塩で上手に健康になる方法

塩は古代より人間にとって重要なもの。しかしとりすぎは高血圧の元です。きちんとしたとり方をすると大切な塩分をきちんと処理できるものです。

view111

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 塩分は大切

  • 塩は塩素とナトリウムという二種類の元素で構成されています。どちらの成分も人体にとっては重要な成分です。たとえば、ビタミンDが不足するとクル病になるなどビタミンの場合は欠乏すると、特定の病気をひきおこします。しかし、塩は、細胞の浸透圧を調整していますから、その調整に狂いが生じると死を招くことにもなりかねません。つまり、塩分不足は人体に大変な危険を与えるのです。
    出典 :お塩で健康 河木成一著
  •  

    塩分不足にならないようにしましょう。

  • 塩分不足はミネラル不足を招きます

  • 塩は体内でナトリウムイオンに分解され、細胞の働きを活発にし、血液を浄化します。もし塩分が不足すると新陳代謝が衰え、食欲減退、筋肉が弱り、心臓、肝臓等の働きが衰え、無気力になります。塩分とミネラルの不足は、特に小さい成長盛りの子供たちに起こりやすいので注意が必要です。
    出典 :塩の話
  •  

    ミネラルは海水に含まれています。

  • 自然塩はよい、精製塩は悪いは本当?

  • 塩擁護派と塩攻撃派の、どちらの説を信じるかは自由です。個人的には、普通の味付けで美味しく食べたいな、と思います。ただし、心不全や腎不全などの病気の場合は事情が異なりますからまずは医師の指導に従ってください。
    出典 :高血圧と塩の関係、塩は本当に悪者なの? | 食と健康 | 癒し処 みろく
  •  

    いずれにせよ、塩の取りすぎは問題です。

  • 天然だからよいと決め付けないで

  • 一度、冷静になって考え直し、「自然」とか「天然」という言葉の盲信と洗脳から、一日も早く目覚めて頂きたいと思います。自分の頭で考える思慮がないと盲信となり易く、大変な結果を招きかねません。 腎臓が硬化して、人工透析を受け始めてからでは遅過ぎるのです。
    出典 :自然塩に含まれる苦汁分(ニガリ)は、人体には有害である
  •  

    天然だからよいと信じすぎはいけません。

  • 塩浴というものがあります

  • 汚れていらなくなった皮下脂肪の一部を汗の成分によって溶かし、体外に排出します。余分な皮下脂肪は、皮膚呼吸の妨げになるので身体に良くない。人間の身体には、自然治癒力というすばらしい力が備わっています。石鹸を使用しなくても汗で身体の内外の汚れはきれいに落とせます。汗こそ自然から賜ったすばらしい天然の洗浄剤であり、塩はその汗の出を良くする強力な助っ人なのです。
    出典 :塩の話
  •  

    塩を体で浴びると健康的になるといわれています。

  • 塩は人間の体にとってとても大切なものです。
    塩がないと人間は死んでしまいます。
    天然塩・自然塩は本当に体に良いかということは論争になっています。
    ミネラル・にがりは健康によいとされますが、とりすぎはよくないのは事実です。
    どちらかに偏らないのが健康法です。
    塩を浴びる健康法もあります。