出産した人の2割が妊娠初期に出血を経験!妊娠初期の出血について

まだ安定期ではないため、少しの出血でも不安が出る人も多いですよね。妊娠初期の出血について、色々まとめてみました。

view340

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期に出血した人、どんな感じだった?

  • 腹痛と出血もあったため心音が確認されるまでは不安でしたが、診察に行って先生が赤ちゃんは元気ですよ、と言われて、涙がでました
    出典 :妊娠初期の出血 赤すぐ|妊娠初期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
  • 妊娠初期にはしばらく出血があったので、妊娠8週まで週1で受診していました。出血を止める薬を処方され飲んでいました。先生は至って冷静で真面目でおとなし目の先生でした。あまり日常生活においても注意もされない人でした。
    出典 :妊娠初期の出血 赤すぐ|妊娠初期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
  • 妊娠初期の出血って、よくあることなの?

  • 出血=流産と考えてしまう人が多いのでは?ちょっと待って!それだけではない可能性もあります。

  • 妊娠初期の出血は、出産した妊婦さんの約2割が経験したことがあると言われています。少量の出血から生理の出血を超える出血量の時もあり注意が必要です。
    出典 :妊娠初期の出血
  • 出血を経験した妊婦さんが2割もいるとは驚きですね。

  • 妊娠初期の場合は、着床時出血といって受精した卵子が子宮内膜に根を張るときに起こる出血が出るときがあります。通常、安静にしていれば治まることが多い出血です。
    出典 :妊娠初期の出血
     

    出血があったとしても、まずは焦らず安静に。

  •  

    お腹の赤ちゃんのためにも、安静に過ごしましょう。

  • 妊娠初期には、出血することがあります。受精卵が着床して、胎盤を形成するまでの間には、侵食による出血が起こるのです。これは月経様出血のため、まだ妊娠に気がついていない妊婦さんの場合、本当の月経と間違えることもあります。
    出典 :妊娠初期の出血 赤すぐ|妊娠初期の出血についての説明や妊婦さんの体験談
  • 基礎体温を付けていると、高温期の日数の変化で、通常の月経か妊娠かを見極めるのに役立ちます。

  • 出血の基本的な考え方は、真っ赤で鮮血なほど危険が迫っています。逆に薄茶色や黒っぽいものは、以前の出血が後になって流れてきていることがほとんどです。
    出典 :妊娠2ヶ月/出血について
  • まさか!切れ痔や子宮頚部のびらんやポリープの可能性もあります

  • 妊娠初期は、ホルモンの関係で便秘をしやすくなります。そのころは黄体ホルモンの分泌が多くなりますが、このホルモンは妊娠を持続させる働きがあるだけでなく、便までお腹の中に留めるよう作用するのです。また、つわりで食事の量が少なくなる時期でもあるため、便量が減って便意がつきにくくなります。
    出典 :妊娠中の痔 - 女性の痔は恥ずかしくない
  • 水分やヨーグルト、食物繊維の豊富な食品を多く摂って、便秘にならないように日頃から気をつけましょう。

  • 妊娠中は時々腟から出血をすることがあります。それは腟や子宮頸部のびらんや子宮頸管ポリープなどが原因です。また、痔の出血と勘違いする人もいます。いずれも胎児に影響することはありませんが、出血があった場合はすぐに産婦人科で受診し、原因を確かた方が良いでしょう。
    出典 :妊娠中の出血について
  • 出血がすべて危険なものとは言い難いですが、少しでもおかしいな?と思う出血があれば、医師へ相談しましょう。