NHKあさイチで放送。「4分運動」でダイエット。

たった4分の運動を1週間のうちに3度行うだけでダイエット効果が得られるとしたら・・・。ダイエットに何度も挑戦しては挫折を繰り返していた人に、是非挑戦してほしい、海外でも大人気の「4分運動」を紹介します。たった4分間の運動だったら、頑張れそうな気がしませんか?。きっと頑張ることができます。

view112

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 4分運動ってどんなもの?。

  • 運動不足を感じているので、ジムに通って体を鍛えたい、ダイエットをしたいと考えていても、なかなか時間を摂ることが難しい場合もありますよね。そんな人に朗報です。たった4分間で効果の得られるトレーニング方法が、NHK「あさイチ」で紹介されました。

    さまざまなダイエット方法が紹介されている中、「4分運動」はあまり耳にしたことがないという方も多いかもしれません。しかし、海外ではすでに有名になっているトレーニング方法です。

  • 4分運動の創始者は、立命館大学スポーツ健康科学部 学部長 田畑泉教授。

     

    田畑教授とスポーツ科学との出会いは、大学入学前にご自身がサッカーの試合で怪我をされたことがきっかけだったそう。
    田畑教授による4分運動は、もともとアスリート向けのトレーニング方法として考え出されたものですが、海外では「Tabata Protocol」と呼ばれてアスリートに限らず、一般の人々も行うようになり、ロシアや欧米などでは大変な人気となっています。

  • 4分間運動とは?。

     

    4分運動とは、1週間に3回程度、4分間運動をするだけで、持久力や瞬発力を鍛え、さらにはダイエット効果も期待することができるという、これまでの常識を覆すような画期的なトレーニング方法であるといえます。
    4分運動と聞いても、どんなトレーニング方法なのかピンとこないかもしれませんね。これは、4分間運動し続けるわけではなく、20秒運動をしたら10秒休憩するというサイクルを8回、つまり4分間続ける、という方法です。

    海外では、このトレーニング方法を取り入れているスポーツジムもあり、英国では、発売されているDVDは飛ぶように売れているのだとか・・・。

  • 4分運動って、どんな運動をすればいいの?。

     

    4分運動で、20秒間x8回行う運動は、少しきついと感じるくらいの運動が効果的だと言います。もしその運動を、50秒間継続して行ったとしたら、疲れ切ってしまうようなものであることが理想です。
    手軽に始めることができるものとしては、スクワット、腕立て伏せ、腹筋などがおすすめです。4分運動をするたびに同じ運動を行う必要はなく、その時々によって運動の種類は変えても構いません。大切なポイントは、少しきついと感じる運動を行うということです。

    普段あまり運動をしていなくて、腹筋や腕立て伏せ、ましてやスクワットではつら過ぎる、という人は、水を入れた500㎡lのペットボトルを両手に持って足踏みをする運動などから始めてみるといいでしょう。ただし、足踏みする際に、足は高く上げること、そして体の重心は常に真ん中に置いておくことを忘れないようにしましょう。

    始めから無理をし過ぎると、長続きさせることができませんから、自分ができる運動から始めてみましょう。

  • 4分運動は、どなたでも、すぐに始めることができるトレーニング方法です。
    4分間運動をする際に、気を付けておきたいのは、次の3点です。

    ① 20秒運動をして10秒休憩する、という時間をきちんとはかること。
    ② 4分運動を行う前と後には、必ずストレッチを行っておくこと。
    ③ そして継続すること。

  • 4分運動で、スリムになろう。

     

    さあ、今日からあなたも4分運動を生活の中に取り入れて、強くてスリムな身体を目指しましょう。