30分程度の昼寝は仕事の能率アップにつながります!

仕事でお昼休みに昼食をとった後などに急激に眠くなることってありませんか?
もし可能であれば、30分程度の昼寝をすることをおすすめします。
それによってビックリするくらい集中力が回復し、仕事の能率アップが期待できるのです!

view94

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 昼寝ときいて、どんなイメージを持ちますか?休日ならともかく、仕事中は抵抗があると思われがちですが、昼寝は健康に良いだけでなく、仕事の効率アップにも効果的なのです。
    出典 :理想的な昼寝の仕方|健康情報 ア・ラ・カ・ル・ト
     

    適度な昼寝は仕事の能率アップも期待できます!

  • なぜ昼に意識は落ち込むのか?

  • なぜ午後になると眠くなる?

     

    午後の眠気は、人間の体内リズムとも関係があることが分かっています。
    人間は午前2時~ 4時、午後1時~ 4時に眠気の山を迎えますが、それと昼食後の消化と重なって午後に眠気が訪れるのです。

  • 人が眠っているか目覚めているかは、ちょっと難しいことを言うと、「ホメオスタシス性睡眠衝動」と「時刻依存性覚醒作用」という2つの反作用のどちらがどれだけ強いかで決まります。そして、これが毎日の睡眠と覚醒のサイクルを生み出しているのです。
    出典 :ワンポイントアドバイス 昼寝とその効用
  • 昼間眠ろうとする衝動は、体内時計の起きていようとする作用で帳消しになるので、目を覚ましていることができます。ところが睡眠が不足すると、睡眠衝動が時刻依存性覚醒作用を抑えて、昼間でも眠くなります。たとえば午後の1時から3時頃のように決まった時間になると、時刻依存性覚醒作用の勢いが減ります。
    出典 :ワンポイントアドバイス 昼寝とその効用
  • 特に夜の間に充分に眠っていないと、強くなった睡眠衝動にあっさり身を任せてしまうことになりかねません。ちなみに意識が落ち込む時間帯は、主に前日眠った時刻と起きた時刻のちょうど中間の12時間後だと言われています。
    出典 :ワンポイントアドバイス 昼寝とその効用
     

    そのために、この時間帯に昼寝をしてしまうこと人がよくあるのではないかと思います。

  • 昼寝で脳を休憩させましょう

  • 眠気は自己防衛のために脳から発信される信号でもあります。忙しい時こそ、昼寝で脳を一時的にストレスから切り離し、リフレッシュさせることで集中力アップをはかりましょう。
    出典 :理想的な昼寝の仕方|健康情報 ア・ラ・カ・ル・ト
  • 昼寝時間は15分~20分
    30分以上寝ると深い睡眠に入ってしまうため、睡眠から覚醒への切り替えが難しくなります。目覚めをスッキリさせるには、15分~ 20分が良いといわれています。
    出典 :理想的な昼寝の仕方|健康情報 ア・ラ・カ・ル・ト
     

    30分程度のしておかないと本格的に寝入ってしまいます。仕事中にそれはまずいですね

  • なかなか眠れない人は…

     

    自分なりの昼寝前の儀式を作ってみましょう。梅干しを見ると唾液が出るように、眠りやすくするために条件反射を身につけます。
    ①歯磨きをする
    ②リラックスできる香りを嗅ぐ
    ③深呼吸をする   など

  • 昼寝の効果を最大にするために理解しておきたいポイント

  • 昼寝の効果を最大にすることで、集中力やエネルギーを取り戻し、毎日の活動の質を上げることができます。質の高い昼寝は、あなたの記憶力や学習能力を向上させ、また精神的な安定といったメリットをもたらしてくれます。
    出典 :昼寝の効果を最大にするために理解しておきたい7つのポイント | iGotit
     

    睡眠不足や疲労が蓄積している状態のまま日中を過ごすと、徐々に活動の質が低下するばかりでなく、病気や怪我のリスクが上昇してしまいます

  • 質の高い昼寝をとることで、「日中の活動によって溜まった疲労を解消し、エネルギッシュに活動を続けること」ができるようになります。あなたの心身には、日中の活動によって疲労物質が蓄積されていきます。この疲労物質により、集中力や学習能力の低下、精神不安定などの症状が引き起こされています。
    出典 :昼寝の効果を最大にするために理解しておきたい7つのポイント | iGotit
     

    あなたが睡眠不足である場合、夜の睡眠によって解消されるべき疲労も蓄積されているため、よけいに日中の活動の質が低くなってしまいます

  • 「30分の昼寝は、夜の睡眠の3時間分にあたる」とも言われています

     

    質の高い昼寝をとることで、次のようなメリットを得ることができます。

    記憶力や学習能力の向上
    集中力の復活
    疲労回復
    ストレス解消
    精神安定
    性格の活発化
    心臓病やアルツハイマー病のリスクの低下

  • 昼寝は、「15~20分の間でとること」で、その効果を上げることができます。30分以上の昼寝をしてしまうと、あなたの脳は熟睡するモードに切り替わってしまい、起床後も慢性的な眠気が続いてしまう結果となります。そのため、昼寝をとる時間を「15~20分」程度にすることが、短時間で脳に休息を与える効果的な時間になります。
    出典 :昼寝の効果を最大にするために理解しておきたい7つのポイント | iGotit