もしかしたら耳が聞こえなくなるかも?騒音性難聴のまとめ

職業病ともいわれる騒音性難聴についてまとめてみました。騒音の状況におかれていると、耳まで聞こえにくくなってしまうことがあるのです。そのような職場で働いている方は注意してみて下さいね。

view168

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 騒音性難聴

  • 騒音性難聴とは騒音を長期間浴び続ける事によって起こる難聴のことです。職業柄この病気にかかってしまう方も多く、慢性的に病気が進行するのが特徴的です。

  • 騒音性難聴とは?

  • 異なる周波数の音が混じった騒音の下で就業した人を比較すると、病気の初期には類似した聴力低下を示します。したがって、騒音により内耳の蝸牛(かぎゅう)内の限られた部位に感覚器障害が発生することが病気の発生原因と考えられています。
    出典 :騒音性難聴 - goo ヘルスケア
     

    一度なると治すのは困難みたいです。

  • ライブの後の耳鳴りは要注意です

     

    大音響を常に聞きつづけている方などにも現れます。

  • それはオールナイトのライブから帰宅するときのこと。耳鳴りがしていた。外で音楽を聴いた後には毎回起こることなので気には留めなかった。仲間内では「クラブ耳」と呼んでいたこともあって、より一層いつものことかと思うのであった。
    出典 :騒音性難聴体験談 - MassKaneko.Out
     

    若い方などは気をつけたほうが良いかもしれませんね。

  • 私はバンドで活動もしているので、ヘッドホンを使って音を確認することが多いです。
    出典 :ライブでの騒音性難聴について 私は20日日曜日に小規模ライブハウスでのロック... - Yahoo!知恵袋
     

    音楽活動をしている方にも見られています。

  • 騒音性難聴の原因としては、80デシベル以上の騒音を長期間繰り返して聞くことによる内耳や中耳の障害が考えられます。
    出典 :騒音性難聴とサプリメント
     

    音が大きい場所で働いている方は注意しましょう。

  • 騒音性難聴は治る?

  • 一度なると治りにくい

     

    重症化したものでは完治が難しいとされています。

  • 騒音性難聴の初期段階ではほとんど自覚症状がありませんが、さらに 障害が進行し、高周波領域とともに中・低周波領域にまで影響がでてくると、日常の会話にも支障をきたすことになり、初めて難聴に気がつきます。
    出典 :3M|耳栓の重要性|ユーザーサポート|安全衛生製品|製品とサービス
     

    本人は初期なら自覚がないのだとか。

  • 騒音性難聴は、治療により元の状態までの回復は期待できません。現代の医学では、有効な治療方法が確立していないのが現状です。騒音性難聴から身を守るためには、日頃の予防対策が大切なのです。
    出典 :3M|耳栓の重要性|ユーザーサポート|安全衛生製品|製品とサービス
     

    予防が何よりも大事。

  • 騒音性難聴の予防

  • 聴力レベルの低下は個人差が大きいが、血圧の低い人、中耳炎やスプレプトマイシン注射の既往のある人、頭部打撲の既往のある人、慢性の偏頭炎や蓄膿症のある人、アレルギー体質の人等は騒音性難聴をきたしやすいといわれている。
    出典 :騒音による健康障害
     

    難聴になりやすい人は予防しましょう。

  • 騒音の場所では耳栓が効果的

     

    大きな音で仕事をする方は、耳栓を持参しましょう。

  • 職業性難聴の対策としては、休憩時間に耳栓などで耳を休ませたり、音楽を流さずにノイズキャンセリング機能のイヤホンを耳栓代わりに使用するという方法もあります。
    出典 :騒音性難聴を防ぐためにできる騒音対策のアレコレ / みみなび
     

    適度に耳を休ませることも必要です。

  • ビタミン剤で進行を遅らせる方法もあります

     

    病院を受診し予防が可能な段階なら処方してもらいましょう。