ツライ痛みとサヨウナラ◆偏頭痛改善方法

症状が出ると日常生活も困難になります。偏頭痛改善の方法をご紹介致します。

view154

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • まずは偏頭痛とは・・・?

  •  

    片頭痛は、頭の片側または両側が、ズキンズキンと脈打つ様な強い痛みが起こります。
    その痛みが月に1~2回、多い人では週に1~2回発生し、数時間から3日間ほど続きます。

  • 多くの場合、偏頭痛は頭の片側のこめかみあたりに生じることが多く、こめかみに生じる頭痛が偏頭痛であると多くの人達が認識しています。
    出典 :偏頭痛が後頭部に生じる理由と対処方法 | iGotit
     

    こめかみの辺りが痛みます。

  • 症状が重い方は・・・

     

    頭痛と共に吐き気がしたり、実際に吐いてしまう方もいます。
    体を動かすとより痛みが増すので、寝込んでしまう方もいます。

  • 偏頭痛の前兆現象で「閃輝暗点」が出るケースがあります。

  • 閃輝暗点のイメージ図

     

    約10~20分間、視界にチカチカしたりギザギザとした、ガラス片やノコギリ、ジグザグの光線模様が広がり、ものが見えにくいといった症状です。

  • 偏頭痛の改善方法と対策

  • ①特定の食べ物に注意

     

    人によって偏頭痛の、特定の食べ物・飲み物を摂取すると、偏頭痛が起こる場合があります。例えば、ワイン・チョコレート・アイスクリームなどは頭痛の原因になるので、摂取し過ぎに注意しましょう。

  • 食事性の誘発因子として、チーズに含まれるチラミン、チョコレート中のフェニルチラミン、ホットドック中の硝酸ナトリウムが有名です。
    出典 :ストレスと頭痛
     

    大好物でも摂り過ぎは禁物ですね・・・。

  • ②睡眠の取り過ぎに注意

     

    偏頭痛が起きた時は、ひと眠りするのは効果的です。しかし、寝過ぎると頭痛の原因になります。

  • ③ストレスや悩み

     

    日常生活のストレスから解放され、緊張感が緩んだ時にも頭痛が起こりやすいです。日頃からストレスを溜めない、また、上手に発散出来る方法を見付けましょう。

  • 心理的要因については、神経質で緊張しやすく、不安、抑うつ傾向が認められる場合が多く、また過労や睡眠不足、大きなライフイベントとの関連が指摘されています。
    出典 :ストレスと頭痛
     

    何事も思い悩まず、気楽に行きましょう♪

  • ④規則正しい生活習慣を心掛けましょう

     

    日常生活の中で、睡眠不足、睡眠過多、働き過ぎによるストレス、PCの長時間使用、過剰なアルコール摂取など、身体に悪影響の習慣は改善しましょう。

  • ⑤過剰な光や音に気を付けましょう

     

    蛍光灯の明るい光や騒音が原因で偏頭痛が起こる方もいます。また、強い光と音は頭痛の原因となる為、できるだけ避けましょう。

  • 熱いシャワーを浴びたり、急に冷え込んだりするなどの温度差が、頭痛を引き起こす場合もあります。
    出典 :片頭痛(偏頭痛)の対処法と予防法|頭痛に関する総合情報サイト[ずつう.jp]
     

    確かに気圧の変化が原因で偏頭痛が起きる方も多い様です。

  • もし偏頭痛が起きてしまったら

     

    ①静かな部屋で横になり休みましょう。
    ゆっくり休む事によって、広がった血管を元に戻してくれます。
    椅子に座って休むだけでも、痛みは軽減されます。

  •  

    ②頭を冷やすか温める
    人によってどちらか違うので、自分に合った方で行いましょう。