高血圧の塩分制限は1日6gとされていますが、もともと食塩の少ない生活習慣を持つ地域もあるみたいです。

高血圧の塩分制限は1日6gとされていますが、もともと食塩の少ない生活習慣を持つ地域もあるみたいです。健康なうちから食全般を見直すべきなのかもしれません。

view149

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 高血圧の塩分制限、1日の目標塩分は6g以下

  • ナトリウムから塩の計算方法(ナトリウム(g)×2.54=塩の量)
    出典 :塩分制限
  • 塩分を制限すると、今までの食事が物足りなくなってしまうのが残念です。

  • 何故塩分を摂ると血圧が上がるのか、わからないです。どうしてですか?

  • 血流量を増やすために尿を我慢するといった生理現象も自然と起こり、これも血圧を上げる原因となってしまうのです。
    出典 :血圧と塩分の関係 - 血圧 正常値
  • 水分のがぶ飲みでは、塩分が外に出ないみたいですね。

  • 1日6gの根拠について詳しく知りたい方は

  • 6g/日前半まで食塩摂取量を落とさなければ有意な降圧は達成できていない。
    出典 :Minds医療情報サービス
  • 高血圧の塩分制限で推奨される6gって少ない感じですね。

  • 高血圧の塩分制限は、治療の1つです。

  • 減塩1g/日ごとに収縮期血圧が約1mmHg減少するとの報告があり、原因によらず、ほぼ全ての高血圧で塩分(塩化ナトリウム)摂取制限は必須である。
    出典 :高血圧 - Wikipedia
  • 高潔であれば、塩分制限は覚悟ですね。

  • 日本高血圧学会減塩委員会よりの提言があります。

  • 食塩と高血圧の関係はよく知られていますが,食塩摂取量が非常に少ない地域では高血圧の人はみられず,加齢に伴う血圧上昇もほとんどないことが示されています。
    出典 :日本高血圧学会|一般のみなさまへ|日本高血圧学会減塩委員会から一般のみなさまへ
  • 食塩摂取量が少ない地域の食生活の例に学ぶべきなのかもしれません。