女子ならレバー食べられないと損だよ♪大丈夫!美味しい食べ方教えます!

焼肉大好き女子でも、レバーが苦手・・・って人いますよね~。
でも、女子にとっても嬉しい美容、健康効果がタップリのレバーを食べないなんてもったいない!
そこで、レバーの力と苦手な人でも美味しく食べられる方法をまとめてみました♪

view858

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「レバー」の実力!

  •  

    必須アミノ酸をバランスよく含み、「栄養の宝庫」といわれるレバー。ビタミンの含有量も高く、レバー50gで、成人が1日に必要とするビタミンAやビタミンB2をまかなうことができるといわれています。ビタミンAは、抗酸化作用に優れ、粘膜の新陳代謝を促し、免疫力を高める働きがあります。また、ビタミンB2には、細胞の再生を促して、動脈硬化を防ぐ働きがあります。

    引用)http://www.ebarafoods.com/sp/health_meat/c19.html

  • 「レバー」の特徴!

  • レバーは動物の肝臓のことで、食用としては牛や豚の肝臓を使い、仔牛のものがいちばん上等だとされています。レバーはいわば栄養の宝庫で、タンパク質は約二〇%で必須アミン酸のバランスがすぐれています。各種のビタミン含有量の点では、レバーに匹敵する食品はほかにありません。例えば、レバー五〇グラムで成人一日のビタミンA、B2の必要量を十分にまかなうことができるほどです。
    出典 :レバーの効能
     

    50gで一日分を!スゴイですね。

  • レバーは、なんといっても、貧血治療のナンバーワン食材です。

  • ◆鉄欠乏性貧血だけでなく、悪性貧血にも有効

     

    女性に圧倒的に多い貧血は鉄欠乏性貧血です。これは鉄の不足によって起こります。女性は月経、妊娠、出産、授乳などにより、鉄を排出することが多いため、貧血になりやすいといわれています。レバーは、貧血に効果のある鉄をはじめ、造血に欠かせないビタミンB12それに銅も多く含んでいます。鉄の含有量は牛レバー4mg(100g中、以下同)、豚レバー13mg、鶏レバー9mgとなっています。レバーは約70%の吸収率と、鉄の吸収にかけては抜群の効率を誇っています。レバーは鉄欠乏性貧血ばかりでなく、胃腸障害や肝障害によって引き起こされる悪性貧血にも有効とされています。

    引用)http://www.zmkmsn.com/syokuiku/kenko/k2_12.html

  • 「レバー」の即効性!

  •  

    レバーの素晴らしさは栄養価の高さのみならず、その「即効性」にあります。よく、「ビタミンAを摂るために緑黄色野菜を食べなさい」といわれますが、緑黄色野菜に含まれているのは、ビタミンAではなくベータカロチンです。ベータカロチンは体内に入ると、ビタミンAに変換されて利用されます。一方、レバーに含まれているのはビタミンAそのものです。このため、体内で栄養素を変換する必要がなく、ビタミンAをダイレクトに吸収することができるのです。

    引用)http://www.ebarafoods.com/sp/health_meat/c19.html

  • なるほど!ビタミンAそのものを補給できるってことなんですね!

  • 肌をきれいにする「レバー」!

  • レバーに含まれているビタミンAは、皮膚や粘膜のビタミンとも言われています。これは、粘液の代謝を円滑にする働きがあるビタミンのひとつで、ビタミンB2、ニコチ酸も皮膚と粘膜のビタミンです。いずれもレバーには含まれているので、体の内外を強くし、肌をきれいにしてくれます。
    出典 :レバーの効能
     

    美肌効果バツグンなんですね!

  •  




     苦手な人でも美味しく「レバー料理」♪