一時期話題になった!?アルファリポ酸

色々な効果で有名になったアルファリポ酸とはどのようなもの?
そんなアルファリポ酸をしろう

view177

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アルファリポ酸とは

  • α-リポ酸はチオクト酸(Thioctic acid)とも呼ばれる物質で、牛・豚の肝臓、心臓、腎臓に含まれており、また、ほうれん草、トマト、ブロッコリーなどにも含まれています。ただし、その量は多くなく、動物由来食品で1kgあたり1mg程度といわれています。
    出典 :α-リポ酸に関するQ&A|厚生労働省
     

    ホウレンソウなら鉄分も取れそうですね

  • 特定条件における多量摂取の安全性の検討 (PMID:10480774) などから、チオクト酸として1日量5 mgまで、チオクト酸アミドとして1日量15 mgまでで服用が長期間にわたらない場合、安全性が示唆されています (厚生労働省医薬発第283号) 。ただし、遺伝性素因を持つ者は特別な注意が必要です。
    出典 :「健康食品」の安全性・有効性情報
  • その効果とは

  • ・ダイエット効果 アルファリポ酸には、体内のミトコンドリアを活性化する作用があり、摂取した脂肪を燃焼しやすくし、燃えやすいカラダ作りを補助する効果があります。またアルファリポ酸には、血中のブドウ糖の排出をスムーズに行なわせる働きがあります
    出典 :アルファリポ酸、効果
  • 若返り・アンチエイジング効果  アルファリポ酸の抗酸化作用は非常に強力です。またアルファリポ酸の特徴の項でも触れましたが、コエンザイムQ10やビタミンCなど他の抗酸化物質が体内で使われた後もそれらを再生しリサイクルさせる働きがあります
    出典 :アルファリポ酸、効果
     

    アンチエイジングにもひとやくかってくれますね

  • これだけじゃだめ

  • αリポ酸を摂取すれば単純に痩せると思うのは大間違い!

     

    ちなみにαリポ酸(別名チオクト酸)とは、体内でのエネルギー生産に関わっている物質(補酵素)で、確かにそれが足りなくなるとエネルギーの生産効率がわるくなるものですが、だからとαリポ酸を摂取すれば中年太りがストップするというものではありません。

  • 特に中年太り解消のダイエットには、「αリポ酸を摂取するしかない」というような内容が取り扱われていました。ガイドのところには、それを観た方から「本当にαリポ酸はダイエットに必要なのか? 前から飲んでいるけど痩せてないが…?」との複数の問い合わせがありました。
    出典 :アルファリポ酸は中年太りの救世主? αリポ酸にダマされるな! [食事ダイエット] All About
  • 摂取しすぎもだめ

  • α-リポ酸を特定の遺伝的素因を持った方が摂取した場合、インスリン自己免疫症候群を引き起こし、低血糖状態になるといわれています。具体的な症状としては、冷や汗、手足の震え等の症状が報告されています。
    出典 :α-リポ酸に関するQ&A|厚生労働省
  • インスリン自己免疫症候群(IAS)は、低血糖発作を起こす疾患で、特定の遺伝的素因を有する方が、SH基を持った薬剤の投与を受けることとの関連が指摘されています。1970年に平田らによって初めて報告されてから約40年間で300例程度報告されているようです。
    出典 :α-リポ酸に関するQ&A|厚生労働省
  • 欠乏してもだめ

  • ●αリポ酸の欠乏症 αリポ酸は、体の中でつくられる成分ですが、年齢とともにつくられる量は減少してしまいます。αリポ酸が不足すると、エネルギーがつくられにくくなるため、疲れやすくなったり、また、ある種の病気を引き起こしやすくなったりします。
    出典 :α(アルファ)リポ酸 | 成分情報 | わかさの秘密
  • 食事もきちんと摂る事

     

    そのため、体内での生成に頼るだけではなく、食事からαリポ酸を補うことが望ましいといわれています。αリポ酸は、レバーやほうれんそう、にんじん、トマト、ブロッコリーなどに含まれていますが、十分な量を補うことは難しいため、効率良く補えるよう、αリポ酸を配合したサプリメントも多く販売しています。αリポ酸が十分に補給されると、エネルギーが効率よく生み出され、老化を防ぎ、病気に負けない元気な体を保つことができます。