりして、目先を変えるのも楽しいですね。
    出典 :ぐっすり眠りたい時に | 症状別ハーブティーの飲み方