胃がん後の食事~どういうことに注意すれば良いのか?

胃がん後の食事ってどういうことに注意すべきかわからないことが多いと思います。今回は胃がん後の食事でどういう点に注意すべきか調べてみました。

view188

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 胃がん後の食事についてはいろいろ注意しなければいけないという意見と、それほど注意しなくても良いという意見がありますが、このまとめでは注意しなければいけないという意見の方を参考にしております。

  • なるべくやわらかいものがよいようです。ご飯もお粥にして食べてもらっています。
    出典 :胃癌の手術後の食事について - ヘルスケア(健康管理) - 教えて!goo
     

    消化に良いようにするのが一番大事です。

  • 食事の時間も重要である。
    毎日決まった時間に摂るのがベスト。
    出典 :胃癌手術後の食事: 胃癌とセカンドライフ
     

    消化の負担を考えると一定の方がよいですね。

  • 繊維の多い食品などは少量ずつ増やしましょう。

    生野菜、キノコ類、海草類、タケノコ、ちくわ、こんにゃく、油を多く含む豆類などはつまりやすいので、よくかんで食べましょう。肉や魚は消化されるので意外と詰まることはありません。
    出典 :胃がん手術をうけられた患者さんへ:食事のとり方 | 竹村雅至先生のウェブサイト
     

    健康に良さそうなものほど消化が遅い場合が結構多いので注意しましょう。

  •  

    体質改善するために野菜などを積極的に取りたいところですが、食物繊維は消化が遅いですので、胃がん後の食事としてはしばらくはあまり量を取らない方がよいでしょう。

  • 口で胃を補う

    胃が立派なうちはよいのですが,胃を切った人は今まで以上に口に活躍してもらわなければなりません。
    出典 :Minds医療情報サービス
     

    胃の切除をしているとその分を他の部分でカバーしなければいけませんね。

  • 口の中では食物が細かくされ,唾液に含まれている酵素で,ある程度消化も行われます。さらに,唾液と十分混ざることで,消化管の中をスムーズに移動できるようになります。ただ,あまり長い間かんでいると食事がおいしくなくなりますので,ある程度細かくなればよいでしょう。
    出典 :Minds医療情報サービス
     

    無理して100回噛む必要は無いようです。

  •  

    胃がんになる前よりちょっと噛むことを意識するぐらいでよいみたいです。

  • ゆっくり食べる

    胃が小さい(あるいはない)のではじめに入った分が流れ出て行くまで,ゆっくり食べる必要があります。
    出典 :Minds医療情報サービス
     

    胃に負担をかけないようにするためです。

  •  

    時間をかけてゆっくり食べることで臓器の負担を軽減しましょう。

  • 少なめに食べる

    同じような手術をして,同じような大きさの胃が残っている人でも,一度に食べられる適当な量は一人ひとり違います。これは経験的に覚えてもらうよりほかありません。ですから,少なめから始めて,徐々に量を増やし,自分がどれくらい食べられるか自分で決める必要があります。
    出典 :Minds医療情報サービス
     

    自分の適量を知るためにも食事は少量から始めましょう。

  •  

    足りないと思ったら、次回の食事で少し量を増やしてみれば良いのです。

  • カルシウムは不足しないようにしましょう。

    胃の手術後はカルシウムの吸収が減少します。牛乳や小魚など、カルシウムを多く含んでいる食品をとるようにしましょう。また、カルシウムの吸収にはビタミンDが必要です。ビタミンDは、食事に含まれる成分をもとにして、日光によって皮膚でつくられます。
    出典 :胃がん手術をうけられた患者さんへ:食事のとり方 | 竹村雅至先生のウェブサイト
     

    ビタミンDは卵などに含まれています。

  • 食べてすぐに横にならない

    胃が正常の人でもあお向けに寝ますと,食べたものがすべて胃の入り口のほうにたまってしまいます。この部分は胃の運動の最も少ないところですので,食べ物は少しも胃の外に出て行かず,胃がもたれた感じがするわけです。
    出典 :Minds医療情報サービス
     

    正常な人でもそうなるのですから、胃がんを治療した人はなおさら注意しなければいけません。

  • ただし,胃から小腸への食物の流れのよい人や,胃を全部切除した(胃全摘)場合には,食物が急に小腸に流れ込むことでダンピング症状が起こることがありますので,このような症状のある方はむしろ食後はしばらく横になっていたほうがよいでしょう。
    出典 :Minds医療情報サービス
     

    人によっては積極的に横になった方が良い人もいます。

  •  

    食後すぐに横になると牛になると昔から言われてきましたが、体に悪いからそういう風に言われてきたのですね。