しっかり歯周病予防!日本人の80%は歯周病かかっているんです!

歯周病って虫歯と違ってあまり気にしていない人も多いのでは?日本人の80%が歯周病にかかるって知っていましたか?歯周病予防しておきたいですね!                                                                 

view158

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯周病とは?

  • 歯周病は、細菌による感染症です

     

    歯周病とは、プラーク(歯垢)の中の歯周病菌がハグキに炎症を起こし、徐々に周りの組織を破壊していく細菌感染症です。痛みなどの自覚症状がなく進行するので、別名サイレント・ディジーズ(静かに進行する病気)と呼ばれ、症状が進行すると歯を支える骨(歯槽骨)を溶かし、やがて歯が抜けてしまう原因になります。

  • 歯周病の原因は?

  • 高齢になるにつれて歯周病患者の割合は増えていきます。これは、身体の免疫力が低下することによって歯周病が進行しやすくなるからです。風邪をひいたり身体が疲れていたりすると免疫力が低下するので、歯周病は進行しやすくなります。免疫力の低下が疑われる場合には、より一層歯周病予防に対して慎重になる必要があります。
    出典 :歯周病(歯槽膿漏)の原因
  •  

    歯が十分に磨けていないと、歯垢(プラーク)という細菌の集まりが歯と歯ぐきの間の溝にたまります。歯周病はこの細菌が繁殖することで起こります。歯ぐきが赤くブヨブヨとした感じになったり、出血しやすくなるのは、細菌による毒素によって炎症を起こしているからです。

  • 細菌プラーク(バイオフィルム菌と歯周病原細菌)

     

    プラークとは、細菌の塊で1/1000gの中に1億を超える細菌が棲みついています。この細菌の中には善玉の細菌と悪玉の細菌とがあります。

  • なんと現代人の歯を失う最大の原因は歯周病!!

     

    歯周病には、不十分な歯みがきや歯ぎしり、かみ合わせが悪い、といったお口の問題だけでなく、喫煙、ストレス、不規則な生活習慣などが関係しています。つまり、歯周病は生活習慣病の一つなのです。たばこを吸う、疲労やストレスをためている、よく噛まずに食べる、間食が多い、つい夜ふかしをしてしまう、そんな人は歯周病に要注意です。

  • 歯周病を予防しよう!

  • 正しく歯みがきをする~プラークコントロール~

     

    毎日何気なく行っている歯みがきですが、自己流の磨き方ではきちんと磨けていないことも多いものです。磨き残しがあると歯垢が残ったままになり、歯周病菌の温床に。正しい歯みがき方法を覚えましょう。

  • ●磨き方のコツ
    歯ブラシが歯と歯ぐきの間に届くように気をつけながら、細かく動かして歯垢を落とします。強く当てる必要はありません。自分の歯に合わせてブラシの先やわきなども使いながら、すみずみまで毛先を当ててブラッシングしましょう。
    出典 :歯周病の予防|からだの症状|くすりと健康の情報局
  • 自分だけのウィークポイントを探せ!

     

    歯と歯の間
    歯並びが綺麗であっても 歯周病 になりやすい要注意ポイントです。

    歯並びの最後方
    奥歯の最後方は、親知らずがあればトラブルの原因になるので、意識して磨くようにしましょう。

    歯並びが凸凹した部分
    歯並びが乱れている部分の歯と歯の間は、虫歯だけでなく 歯周病 に対してのリスクが高くなります。

  • 歯に物が挟まりやすい部分
    歯と歯の隙間が「緩い」状態だと、食べ物などが歯に挟まりやすくなります。物が挟まった状態は 歯周病 が急速に進行するため、毎日必ず取り除きましょう。
    出典 :歯周病の予防法 [歯周病] All About
  • 以前腫れたことがある場所
    歯周病は腫れを繰り返すことが多いため、一度腫れてしばらくしてから治った経験がある場所は、要注意ポイントです。
    出典 :歯周病の予防法 [歯周病] All About
  • よく噛んで食べる

     

    物をよく噛むということは非常に大切で、噛めば噛むほど唾液が分泌され、唾液によって細菌を洗い流してくれるため歯周病予防、虫歯予防、口臭予防に効果的となり、さらによく噛むことによって満腹中枢が刺激され食べすぎを防いでくれるので肥満、糖尿病予防にも繋がるのです。

  • 唾液の分泌を促し、口内環境を整える!

     

    一番の理由は、よく噛むと唾液が分泌されやすくなることです。 唾液には、口の中に入った食べ物を柔らかくして消化を助けたり、口内の湿度を保つ他にもいろいろな作用があります。
    虫歯の原因になる酸を中和したり、歯を再石灰化させるという重要な働きがあるのです。 初期の歯周病であれば、この再石灰化作用により回復することもできます。

  • 偏食はNG!調和のとれた噛み方をするためには、食べ物を選んで食べてはいけません。特に歯周病が進んでくると、食べやすいものだけを選んで食べがちになります。偏食をすると、 自分の歯に適応した噛み方しかできなくなります。好きな物だけを食べていると、食べ物の種類がだんだん減り、もう食べられるものがほとんどなくなったという時には、すでに重症で手遅れとなります。
    出典 :調和のとれた噛み方
  • 喫煙

     

    タバコを吸うと血行が悪くなり、歯周病を悪化させる原因になります。喫煙習慣を見直し、禁煙を心がけましょう。

  • 歯科医院での歯周病予防(プロケア)
    歯周病予防には、セルフケアだけでなく歯科医院で定期健診を受けることも大切です。健診の間隔は、歯周病の状態・プラーク(歯垢)や歯石のつきやすさなどで、一人ひとり異なります。間隔は、少なくとも1年に1度は受けることをおすすめします。
    出典 :歯周病の予防方法とケア|くらしに役立つ情報|ライオン株式会社