意外とある!?「日焼け対策の食べ物」を選ぼう

日焼け対策の食べ物をしっかりと選ぼう。冬でも紫外線は遠慮なく降り注いでいますよ。

view79

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 日焼け対策は食べる事から始めよう

  • ビタミンA、ビタミンC、 ビタミンE 。どれも紫外線対策に非常に有効な栄養素です。特にビタミンCは紫外線対策に効果のある化粧品にも多く使われているので、その効能をご存知の方も多いのではないでしょうか。
    出典 :意外と知らない?日焼け対策 | スキンケア大学
  • ビタミンCはシミやそばかすの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きのほか、肌のハリの元となるコラーゲンやエラスチンの生成を促進する働きがあります。紫外線によって、鼻の中で生成された毒素である活性酸素もビタミンC の強い抗酸化力で敵を知ることができるため、シワなどの肌の老化現象にも効果があるんです。
    出典 :意外と知らない?日焼け対策 | スキンケア大学
     

    このような栄養素をしっておく必要がありますよね。

  • 紫外線は

     

    お肌の大敵ですよね。色々なメディアに取り上げられているため、知っている人も多いはずです。日焼けのせいで皮膚の老化現象が進んでしまう事だってあるのです。

  • 日焼け対策の食べ物

  • ダークチョコレートにもフラボノイドが含まれており、紫外線対策に効果があるほか、皮膚を水和し酸素飽和度を増加させて血流を良くする美容・健康効果もあり、ビーチのお供にぴったり。ただ、熱に弱く溶けてしまうので注意が必要。
    出典 :紫外線から肌を守ってくれ日焼け対策に効果の高い6つの食べ物 - GIGAZINE
     

    まさかチョコレートにまで効果があるとは・・・

  • ブロッコリーやケール、カリフラワーなどのアブラナ科の野菜には抗酸化物質が含まれており、フリーラジカルダメージに対する肌の耐性を強めてくれます。また、ブロッコリースプラウトには皮膚ガン予防に効果があるスルフォラファンが含まれています。
    出典 :紫外線から肌を守ってくれ日焼け対策に効果の高い6つの食べ物 - GIGAZINE
     

    このような食べものを選ぶのも良いですね。

  • 赤いものが便利

  • イチゴなどのベリー系の果物に含まれるポリフェノール「エラグ酸」には、メラニン色素の生成に関わる酵素「チロシナーゼ」の働きを抑える働きがあります
    出典 :http://howcollect.jp/article/6331
  • リンゴの皮に多く含まれる「リンゴポリフェノール」。リンゴポリフェノールは、プロシアニジン、カテキン、クロロゲン酸など様々なポリフェノールが含まれているため、相乗効果で高い抗酸化力を発揮し、活性酸素による肌サビからお肌を守ります。
    出典 :http://howcollect.jp/article/6331
  • トマトに含まれるリコピンは、抗酸化作用だけでなく、紫外線によって発生するシミや肌荒れに効果があることがわかっています。また、カゴメ株式会社の研究によれば、リコピンは皮膚に蓄積され、その効果を発揮するそうです!
    出典 :http://howcollect.jp/article/6331
  • こんなメニュ-がおすすめ

  • 日焼け対策に効果がある栄養素を豊富に含み、しかも簡単に作れる料理をご紹介します。それはずばり、トマトとツナのバジルサラダ!トマトはビタミンACE、ツナはビタミンE、バジルはビタミンAがそれぞれ豊富。
    出典 :意外と知らない?日焼け対策 | スキンケア大学
  • さらにビタミンEは油と一緒に摂取すると効果が高まるので、ツナの油が吸収を促進してくれます。すべての材料を混ぜて冷蔵庫で冷やすだけでできるのでとても簡単。お好きな酢とあえてマリネ風にすると一週間はもつので、常備菜としても活躍しそう。ぜひ今日のメニューに取り入れてみては?
    出典 :意外と知らない?日焼け対策 | スキンケア大学
  • お茶

     

    黒、白、緑いろをしたお茶には紫外線から肌を守ってくれるフラボノイドが含まれているそうです。そのあたりも考慮して選ぶと断然変わってくるかもしれませんね。