どうしよう!乳腺炎のしこりが痛い時

乳腺炎のしこりが痛い時、どうしたらいいのか困ってしまったという人は少なくないでしょう。乳腺炎になると、しこりが出来て痛むことがあります。痛みの程度はそれぞれですが、痛いのに授乳するのは大変です。

view752

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 乳腺炎のしこりって何?

  • いつもは、柔らかいおっぱいですが、ある一カ所だけ「ごり」っとした固まりが出来ることがあります。大きさはさまざまです。もちろん、中には母乳が入っています。これは、乳腺のどこか一カ所が詰まり(母乳成分の油の小さな塊によって詰まる場合が多い)、そこから先へ母乳が進めなくなって、しこりになります。
    出典 :乳腺炎の症状:体の症状
     

    しこりは、触るとけっこうすぐに分かります。

  • おっぱいのしこり

     

    乳腺炎のしこりが痛い時、このしこりが出来た部分のおっぱいは固くなります。

  • おっぱいのしこりは、乳腺炎以外にもできることがあります。

  • 乳がんは乳腺にできるがんです。40代以上に多く、高齢出産をした人や授乳の経験が少ない人、肥満の人、親族ががんにかかったことがある人などがかかりやすいことがわかっています。乳房に痛みのない硬いしこりができて、押しても動かないのが特徴です。
    出典 :乳房の痛み、しこり 症状・疾患ナビ | タケダ健康サイト
     

    乳がんの人も、おっぱいにしこりが出来ます。そのため、「乳腺炎だからおっぱいにしこりが出来た」とは限りません。

  • 一般的には、乳がんだったら固くて、ゴリゴリしていて、通常は痛くなく(初期は特に)どの方向から押しても硬くてつぶれないクリクリっと動かないで、皮膚の裏側に張り付いている(乳腺の奥にできると触診では分かりづらい)乳房がへこんだりひきつったりしていると乳がんの可能性が高い
    出典 :授乳中で乳がんになるの?乳腺炎とのしこりや特徴の違いとは
     

    しこりがあるのに、痛みが無い場合には、乳腺炎ではなく、乳がんの可能性があります。

  • 乳腺炎のしこりの原因

  • 乳腺炎は外側にしこりができる場合は、食事が原因の場合が多くて、内側のしこりの場合は、睡眠不足や疲労蓄積が原因の場合が多いようです。
    出典 :授乳中で乳がんになるの?乳腺炎とのしこりや特徴の違いとは
     

    しこりの場所で、原因が分かります。

  • 乳腺炎のタイプ別の治療法

  • たまった母乳を出してあげると痛みやしこりが解消します。赤ちゃんに頻繁に飲んでもらうのが一番ですが、たまった母乳や乳腺炎になった母乳はおいしくないので、嫌がって飲んでくれないことがあります。その場合は搾乳をしてたまった母乳を出してあげましょう。熱を持ったり痛みがあるときは、その部分を冷やすようにしましょう。
    出典 :乳腺炎について-妊娠・出産・育児のママベビ
     

    急性うっ帯性乳腺炎の場合の治療法です。

  • 細菌に感染しているので病院を受診し薬を処方してもらいましょう。母乳はたまってしまわないように、授乳や搾乳で出すようにします。どちらも強い痛みを伴うこともありつらいですが、たまったままにしておくと治りが悪いので、できるだけ出し切るようにしましょう。
    出典 :乳腺炎について-妊娠・出産・育児のママベビ
     

    化膿性乳腺炎の時の治療法です。まずは、病院へ行きましょう。

  • 搾乳器

     

    搾乳専用器がありますので、このようなものを使うと簡単に搾乳できます。

  • 乳腺炎のしこりを作らないために

  • 乳房マッサージを受ける
    頻回授乳
    搾乳器を上手に使おう
    乳房の痛い部分を冷やす
    出典 :乳腺炎の対処法&予防法|なおっぺの実録乳腺炎
     

    乳腺炎のしこりを作らないための一般的な予防法です。

  • あっさりした和食中心で切干大根や五目豆、煮物、魚中心などの献立でお肉でもロースよりはもも肉にするなど極力脂身は取り除きます。
    出典 :第25回 乳腺炎の予防と手当て | マガジン | 生活の木
     

    食生活も大事です。おっぱいは血液で出来ていますので、血液がどろどろにならない食べ物を摂るように心がけましょう。