ツライ鼻づまりに効く!正しい点鼻薬の使い方について

鼻づまりに悩んでいる人にとって欠かせないのが点鼻薬ですが、正しい点鼻薬の使い方を知っていますか?
点鼻薬には2種類あり、それぞれ使い方が異なります。
それぞれの点鼻薬の使い方と、点鼻薬を使用する際の注意点もまとめました。

view53

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 鼻づまりはなぜ起こる?

  •  

    鼻づまりの原因として考えられるのが、急性鼻炎やアレルギー性鼻炎、副鼻腔炎です。
    中でも特に多いのが、アレルギー性鼻炎による鼻づまりではないでしょうか。
    特に花粉症の症状には、多くの人が悩まされています。
    毎年春や秋など花粉症の時期になると、点鼻薬が大活躍しますよね。

  • 【鼻中隔弯曲症】
    【鼻たけ(ポリープ)】
    【アデノイドの腫れ】
    出典 :鼻づまりの原因とメカニズム|ナシビンMスプレー(点鼻薬)
     

    鼻の病気やアレルギーだけでなく、このように鼻の造りが関係して起こる鼻づまりもあります。
    鼻の造りが原因の場合は、点鼻薬を使用しても症状が改善されることはありません。
    このような場合は手術による治療が必要な場合もありますので、専門医に相談しましょう。

  •  

    鼻づまりは、長く続くと生活に支障が出てしまいます。
    例えば睡眠時には鼻の通りが悪いため口呼吸になってしまいます。
    口呼吸はいびきの原因となり、悪化すると不眠症へと繋がってしまいます。
    また、寝ている時に口から菌を吸い込んでしまうため、細菌に感染しやすくなってしまいます。
    このようなことから、鼻づまりは早めに治すことが大切と言えるのです。

  • また、鼻がつまっていると匂いが感じない、食べ物の味がしないなどの障害も出てしまいます。
    このような鼻の不快感は、点鼻薬で解消しましょう。

  • 点鼻薬の使い方

  • 一口に点鼻薬と言っても、鼻に直接薬を垂らすタイプと鼻の中に薬を噴射するタイプの2つがあります。
    それぞれの点鼻薬の使い方を詳しく紹介します。

  • (1)使用する前に静かに鼻をかんで下さい。
    (2)手をきれいに洗って下さい。
    出典 :問23 点鼻薬の使い方を教えて下さい!‐市立池田病院
     

    どちらの点鼻薬を使うにしても、まず大切なのはこの2つのポイントです。
    鼻がつまっている状態だと、点鼻薬の効果が得られなくなってしまいます。
    必ず鼻の通りを良くしてから点鼻薬を使用しましょう。
    ただし、鼻の通りを良くすると言っても鼻のかみすぎには注意が必要です。

  • 起立したり、起きあがっている場合は頭を後方に傾け、横になっている場合は枕を肩の下にあてて頭を傾け、鼻が上を向くようにして下さい。
    出典 :問23 点鼻薬の使い方を教えて下さい!‐市立池田病院
     

    まずは、直接鼻に垂らすタイプの点鼻薬の使い方です。
    点鼻薬がこぼれないように、いずれかの体勢をとりましょう。
    初めて点鼻薬を使う場合には、横になった方がスムーズかも知れませんね。

  • 容器の先が鼻等に触れないように気をつけながら点鼻液を鼻腔内に滴下して下さい。
    点鼻後、鼻の中に薬がよくゆきわたるように、2~3分間そのままの姿勢でいて下さい。
    出典 :問23 点鼻薬の使い方を教えて下さい!‐市立池田病院
     

    点鼻してからすぐに起き上ってしまうと、薬が垂れてしまいます。
    そのため、この注意点は必ず守りましょう。
    以上が、鼻に直接薬を垂らす方法です。

  • 続いて、鼻に噴射するタイプの点鼻薬の使い方についてです。
    最近では、こちらのタイプの点鼻薬が増えているように思えます。

  • キャップをはずし、容器を矢印の方向によく振りましょう。
    ※ 薬によっては振ってはいけないものもあります。
    出典 :点鼻薬の使用方法 | お薬と病気のなるほどライブラリ│一般・患者のみなさま│田辺製薬販売【リライアブルジェネリック】
     

    正しい薬の使用方法については、必ず医師に確認するか注意点をよく読みましょう。

  • 頭をうつむき加減にし、片方の鼻の穴をふさぎ、もう一方の鼻の穴に容器の先を立てて入れ、息を軽く吸いながら噴霧しましょう。
    もう一方の鼻にも同じようにしてください。
    出典 :点鼻薬の使用方法 | お薬と病気のなるほどライブラリ│一般・患者のみなさま│田辺製薬販売【リライアブルジェネリック】
     

    噴射する点鼻薬の場合、上を向くのではなくうつむく姿勢をとります。

  • 薬を鼻に入れた後は、薬を鼻の奥まで行きわたらせるために、 数秒間上を向いて、鼻からゆっくり呼吸をしましょう。
    出典 :点鼻薬の使用方法 | お薬と病気のなるほどライブラリ│一般・患者のみなさま│田辺製薬販売【リライアブルジェネリック】
     

    噴射する点鼻薬の場合は、垂れてくることがありません。
    そのため、数回の鼻呼吸で薬を馴染ませることができます。

  • 点鼻薬の注意点は?

  • どんな点鼻薬を処方されたかによって、使い方は異なります。
    また、どちらの点鼻薬でも容器を清潔に保つことが大切なポイントです。
    必ず使用後は容器を拭き取り、しっかりとキャップを閉めて保存してください。

  • 点鼻薬は基本的に左右どちらの鼻にも使用します。
    そのため、どちらか片方の鼻にだけ使うことは止めましょう。
    また、点鼻薬にも他の薬と同様に1回の量が決められています。
    早く鼻づまりを治したいからと点鼻薬を必要以上に使い過ぎても意味がありません。

  •  

    それどころか、点鼻薬は使い過ぎると余計に鼻づまりの症状が悪化するとも言われています。
    そのため、点鼻薬の使い過ぎには十分気を付けましょう。
    具体的には、1日5回ほどの点鼻薬の使用は使い過ぎだそうです。
    また、1ヶ月以上点鼻薬を使い続けることも使い過ぎです。
    点鼻薬は、用法や用量を守って使いましょう。