ツヤプル肌になりたい♪コラーゲンの効果をもっと知りたい

コラーゲンの効果で赤ちゃんみたいなつるつるでぷるぷるしたお肌になりたい。でもコラーゲンの効果ってききめがあるの??

view92

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • お肌を気にして何年か前から飲み続けています。
    出典 :飲むコラーゲンてホントに効果あるの? : 生活・身近な話題 : 発言小町 : 大手小町 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  • 「美肌」「関節」のためにコラーゲンっていいの?
    出典 :「健康食品」の安全性・有効性情報
  •  

    コラーゲンは皮膚や腱などに多く含まれるたんぱく質です。一般には、美肌効果があると信じられています。
    これは本当なのでしょうか??

  • 種類のコラーゲン食品が出回っています。ドリンク、ゼリー、粉末、タブレット等、これらは「肌に良い」「足腰の痛みによい」「血管の増強によい」等、魅力的なうたい文句で販売されており、「年をとると体内のコラーゲン量が減るから摂った方がよい」と宣伝されているものもあるよう
    出典 :「健康食品」の安全性・有効性情報
     

    コラーゲン食品を食べれば足腰の健康や美肌を保つことができるような「錯覚」にとらわれます。

  • そもそもコラーゲンとはどんなもの?

  •  

    コラーゲンは、タンパク質の一種で、からだを構成する全タンパク質の約30%を占めています。体内コラーゲンのうち40%は皮膚に、20%は骨や軟骨に存在し、その他は血管や内臓など全身に広く分布しています。コラーゲンは、アミノ酸 (グリシン、プロリン、ヒドロシキプロリンなど) がつながったポリペプチド鎖が3本でらせん構造をとっており、いろいろなタイプがあります。

  • コラーゲン量が減少すると、コラーゲンの生まれ変わる(代謝)スピードが遅くなり、硬くなります。すると肌の弾力が失われ“シワ”の原因に。ついでに、コラーゲンによって支えられていたヒアルロン酸も減少。自らの重さの6,000倍もの水を抱え込む強力な保水力を持っており、減少すると“シワやたるみ”の原因になります。
    出典 :コラーゲンは意味ないの!?『効果ない派 VS 効果ある派』の言い分 | 恋愛その他 | 恋愛ユニバーシティ
  • コラーゲンは「皮膚」「骨・軟骨」を構成する物質として、なくてはならないタンパク質なので、「それを食べれば、皮膚や関節によいに違いない」と思うかもしれませんが、残念なことに、現時点での科学的知見では、コラーゲンを食べても「美肌」「関節」に期待する効果が出るかどうかは不明です。
    出典 :「健康食品」の安全性・有効性情報
     

    な、なるほど~

  • コラーゲンをサプリメントから摂っても意味がないとする意見があります。それに対してコラーゲンをサプリメントなどから摂ることで体内のコラーゲン合成が活発になるという研究結果が最近発表されました。
    出典 :コラーゲンの効果と効能~コラーゲンドリンク・飲むコラーゲンは本当に肌に効果があるのか-サプリメントラボ
  • コラーゲンの効果は「ある」「ない」それぞれの立場があります。体内のコラーゲンを増やすためには、経口でのコラーゲン摂取は有効であるという研究発表は信ぴょう性が高いです。

  • コラーゲンの効果

  • 1 美肌効果

     

    コラーゲンを摂ることで、コラーゲンの新陳代謝が活性化され、常に体内には新鮮なコラーゲンが多く含まれた状態になります。

  • コラーゲンを摂取することでコラーゲンの老化による症状を改善され、肌の保水能力やシミ・シワ・目のクマ(くま)の健康に役立ちます。
    出典 :コラーゲン|コラーゲンの効果・食品 - 食品の栄養成分
  • 2 関節痛に対しての効果

     

    コラーゲンの新陳代謝が衰えてくるとコラーゲンが十分に供給されなくなってしまい、軟骨がすり減り、軟骨がなくなってしまうため、骨と骨が直接すれ合い、関節痛になります。

    しかし、コラーゲンを摂ることによって、コラーゲンの新陳代謝が活発になり、新鮮なコラーゲンが作られるようになります。

  • 膝やひじといった関節などに存在する軟骨の「コラーゲン」は、さながらクッションの役割をして体重を支える部位の負担を軽減しています。
    出典 :コラーゲン|コラーゲンの効果・食品 - 食品の栄養成分
  • 3 血管に対しての効果

     

    血管はの主成分はコラーゲンです。
    血管はコラーゲンのパイプと言ってっも過言ではありません。
    血管が無くては人間は生きてはいけません。そう考えると、コラーゲンの効果は単に美容にいいだけでなく、生きる上で非常に重要な成分なのです

  • コラーゲンが不足すると、血管壁の修理が滞ります。傷ついた血管壁にカルシウムやコレステロールなどが入り込み弾力性が失われます。弾力性が失われることで、重大な病気の基になります。例えば、高血圧や動脈硬化などです。
    出典 :コラーゲンとは?(5)血管 | 驚愕!グルコサミンサプリ 関節痛に最も効いたのは?