仕草で分かる!男性のこんな心理!【心理学】

仕草でなんとなくわかってしまう男性の心理状態!
そんな態度や行動や癖で分かる心理をご紹介!
悪用はダメです!

view12141

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • しぐさから心理を読み取ろう

  • しぐさから心理を読んでみる

  • 目や視線の動き

  • 目の動きからは一瞬で沢山の情報が得られます。 興味や関心がある対象、好きな人や好きなタイプの異性などを見つめる時、 黒目の瞳孔が開き目が大きく見える。そして凝視する時間も長くなります。 逆に嫌悪感や避けたいと思っている相手だと目を合わせなかったり 、視線をサッと横に逸らされる。
    出典 :しぐさや態度、行動、癖でわかる心理まとめ
     

    目が一番わかりやすいかもしれませんね

  • 手のしぐさ

  • 髪を頻繁に触る癖がある人は、 甘えたい依存心、自己愛やナルシズム、注目されたい気持ち などの心理傾向を備えている事が多い。 また、好きな人の前で髪を触る場合、目の前の異性に 髪を撫でられたいという期待、緊張している時に隠れたい、 自分の顔から注意を逸らしたいという気持ちも現れている。
    出典 :しぐさや態度、行動、癖でわかる心理まとめ
  • 耳を触るのは、基本的には会話を遮りたい、もう聴きたくないというサインです。 よくあるのが、学校の授業や講義がだるい時など、 耳をちょいちょい触ったり引っ張ったりしてしまうことが多い。 ただ、これは負の意味であり、正の意味も存在する。 つまり「もっと話を聞きたい」という意味合いの場合もある。
    出典 :しぐさや態度、行動、癖でわかる心理まとめ
  • 口元に手を当てる、手で覆う、隠すようなしぐさを見せた時は、 目の前の相手に対して何か隠し事や嘘がバレないようにカバーをしている状態です。 また、好きな人や気になる異性の前では、下心や変な妄想をしていることを 相手に悟られないようにしているとも取れます。
    出典 :しぐさや態度、行動、癖でわかる心理まとめ
  • 座り方

  • ・自分を包み込むように腕を組んでいる時は、自己防衛本能が強く働いているサイン。・椅子の後ろに腕を回して組んでいるのは、相手の話に飽きて退屈している状態で、気分転換したいのサイン。・頭の後ろで手を組んで、状態をそらしているのは、相手の話に飽きている状態で、早くやめたいのサイン。
    出典 :男の内面を仕草で判断(座り方)【恋愛心理学】
  • ・椅子の背にもたれかかり、だらしない感じは、性的な衝動に駆られていて、相手の女性を誘惑したいのサイン。・首がうなだれて動きが少ないなら、精神か肉体が疲れた状態で、それを相手に理解してほしいと思っているサイン。
    出典 :男の内面を仕草で判断(座り方)【恋愛心理学】
  • あなたが先に座り、その後男性が座るしぐさは、通常あなたとしっかり向き合うために対面に座るでしょう。 そして、男性があなたの方に積極的に身を乗り出して会話をしているようであれば、あなたに興味を抱いたり好意を示す心理的なサインでしょう。
    出典 :しぐさから心理を読む方法 - 魅力の心理学 - 男と女の心理学
  • 男女共通のものもある

  • 舌は自分の内部や内臓を意味しますので、興味を抱いていない人に、自分の内部は見せたくないものです。 舌で唇をなめたり舌を出すしぐさは、男性・女性共に相手に興味を抱いたり好意を示す心理的なサインでしょう。腕を自然に垂らしているしぐさは、男性・女性共に相手に興味を抱いたり好意を示す心理的なサインでしょう。
    出典 :しぐさから心理を読む方法 - 魅力の心理学 - 男と女の心理学
  • 相手のしぐさを真似る - 男女共通