「痩せすぎ妊婦」さんは要注意!?

「痩せすぎ妊婦」さんには太りすぎ妊婦さんとは違う危険性があるのです!

view521

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 痩せすぎ妊婦さんにも危険性はある

  • 「お産のことだけを考えれば、妊婦は太らない方が楽に出産できる場合が多い。赤ちゃんが大きくなり過ぎることがないし、産道も狭くならない。ただ、もともと痩せている人は、赤ちゃんのためにも妊娠後の体重増加を制限し過ぎないで」
    出典 :わいわい子育て|山形新聞
     

    この文面でも分かる通り、難産が予想されますよね

  • 痩せ過ぎの妊婦は、出生時の体重が2500グラム未満の「低出生体重児」を出産する割合が高くなっている。かつては「小さく産んで大きく育てる」が理想的とされたが、この考えは近年見直されている。
    出典 :わいわい子育て|山形新聞
     

    まさかの低体重は現在では問題になってきているようですね

  • 子育ては昔

     

    小さく生んで大きく育てるが主流でした!しかし、現代での研究の結果で、低体重でうまれた赤ちゃんは大人になると・・・糖尿病や高血圧といった生活習慣病に悩まされるという結果が出たそうなのです

  • 妊娠前から3通りの体重増加目標を提唱

  • やせ BMI18.0以下→10~12 kg増
    標準 BMI18.0-24.0 →7~10 kg増
    肥満 BMI24.0以上→5~7 kg増
    出典 :やせすぎ妊婦さんはどうすればいい? [妊娠の基礎知識] All About
     

    BMIを計算して、どこに当てはまるか確認してみてね

  • 「やせ」グループの人は、赤ちゃんが生まれるまでに10~12 kg増やしましょう。10kgを超えると「ちょっと増えすぎじゃないかしら」と思うかもしれませんが、大丈夫。少なくとも10kgは「増やすべき」なのです。
    出典 :やせすぎ妊婦さんはどうすればいい? [妊娠の基礎知識] All About
     

    元々痩せてしまっている人は、増えるように生活をするべきというのですね

  • どこまで影響があるのか

  • 80年代には英国の医師が「低出生体重児は虚血性心疾患による死亡率が高い」と報告。2500グラム未満で生まれた女性が妊娠糖尿病になるリスクは、2500~4千グラムで生まれた女性の6倍になるとの報告を厚生労働省研究班が09年にまとめた。
    出典 :紙面特集記事−北海道新聞[医療]
     

    こう見ると結構リスクは大きいですよね

  • もともと妊娠中に体重が増え過ぎることは胎児が大きくなりすぎて難産になったり、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)などのリスクが高まるため、妊婦の体重管理は厳しく指導されてきた。しかし近年は体格に応じた指導に変化している。
    出典 :紙面特集記事−北海道新聞[医療]
     

    研究の結果、見直されたのですね

  • ちょっと大きい画像ですが

     

    この研究の参考資料のようです!見えにくい場合はクリックすると原寸大に戻り見やすくなりますよ

  • 体重だけが問題なのではない

  • 体重だけが問題なのではなく、健康的な食習慣が大切。スナック菓子やジャンクフードを頻繁に食べ、体重は増えていくのに、肝心の栄養素は足りていないという妊婦さんが実は珍しくない。妊娠中かどうかに関わらず、まずは栄養バランスの良い食事を取るようにしてほしい。
    出典 :わいわい子育て|山形新聞
  • 心配でも大丈夫

  • 1カ月健診で、低体重で生まれた子が他の赤ちゃんと同じくらいに成長しているケースをよく見かける。いっぱいおっぱいを飲めるのは元気でいいことなのだが、もっとゆっくり、その子なりのペースで大きくしてあげるのがいい。
    出典 :わいわい子育て|山形新聞