妊娠中の食事制限は母体に悪影響!

妊娠中の食事制限ダイエットを試みる人がいますが、非常に危険です。

view155

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 食事制限は逆効果!

     

    妊娠中に食事制限は逆効果で悪い影響が出ます。

  • 妊娠中の食事制限をされている方達が多く、間違った情報を鵜呑みにしているケースもあるようです。
    例えば、アレルギーが心配なので、アレルギーの影響が出そうな食品を除去した食事をされている方もいらっしゃいます。
    しかし、アレルギーが起こるという原因にはならないようです。
    かなり前の古い情報ですので、間違った情報も多いようなのです。
    ですので、無理に食事制限を行う必要はありません。
    また妊娠中のダイエットも体に悪いので注意をしてくださいね。

  • 妊娠中には絶対にダイエットを試みないようにしましょう。ダイエットをすることで、赤ちゃんの成長に必要なタンパク質、ビタミン、ミネラルまで制限してしまう可能性があります。
    出典 :妊婦の食事・栄養!知っておきたいこと一覧 [栄養管理] All About
  • 妊娠中にダイエットをすると、体調不良になりやすいので、さらに体調が悪化してしまうこともあります。
    妊娠中はダイエットはしないようにして、体に無理をさせないことが大切です。
    そして、栄養バランスの取れた食事をしっかりととることも大切と言えるでしょう。
    ダイエットをしていては、栄養バランスの偏りが生じてくるようになるので、体に良いとは言えません。
    妊娠中にも、綺麗でいようとか、スタイルを綺麗に保ちたいと考えている女性達は多いです。
    しかし、妊娠中にあまり体に大きな負担をかけ過ぎると、胎児にも悪影響が及ぶようになるので十分に注意をしてくださいね。

  • 妊婦が行うべき食事は?

     

    妊娠中にダイエットをしてはいけない妊婦さん。
    どのような食事をすれば良いのでしょうか?

  • 栄養バランスの取れた食事を!

  • 栄養バランスの取れた食事をすることは妊娠中の基本です。
    その中でも、どの栄養素を積極的に補えば良いのでしょうか?

  • カルシウムを補おう!

  • 妊婦、授乳婦におけるカルシウムの目安量は非妊娠時と同じで、18~29歳で850ミリグラム、30~49歳で700ミリグラムとなっています。お腹の中の赤ちゃんはある時期に達すると、ママの体から毎日約200ミリグラムのカルシウムを吸収して骨や歯の強化に励みます。
    出典 :2/3 妊婦の食事・栄養!知っておきたいこと一覧 [栄養管理] All About
  • 母体もカルシウムを上手に節約利用するようになるので、妊娠や授乳が原因で骨粗鬆症などにつながることはないと言われています。
    出典 :2/3 妊婦の食事・栄養!知っておきたいこと一覧 [栄養管理] All About
  • タンパク質も必須!

  • 魚は素晴らしいたんぱく源であり、赤ちゃんの脳の発達に役立つオメガ3脂肪酸も豊富に含まれています。しかし一部の魚には多くの水銀が含まれているので注意しましょう。過剰な水銀は赤ちゃんの神経システムにダメージを与える可能性があるといわれています。
    出典 :2/3 妊婦の食事・栄養!知っておきたいこと一覧 [栄養管理] All About
  • 鉄分も摂取して貧血予防

  • 妊娠後期に入る前の鉄不足とリスクの関係が示唆されています。病院で貧血といわれ鉄剤を飲むのではなく、鉄分が不足する前から、食事やサプリメントで十分補うようにしましょう。
    出典 :3/3 妊婦の食事・栄養!知っておきたいこと一覧 [栄養管理] All About
  • 十分な水分摂取はとても大切です。むくみを防ぐために水分を自己判断で制限すると逆効果なので注意しましょう。十分な水分摂取は体に栄養を送り込んだり、便秘や痔を予防したり、むくみを防ぐのに役立ちます。
    出典 :3/3 妊婦の食事・栄養!知っておきたいこと一覧 [栄養管理] All About