どのように治療するの!?「後発白内障手術」を知ろう

後発白内障手術はどのように行うのでしょうか!?視力低下は元に戻る?

view132

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 後発白内障は

  • せっかく白内障手術を受けて視力が回復したのに、途中から視力が落ちてくることがあります。別の病気にかかったために視力が悪くなるケースもありますが、よくあるのは後発(こうはつ)白内障による視力低下です。
    出典 :�㔭������
     

    視力低下が起きてしまったらどうするべきなのでしょうか!?

  • 後発白内障は、白内障手術の時に眼内レンズを入れるために残しておいた水晶体の袋に、術後濁りが生ずることが原因で発生します。
    出典 :�㔭������
  • 後発白内障の治療は

     

    しっかりと行いたいですよね。手術後に起きるものだそうなのですが、経緯も一緒に見ていけると良いかもしれません。少し見て行く事にしましょう!

  • 手術をしなくてはいけない状況は

  • 白内障手術後の定期検査時に、担当医師から、 目に少しでも異常を感じたら、直ぐに来院して下さいといわれていた。 不安を覚えたので、術後の2ヶ月検診を待たずに眼科に予約電話を入れ、診察してもらうことにした。
    出典 :後発白内障の体験記|白内障手術後に後発白内障の症状がでた
  • 眼科での1ヶ月検診の際の視力表検査では、 1.2まで見えていたのが、0.7くらいまでしか判別できない。 視力はあきらかに落ちていた。 4月に手術した右目は、1,2まで見え、 変化はないのだから11月に手術を受けた左目に異常が出ているのは間違いがない。
    出典 :後発白内障の体験記|白内障手術後に後発白内障の症状がでた
  • 手術担当医の診察では、ああこれでは見えにくいですね。でもコレは、心配いりませんよ。 「後発白内障」(ごはつはくないしょう)という、 白内障の手術後によく起こる現象ですから・・・ という診断でした。
    出典 :後発白内障の体験記|白内障手術後に後発白内障の症状がでた
     

    このような状況になった場合は手術が必要とされているのです。

  • 後発白内障の治療とは

  • 後嚢が多少混濁しても視力に影響がなければ、そのまま放っておいて構いません。もし後発白内障のために見づらさを感じるようになれば治療が必要になります。後発白内障に対する治療は入院ではなく外来で行なうことができます。レーザーを使って後嚢を切開しますが、数分で終了し、痛みもありません。翌日にはもとの視力に回復します。
    出典 :後発白内障とその治療/医学小知識
     

    このように視力を元に戻すように治療するのです。

  • 後嚢混濁が進行し、視力低下が起きたらレーザー治療が行なわれます。ネオジム・ヤグレーザーのレーザー光が1点に収束したときに生じる衝撃波によって、後嚢を切開します。
    出典 :北海道の国保
  • この治療は通常外来で使用している細隙灯顕微鏡と同様の器械に レーザーが組み込まれていますので、外来で実施することができます。コンタクトレンズを目に装着して治療を行ないますので、 点眼麻酔を使用しますが、レーザー治療には全く痛みを伴いません。 通常は数分で治療が完了します。
    出典 :北海道の国保
  • 治療後には、切開した後嚢が硝子体側に遊離しますので、 一時的に飛蚊症が生じますので、あらかじめ説明が必要です。
    出典 :北海道の国保
     

    ここまできちんと知っておきたいですね

  • まれに治療後、眼圧が上昇して緑内障になることや網膜剥離(はくり)を起こすことがあるので治療後も眼科を受診することが必要です。白内障の手術は、一度行えばまず再手術は必要ありません。眼内レンズも数十年はもつと考えられており、10年程度での眼内レンズ入れ替えは一般的ではありません。
    出典 :後発白内障 - 徳島新聞社
  • 後発白内障だと

     

    場合によっては他の病気が起きているという事にもなりかねないので、しっかりと医師の診断を受けるようにしましょうね。