妊娠中の旅行はいつ頃、どんな移動手段で行くのがベスト?

妊娠中の旅行を計画している人も多いのではないでしょうか。
妊娠中に旅行する場合は、時期と移動手段を考えて計画を立てましょう。

view44

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の旅行が人気のワケ

  • 妊娠中の旅行 時期は?

  • 初期(0ヶ月~3ヶ月)
    悪阻が激しくなく、出血や下腹部痛もない。また、主治医から自宅安静を言われてない状態であれば行けます。しかし、自己責任になりますので、最終的にはご自分の判断になります。
    出典 :妊娠中の旅行について-赤ちゃんの部屋
     

    旅行に行けなくはないようですが、できれば控えることが望ましいようですね。

  • 中期(4ヶ月~7ヶ月)
    基本的には、安定期と言われる妊娠5ヶ月~7ヶ月が望ましい。 しかし、妊娠12週以降で心拍が確認されていれば問題ないとも言われています。
    出典 :妊娠中の旅行について-赤ちゃんの部屋
     

    妊娠中の旅行が最も適していると言われているのが、この期間です。
    しかし、安定期だから絶対に大丈夫とは言い切れません。

  • 後期(8ヶ月~10ヶ月)
    8ヶ月・9ヶ月を超えると、旅行は行かない方が良いかもしれません。 特に妊娠10ヶ月に入るといつお産が始まってもおかしくない状態ですので、無理な旅行は禁物です。
    出典 :妊娠中の旅行について-赤ちゃんの部屋
     

    妊娠後期は、出産に備えて家でゆっくりと過ごしましょう。

  • 妊娠中の旅行に適した移動手段


  • 自家用車であれば、家族だけなので気兼ねなく移動が出来る。
    出典 :妊娠中の旅行について-赤ちゃんの部屋
     

    自分たちのペースに合わせやすいのが車での移動ですね。

  • 渋滞になった時休憩が取りづらかったり、移動時間がよめなかったりすることも。
    出典 :妊娠中の旅行について-赤ちゃんの部屋
     

    しかし、心配なのが渋滞時です。
    また、車酔いの心配もありますね。

  • 電車
    時間通りに目的地に行ける。揺れも少なく妊婦さんにとっては一番安心。
    出典 :妊娠中の旅行について-赤ちゃんの部屋
     

    こちらが電車で移動する場合のメリットです。

  • ラッシュ時は避け、人の少ない時間帯や路線を選ぶ必要あり。
    出典 :妊娠中の旅行について-赤ちゃんの部屋
     

    ゆったりと座れるように工夫すれば、電車での旅行はおすすめです。

  • 心配なのは、妊娠初期の飛行機。離着陸時の振動や気流による揺れを身体に受けることや、上空では気圧が低いので腸の中のガスが膨張し、腹痛などの身体の不調や、つわり・乗り物酔いを助長することもあります。
    出典 :【妊娠中の旅行】- 妊娠to安産.com
  •  

    飛行機はトラブル時の素早い対応ができません。
    心配ならば避けた方が無難でしょう。

  • 妊娠中の旅行でフェリーを利用する場合も、医師に相談の上、安定期の間のほうがよいでしょう。
    つわりがある場合や酔いやすい人は、嘔吐や気分が悪くなりやすいので注意しましょう。
    出典 :【妊娠中の旅行】- 妊娠to安産.com
  •  

    フェリーは船酔いの心配があります。
    妊娠中は酔い止めの薬を飲むことができないため、酔いやすい人はあまりおすすめできません。