【妊娠】流産の危険!?妊娠初期の出血

妊娠初期は、ママの心も身体も不安定になりがち。妊娠初期の出血は流産に繋がる可能性もあるといわれていますが、原因や対策はあるのでしょうか?妊娠初期の出血について、まとめてみました。

view334

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • これって出血!?

  • 何が原因?

  • 妊娠初期に出血すると流産の危険があると言われていますが、一体何が原因なのでしょうか?

  • 妊娠初期の出血は、出産した妊婦さんの約2割が経験したことがあると言われています。
    出典 :妊娠初期の出血
  • では、どういう理由で出血するのでしょうか?

  • 妊娠初期の場合は、着床時出血といって受精した卵子が子宮内膜に根を張るときに起こる出血が出るときがあります。通常、安静にしていれば治まることが多い出血です。
    出典 :妊娠初期の出血
  • 着床出血とは?

  • 着床出血が起こる確率は妊婦全体の1~2%ぐらいと推測されています。通常2・3日ぐらい生理より少ないぐらいの出血が続きますが一週間ぐらい続く時もあります。
    出典 :妊娠初期の出血
  • そのほかにも、出血の原因が!

  • 子宮膣部びらんとは、膣の奥深く子宮の入り口(子宮口)付近が赤くなっている状態のことをいいます。妊娠初期に限らず不正出血の原因ともなっています。
    出典 :妊娠初期の出血
  • 子宮頸管ポリープは、子宮頸部にできる良性の腫瘍です。子宮粘膜が炎症などの刺激によって増殖してポリープを作ります。
    出典 :妊娠初期の出血
  • ポリープから出血することもあり注意が必要です。
    出典 :妊娠初期の出血
  • 出血の原因は色々あるのですね。全てが流産に繋がるわけではないといえど、やはり注意が必要です。

  • 出血の際、チェックすること

  • 出血の状態や色を確認!

  • 出血の状態によっては、緊急に対応すべきものもあります。

  • 特に、出血量が多く、腹部に痛みを伴う場合は注意が必要です。
    出典 :妊娠初期の出血 赤すぐ|妊娠初期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
  • 出血の基本的な考え方は、真っ赤で鮮血なほど危険が迫っています。
    出典 :妊娠2ヶ月/出血について
  • 流産を経験した人に聞くと、レバーのような血塊が出たり、卵の白身のような半透明状のものが出たりしたとの経験談があります。
    出典 :妊娠初期の出血
  • 出血の際は、色や状態、お腹の痛みがないかをチェックしましょう。

  • まずは安静にし、病院へ!

  • 心配しすぎないことも大切

  • 流産に繋がる出血もありますが、心配ない出血もあるようです。ただし、出血がみられたら、まずは病院で診てもらいましょう!

  • 妊娠中の出血は、少量であれば、心配のないことがほとんどです。
    出典 :妊娠初期の出血 赤すぐ|妊娠初期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
  • 妊娠初期の出血(薄茶色のおりものも含める)は、全妊婦さんの3割~半分くらいの人が感じますが、そのほとんどの人は無事に赤ちゃんを出産していくのです。
    出典 :妊娠2ヶ月/出血について
  • 出血したからと心配しすぎるのも、ママの身体、お腹の赤ちゃんにとってはストレスになるかもしれません。出血すると不安になりますが、心配な症状が出た際はすぐに医師に相談するようにするといいですね。