目にいい食べ物についてまとめ!

視力が悪い人にとってはとても気になる話題ですよね♪今回は目にいい食品についていくつかまとめてみました!

view70

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 目にいい食べ物

  • 一口に目にいい食べ物と言っても様々なものがあります。今回はその中からいくつかをピックアップしてご紹介したいと思います。

  • ブルーベリー

  • ブルーベリーは、ツツジ科スノキ属に分類される北米原産の低木性果樹です。
    その果実がエレガントなブルーになり収穫されることからブルーベリーと呼ばれています。
    今世紀初頭から改良がすすめられた20世紀生まれの果実で、ブルーベリージャムが国内で店頭に並んだのは1970年代の後半からという、文字通り新鮮な果実です。
    成熟した果実は、濃い青紫色になりますが、これは、アントシアニン色素と呼ばれ、水溶性の色素です。このアントシアニン色素が、眼によい効果があると最近一躍注目をあびています。
    出典 :健康コラム「なぜ、ブルーベリーは目にいいのか?」 /エイヨウショクヒン
  • ブルーベリーはとても有名な目にいい食べ物ですよね♪

  • 秋の味覚であるさんまも青魚ですから、DHAを豊富含む食べ物です。

    特にさんまは、値段も安くボリュームもあるためシーズン中は毎日でも食べていいのではと思っているぐらいです。

    さんまは、脂が多いので体に悪いと思っている人もいらっしゃるようですが、魚の脂は人間の体には良いことはあっても悪いことはありません。

    これは、魚の体温が人間の体温よりも低いため、魚の脂は人間の体内で固まることがないからです。

    それに対して動物の場合は、総じて人間よりも体温が高いため、動物の脂は体内で固まってしまうため体に悪いと言われています。

    実は、こういった体の不調をきたすことが自体が視力回復への悪影響をもたらすとも考えられます。

    つまり、さんまは脂が多いですが、健康面では気にしないで毎日のように食べてもいいDHAを含む青魚なのです。

    さんまは、最近では地元以外でも刺身で食べられるほど新鮮なものが手に入ります。

    また、定番の塩焼きもおいしいです。

    それ以外に、煮付けにする料理法などもさんまをおいしく食べる方法です。

    これだけ食べ方があり、なおかつ毎日食べても飽きない魚ですからシーズン中は毎日でも嫌がる人は少ないかもしれません。

    生ものとしての酵素を取るならさしみようのサンマが一番ですし、すっかり簡単に手に入るようになりました。

    健康にも視力回復にもいいDHAを含むさんまです。
    出典 :DHAを含む食べ物をおいしく摂る(2)
  • さんまはその他の栄養分も多く含んでいるおいしい秋の味覚なので積極的にとりたいですね♪

  • 人参

  • その他の目にいい食品と一緒に摂るとより効果的だそうです♪

  • 最後に

  • いかがでしたか?このような食品を積極的にとることで目の健康を保っていきましょう!