何もしない!?「角質培養」とは!お肌が生き返る!?

角質培養によってお肌が生き返るらしいのですが・・・どのようなものなのかご紹介!

view308

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 角質培養とは

  • 角質培養って、なんだか漢字ばかりで小難しそうですけど、一言でざっくり言っちゃえば、 「角質培養=肌の放置プレイ」 とにかくお肌をこすらないようにします。毛穴に角栓がたまっても、お肌がごわごわしても放置。 培養開始当初は化粧ノリが悪くなるし、見た目も悪くなります。
    出典 :角質培養のすべて
  • もちろん、保湿や紫外線を防ぐ等お手入れは必要ですが、やり過ぎはアダになります。 さらに、こする、削る、とかす、はがす、といった類の「攻撃」的なお手入れはオールNG. なぜそれらがダメかっていうと、お肌のターンオーバーを促進しちゃうから。 え? ターンオーバーを促すって、いいんじゃない、それ?
    出典 :角質培養のすべて
  • いえいえ、ノンノン、ちゃいますがな。 ターンオーバーは肌が育つ大切なプロセス。 早く早くってお肌を急かしたら、ろくでもない肌しか育ちません。 化粧品会社に踊らされ、過剰なお手入れでお肌がビニールのように薄くキメがなり、 少しの刺激ですぐ赤くなるような、弱い肌にしてしまっていませんか?
    出典 :角質培養のすべて
  • 人の肌は本来

     

    自分自身で強く美しく育つ構造を持っているそうです。その邪魔を散々したあげく、肌が汚いと文句を言うのはやめましょうという事らしいですね。

  • ターンオーバーの仕組み

  • 表皮の大部分を占める角化細胞は、基底層で細胞分裂することによって生まれます。その後、徐々に有棘層・顆粒層に押し上げられ、最終的に角質層の表面に達すると、角片(垢)となってはがれ落ちるという「角化」を繰り返します。
    出典 :【とにかく何もしない!】お肌が生まれ変わる「角質培養」とは | 角質ラボ
  • そして、この角化によって、古い細胞から新しい細胞に入れ替わる皮膚の新陳代謝が、ターンオーバーなのです。一般的に皮膚のターンオーバーの周期は28日といわれていますが、これは、1つの新しい細胞が生まれてから、はがれ落ちるまでの期間をさしています。
    出典 :【とにかく何もしない!】お肌が生まれ変わる「角質培養」とは | 角質ラボ
     

    これがターンオーバーですね。

  • ここだけは知っておいて!

  • 角質培養を行うと、一時的に毛穴に汚れがたまって角栓が毛穴に詰まった状態になります。毛穴が詰まるとはお肌がくすんだり、黒ずんだり、ゴワゴワしたりするので良いことはありませんが、無理にケアしてしまうと角質培養はできません。お肌には自浄作用というものがあり、本来は毛穴に詰まったものを自然と排出する力があります。
    出典 :角質培養成功へのプロセス
  • その力が今まで行ってきたパックやピーリングによって落ちてしまっているので、角質培養を始めると詰まってしまうのです。角質培養を行うまでは「洗顔後はつるつるした綺麗な肌」になっていたのに、角質培養中は洗顔してもザラザラゴワゴワになります。
    出典 :角質培養成功へのプロセス
  • でも、これは角質の培養が進んでいる証拠であるということを理解して、少しの間我慢する必要があります。お肌の自然なターンオーバーが行われるのは、大よそ28日周期であるといわれています。しかし、これはパックやピーリングといったケアを行っていない自然な状態の肌でのことですので実際はもっと時間がかかります。
    出典 :角質培養成功へのプロセス
     

    初めて角質培養を行う場合は、1ヶ月半~2ヶ月をめどに行うようにだそうですよ

  • 方法は

  • 肌への負担が大きいとされるクレンジングオイルや、シートタイプのメイク落としの使用はNG。できるだけ、肌の負担を軽くするためには、クリームやミルクタイプがおすすめです。 肌をこするのを防ぐために、たっぷり使って、やさしく撫でるようになじませます。この際、メイクが残らないよう、しっかりなじませることが大切です。
    出典 :【とにかく何もしない!】お肌が生まれ変わる「角質培養」とは | 角質ラボ
     

    メイク落としはこのように行おう!

  • 洗顔の際の摩擦を防ぐため、せっけんや洗顔料をよく泡立てます。手が汚れていると、せっけんや顔料の泡立ちが悪くなるため必ず、手を洗っておく必要があります。そして、フワフワの泡を顔に乗せ、こすらずに、やさしくなじませ、やさしく洗い流します。タオルで水気を拭き取る際も、もちろん、こすらないよう気をつけて下さい。
    出典 :【とにかく何もしない!】お肌が生まれ変わる「角質培養」とは | 角質ラボ
     

    擦りすぎは肌への刺激になります。

  • 過剰なお手入れをしてはいけないとはいえ、角質培養では保湿は最重要です。さまざまな目的に合った化粧品がありますが、保湿を目的としたクリームや乳液を選びましょう。その際も、こすらずに、やさしく塗って下さい。また、朝のお手入れでは、紫外線対策も忘れずに行って下さい。
    出典 :【とにかく何もしない!】お肌が生まれ変わる「角質培養」とは | 角質ラボ
     

    夏だけではなく、冬にも紫外線はあるので注意!