【喫煙】女性は要注意!喉頭ガン・肺ガンだけじゃなく 心臓病のリスクも!

喫煙する女性は、ガンだけでなく、心臓病のリスクも高まるらしい!

view129

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 女性の喫煙は「心臓病」のリスクが高い!?

  • 女性の喫煙者は男性喫煙者に比べ、狭心症や心筋梗塞など、心臓に血液を供給する冠動脈の血流が悪くなって起こる心臓病のリスクが25%高いとの調査結果を、米ミネソタ大などの研究チームが英医学誌ランセット(電子版)に発表した。
    出典 :喫煙女性は心臓病の危険大 医療新世紀 - 47NEWS(よんななニュース)
     

    ガンだけじゃないんだ。怖いな。

  • なぜ女性のほうがリスクが高いの?

  • ロイター通信によると、男女差が生じる原因としてチームの研究者は、女性喫煙者の方がより深く煙を吸い込んだり、有害な物質を吸収しやすかったりする可能性を挙げている。
    出典 :喫煙女性は心臓病の危険大 医療新世紀 - 47NEWS(よんななニュース)
     

    吸い方や体質による、ってことか。

  • 喫煙と心臓病の関係

  • たばこ

  • たばこが関係する心臓の病気としては、心臓の筋肉などに酸素や栄養を届ける血管(冠動脈)が詰まったり、狭くなったりする「虚血性心疾患」が代表的なものです。冠動脈が詰まって心臓の筋肉が一部死んでしまうのが「心筋梗塞」で、冠動脈が狭くなって流れる血の量が減って、心臓の筋肉が必要とするだけの酸素を届けられなくなったのが「狭心症」です。どちらも命に関わる重大な病気です。
    出典 :喫煙と心臓病
  • 1日に20本以上吸う人は、特に危険!

  • アメリカ心臓学会は、たばこと心臓病に関して、「喫煙は冠動脈のプラーク形成や破裂を促進するため、心筋梗塞の重大な危険因子である。1日に20本以上吸うヘビースモーカーは、さらに危険率が増加する。これに対して、禁煙は著明に心筋梗塞の危険性を低下させる。」という声明を発表しています。
    出典 :喫煙と心臓病
     

    禁煙することが大事だということが伝わってくる~。

  • あきらめないで!今から禁煙しても、効果は十分にあるんだって!

  • 長年タバコを吸ってきた人には「今さら禁煙しても遅い」と考えている人が多くいますが、決してそのような事はありません。禁煙を実行すると、1年で再梗塞または虚血性心疾患による死亡率が半減し、15年禁煙を続けるとタバコを吸わない人と同レベルに達するといわれています。つまり禁煙に手遅れなどなく、今すぐにでも始める価値があるのです。
    出典 :喫煙は狭心症や心筋梗塞の大きな要因:知っておきたい狭心症・心筋梗塞
     

    「今更手遅れだ」と思わず、禁煙すれば、死亡率が半減…!これは、今すぐにでも禁煙すべき!

  • 女性の喫煙は他にも影響が!

  • 骨粗鬆症のリスクが高まる!

     

    こんな骨になったら怖いな!

  • 喫煙による女性ホルモンへの影響で骨量が減ったり閉経が早まり、骨粗しょう症になりやすくなります。
    出典 :女性の健康 | 女性とたばこ
     

    喫煙は、女性ホルモンにも影響するんだね~。

  • 子供や胎児に影響をおよぼす可能性も!

     

    自分だけの問題じゃないんだね。

  • 妊娠中の喫煙によって胎児に十分酸素が行き届かず、発育が遅れる、低体重児が生まれるといったリスクが増加。
     授乳中の喫煙は赤ちゃんもニコチン中毒にさせてしまうという恐ろしい話も!
     喫煙によって不妊になる確率も高まると言われています。
    出典 :女性の健康 | 女性とたばこ
     

    授乳中の喫煙は、特に気をつけたいもの。