妊娠中に増え続けるシミ・・・。これって治るの!?

妊娠中は様々なマイナートラブルがありますが、濃くなり増え続けるシミやそばかすは顔にも現れるので鏡を見る度に気になります。
産後は元に戻るのでしょうか?

  • akiko 更新日:2014/02/28

view262

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中にできやすいシミの原因とは?

  • 妊娠に伴うホルモンの影響だと考えられています。
    出典 :ホルモンの影響でシミやソバカスができやすくなります - gooベビー
     

    妊娠して分泌量が増えるエストロゲン、プロデステロンというホルモンの影響によってメラニン色素の生成が促進されてしまうのです。

  • 妊娠期にできるシミというのは、妊娠によるホルモンバランスの乱れが原因でできる肝斑(かんぱん)と呼ばれるものです。そのため日焼けをしてなくても、きちんと手入れを行っていてもできることが多くなります。
    出典 :妊娠中 - シミ対策ガイド
  • 肝斑は、ほほ骨のあたりや額、口の周辺などにシミが左右対称性に現れる、薄い褐色で広い範囲にもやっと広がっている、などが特徴です。

  • 対策と治療法は?

  • サンスクリーンなどで、紫外線をカットして、増加を防ぐようにします。
    出典 :ホルモンの影響でシミやソバカスができやすくなります - gooベビー
     

    メラノサイトが活発に活動するのは紫外線があたったときです。
    紫外線の予防をし、メラノサイトという色素細胞の活動を抑えればメラニン色素の生成が抑えられます。

  • 妊娠中や出産後のホルモンのバランスが乱れたことによって起こるシミは、皮膚科で治療することが出来ます。

     

    皮膚科での治療にはトレチノインという成分とハイドロキノン、そしてビタミンCの美容液などを用いられることがあります。

    塗り薬の他にも、肝斑に効くトラネキサム酸の錠剤や、ビタミンCの錠剤などの内服薬が用いられることがあります。

  • 妊娠している間や出産後のホルモンバランスが乱れることが原因で起きるシミには、レーザー治療は効かないと言われています。
    出典 :妊娠中 - シミ対策ガイド
     

    誤って通常のシミと同じようにレーザー治療をしてしまうと、余計にシミが濃くなってしまう場合も。

  • みんなの体験談

  • 妊娠中にシミが増えたり、濃くなったりするのは仕方がないと諦め、今以上に増やさないように外出時にはUVカットのクリームを塗り、帽子をかぶってました。妊娠中ということでサプリメントは中止。
    ゆきっちゅ5さん[埼玉県](やや増えた・化粧品で対策)
    出典 :しみ・そばかす|プレママタウン
  • 妊娠でできたものだからとあまり気にしてなかったけど、出産後も消えなかった。紫外線対策は、絶対したほうがいい。
    ねねさん[神奈川県](とても増えた・何もしなかった)
    出典 :しみ・そばかす|プレママタウン
  • 卒乳後、Lシステインの多く配合されたビタミンC剤を飲みましたが、妊娠中にできたそばかすは、だいたい消えました。生理周期と同じ期間のみ続けて効果がありました。肌の代謝の期間が生理周期と一致すると何かで読んだので。
    ぽちまるさん[静岡県](やや増えた・サプリメントと化粧品で対策)
    出典 :しみ・そばかす|プレママタウン
  • 妊娠中は増えるけど、また薄くなるよ!という言葉を信じて何もしなかった。うーん・・薄くなったけど元にはもどっていないような。
    たっこさん[和歌山県](やや増えた・何もしなかった)
    出典 :しみ・そばかす|プレママタウン
    出典 :しみ・そばかす|プレママタウン
  • 妊娠の時に出たシミは、産後殆ど勝手に消えました。2人目妊婦の時はさすがに気になって(年齢も30越えたし…)コーヒー、紅茶などはシミが増えると聞いて控えました。夏もレースのカーディガンを着て外出しました。
    コロンさん[東京都](とても増えた・サプリ、食品、化粧品で対策)
    出典 :しみ・そばかす|プレママタウン
  • 産後自然とシミが消えた人もいれば、残ってしまった人もいますね。
    私も妊娠中沢山出来てしまい、産後薄くはなりましたが、残りました。
    出来たシミは、今まで蓄積されていたものが押し出されたという感じでした。
    日頃から紫外線対策している方は妊娠中もあまり増えないのかもしれませんね。
    出来てしまった人は、今後少しでも増やさないために、妊娠中はしっかり紫外線対策しましょう。