子宮外妊娠の初期症状とは?その危険性と注意点

子宮外妊娠の初期症状は様々で、気づくのが遅れると命を脅かすような危険があります。子宮外妊娠の主な症状と、危険性や注意点についてまとめてみました。

view530

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮外妊娠は全妊娠数のおよそ1%

  • 子宮外妊娠、決して奇形などといったものではなく、全妊娠数のおおよそ1%に発生するので、なる人はなってしまう症状なのです。
    この子宮外妊娠の場合でも、妊娠と同じようなつわりが起こります。
    出典 :子宮外妊娠の症状・危険性と注意点!!
     

    「たまたま、間違った所に着床してしまった」ことが原因。

  • 子宮外妊娠とは?

  • 子宮外妊娠とは通常の妊娠とは違い、文字の通り受精卵が子宮以外の場所で着床してしまう異常妊娠の代表的なものです。子宮以外で着床することを全て含めて「子宮外妊娠」と呼びますが、着床した場所によって呼称が変わってきます。
    出典 :子宮外妊娠について-赤ちゃんの部屋
  • 子宮外妊娠の方の98パーセントが卵管妊娠だと言われており、残り2パーセントの中に「卵巣妊娠」「子宮頚管妊娠」ごくまれに「腹腔妊娠」が起こります。
    出典 :子宮外妊娠について-赤ちゃんの部屋
  • 子宮外妊娠の種類

  • 子宮外妊娠の初期症状は無い?病院に行くまでわからないんです。

  • 子宮外妊娠には初期症状がなく、通常の妊婦さんと同じようなマイナートラブルの症状のみがあらわれる為に、ママ自身が妊娠に気付き、産婦人科を受診した際に始めて「子宮外妊娠の疑いがある」と知らされる事が多いのです。
    出典 :子宮外妊娠について-赤ちゃんの部屋
     

    妊娠検査薬で「陽性反応」も出るし、つわりや胸の張りなどの妊娠初期症状もあります。

  • 子宮外妊娠の危険性!

  • もしお腹の中で出血してしまっている場合には、緊急手術が行われることもあります。緊急性が少なければ腹腔鏡下手術も考えられます。
    出典 :子宮外妊娠の症状と危険性
  • すでに妊娠中期以降の場合には、胎児の体外での生存が可能な時期を待ってから手術を行うといった事もあるようですが、頸管妊娠である場合、母体が大量出血を起こす心配もあるため、今後出産希望がない場合は、子宮を全て摘出する事もあります。
    出典 :子宮外妊娠の症状と危険性
     

    子宮外妊娠は妊婦さんにとって、心身ともに辛いものなのです。

  • 子宮外妊娠の治療とは?

  • ごく初期の子宮外妊娠で、出血などもない場合には、腹腔鏡を用いて卵管を摘出する手術が可能であることがあります。また、特殊な状況では、抗がん剤を用いた治療や、卵管形成術などの卵管を残す治療も行なわれます。
    出典 :子宮外妊娠の症状・解説 - goo辞書
  • 子宮外妊娠の診断がついたならば、基本的な治療は、手術により卵管などの子宮外妊娠部位を摘出することです。腹腔内に出血が多く、全身状態も不良であれば、輸血・輸液が必要となることも少なくありません。
    出典 :子宮外妊娠の症状・解説 - goo辞書
  • 子宮外妊娠は、非常に大変な治療を必要とする場合が多いです。時には、お腹の赤ちゃんを諦めなくてはならない場合もあります。心身ともに妊婦さんの負担が大きいため、家族の方の理解と支えが必要です。