子供にも睡眠障害があります!!!気になる子供の睡眠障害まとめ!!早期発見が大切です!!!

大人だけでなく子供にも睡眠障害があります!!!
気になる子供の睡眠障害に関する情報をまとめてみました!!
早期発見が大切です!!!

view156

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 大人だけでなく子供にも睡眠障害があります!!!

  • 様々なことが原因で子供の睡眠障害が増えてきています!!!

     

    睡眠障害といえば「不眠症」や「睡眠時無呼吸症候群」。これは社会的に問題視されており、現代人に多いとされている。
    このことから、睡眠障害は大人特有の問題と思われがちですが、子供にも睡眠障害はあるのです。

  • 子供の睡眠障害ってどんな病気があるの???

  • 睡眠時遊行症:静かに歩きまわる

     

    睡眠時遊行症(すいみんじゆうこうしょう)というのは、いわゆる夢遊病のことです。

  • 睡眠時遊行症は、女の子よりも男の子に多く見られます。4~6歳ごろから始まり、7~14歳ぐらいで自然になくなります。5~12歳児の調査では、一度は夢遊したことがある子どもが約15%いて、しばしば夢遊する子どもは3~6%います。また、睡眠時遊行症の子どもの1~2割で、家族にも同じような症状が見られます。
    出典 :子どもに特徴的な睡眠障害のいろいろ [不眠・睡眠障害] All About
  • 夜驚症:奇声とともに目覚める

     

    夜驚症(やきょうしょう)も睡眠時遊行症と同じく、眠り始めて3~4時間以内の深い睡眠のときに起こります。男の子に多いことや、家族に同じような症状が出やすいことは睡眠時遊行症に似ていますが、数は少なくなります。

  • 典型的な夜驚症では、睡眠中に突然、叫び声を上げたり泣き声を出したりして、起き上がります。顔は、恐ろしい目に会ったような表情をしています。手足をバタバタ動かしたり、汗をびっしょりかいていたりすることもあります。発作は10~30分ほど続き、次第に静かになります。発作中に声をかけたり体を揺さぶったりしても、なかなか目覚めさせることはできません。翌朝には、夜のできごとを全く覚えていません。
    出典 :子どもに特徴的な睡眠障害のいろいろ [不眠・睡眠障害] All About
  • 悪夢障害:子どもでも見たくないもの

     

    夢は主に、レム睡眠のときに見ます。レム睡眠は睡眠の後半になるほど時間が長くなるので、悪夢も夜中から明け方に見ることが多くなります。

  • 悪夢を見ると、子どもは泣いたり怖がったりして目を覚まします。起き方だけみると夜驚症に似ていますが、悪夢障害では目覚めは比較的スッキリしていて、悪夢の内容をはっきり思い出せます。
    出典 :子どもに特徴的な睡眠障害のいろいろ [不眠・睡眠障害] All About
  • 夜尿症

     

    夜尿症は小児期によく見られる睡眠障害の1つで、就寝中知らず知らずのうちに排尿してしまうケースです。
    おねしょとの違いは年齢にあり、幼児期の夜尿を「おねしょ」というのに対して、6~7歳以後の夜尿を「夜尿症」といいます。

  • 夜尿の原因はさまざまですが、夜間の尿量が多かったり、膀胱容量が小さかったりすることが主な原因とされています。つまり、おねしょ=子供の性格や保護者の育て方に問題があるわけではありません。
    夜尿症は自然軽快することが多いのですが、あまり長引くと子供が自信を喪失し、心理面や社会面、生活面などにさまざまな影響を及ぼします。また、このような影響はストレスとなり、夜尿の消失時期を遅らせる要因にもなりかねないので、なるべく早めに治療しましょう。
    出典 :【子供に多い睡眠障害】 - 睡眠障害ガイドブック
  • 子供の睡眠障害は様々な要因が絡んでおこります!!!

  • 夜型の生活リズムやストレスが原因となっている場合

     

    子供の睡眠障害の原因として挙げることができるのは、夜型の生活リズムやストレスです!!!
    最近は夜型の生活をしてる子供が多いようです!!!

  • 受験という具体的に目に見えない不安・プレッシャーが過度のストレスとなり、不眠症などの睡眠障害を子供のうちから発症してしまう場合もあります。
    このように夜型の生活やストレスが子供の睡眠障害の原因となっていると言われます。
    出典 :よく眠らせてあげたい子供の睡眠障害を招く要因について | iGotit
  • 体質・体格などが原因となっている場合

     

    子供の場合、肥満体質や骨格や扁桃腺構造が原因となって睡眠時無呼吸症候群という睡眠障害が発症する場合があります。

  • 子供の睡眠障害として多いのは、睡眠時無呼吸症候群です。睡眠時無呼吸症候群は睡眠中に気道が閉塞して呼吸が止まってしまう状態です。睡眠時無呼吸症候群の場合、夜間の酸素不足により、起床時の頭痛・日中の集中力低下・意識障害などをもたらします。
    出典 :よく眠らせてあげたい子供の睡眠障害を招く要因について | iGotit
  • 精神的な疾患が原因の場合

     

    子供の場合、統合失調症やてんかんなどの症状として不眠症などの睡眠障害が発症する場合があります。

  • 子供の精神疾患の一症状として睡眠障害が現れるケースがあります。この場合には幻覚や妄想(統合失調症の場合)やてんかん発作など他の症状と合わせて発症することが多いと言えます。
    出典 :よく眠らせてあげたい子供の睡眠障害を招く要因について | iGotit