拒食症の治し方を知って健康な体を取り戻す!

拒食症になると、生理がこなくなったり、立ちくらみ、低血圧などに悩まされます。拒食症の治し方はどうすればいいのでしょう?病院での治し方は?

view382

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 拒食症は心の病気。自分で選択して食べないことを選んだのだから、基準が間違ってしまったのです。そしてそれを正しいと思い込んでいるので、自覚症状もあまりありません。体に変調をきたしても「気のせい」や、キレイになるには仕方がないと思っています。

  • 太るのでは」という恐怖心から、まともな食生活を送れなくなってしまうという摂食障害。拒食症と過食症を繰り返し、一度かかってしまうと治療には長い時間が必要になることが多いと言われています。
    出典 :摂食障害を予防するには
  • 拒食症の原因

  • 摂食障害の一番の大きな原因といえるのは、ダイエットではないでしょうか。とくに10代の頃は、痩せてキレイになりたいという思いから、かなり無理なダイエットをして、身体を壊してしまうことも少なくありません。 今はそんなに太っていない人でも、自分の思い込みでダイエットしなきゃ!と言っている人も多いです。
    出典 :摂食障害(過食症・拒食症)の原因・症状と克服・治療法
     

    完璧主義の、融通が利かない人にとって、一度「痩せる!」と決めてしまったら、○○kgになったら終わりと、きちんとルールを作り作らないと際限なく痩せようとしてしまいます。

  • どうしてこんなになってしまうまで自分をコントロールできないのでしょうか?  それは精神に異常が生じ、自分をコントロールするための機能が壊れてしまっているからです。拒食症は心の病気なのです。
    拒食症の正式病名は 「思春期痩せ症」、「神経性食欲不振症」、「神経性無食欲症」と呼ばれています。
    出典 :拒食症は心の病気
  • コーピングスキルを上げる

  • コーピングスキルをご存知ですか?これはストレスに対応する術(スキル)のことを言います。コーピングスキルには、大きく2分類されています。「問題焦点型」と「情動焦点型」。端的に分かりやすく言うと、嫌な上司や先輩がいる場合、真っ向勝負型と、意識から遠ざける型です。
    出典 :無意識ストレスの対応策「コーピングスキル」|依存から自立させる事業演出家。3年で10億円売上げたCAGI.ビジネス的社会貢献仕組み化へ
     

    ほかに、「無意識ストレス」があります。これは自分の思い込みと現実のギャップ
    によって起こります。思い込みとは、「こうあらなくてないけない」「~はこういうものだ」の思い込みです。だから、現実とずれた時に「あれ?」と思います。それが積み重なってストレスとなるのです。

    拒食とは「ダイエットに依存」している状態です。

  • 摂食障害/拒食症の発症に一番大きくかかわっているのは、「ストレス」と「コーピングスキル」です。聞きなれない言葉かもしれませんが、コーピングスキルとはストレスや困難なことになんとか対処していく技術(スキル)です。
    出典 :摂食障害の理解と治療のために/拒食症/理解・原因〜ストレスとコーピングスキル
     

    具体的には、嫌なことは嫌と言えるスキル、ものごとに優先順位をつけて重要なものから処理していくスキル、自分の本音を人に伝えられるスキルなどが挙げられます。

  • 専門家が行う拒食症の治療法

  • ①問題は食行動の異常でなく心理的問題やコーピングスキルの未熟さであることを理解できる。
    ②本人が体重を増加させる具体的な目的をもつことができる。
    ③家庭が安心して療養できる場になる。
    ④いじめ、受験など当面の心理ストレスがない。
    出典 :摂食障害の理解と治療のために/拒食症/専門家の方へ・摂食障害の治療
     

    このような状態の患者や患者の家族は早く回復するそうです。

  • 1、栄養状態の回復

  • 拒食症/急性期(低体重が著しい場合)には、入院し、輸液による栄養補給を行うことが必要であり、さらにリンなどを含んだ電解質の管理なども必要です。
    出典 :摂食障害(拒食症・過食症)の治療がわかる - QLife家庭の医学
  • 2、行動療法

  • まずは食事は少ない量を三食に分けてきちんとすべて食べられるように練習します。このとき、行動範囲は制限されています。ベッドの上で読書をしたり短時間病室から出れる程度で、運動などは一切できません。テレビや面会、外部との連絡等も禁止されます。
    出典 :行動療法(行動制限療法)◇摂食障害の治療
     

    それがクリアできたら、次の目標を決め、行動範囲を広げていきます。

  • 3、認知療法

  • 過食症の精神療法では患者さんの体型に関する認識を変えていくことを目的とする認知・行動療法がもっとも効果が認められると確認されています。
    出典 :摂食障害(拒食症・過食症)の治療がわかる - QLife家庭の医学
     

    患者に、レモンをかじるなどの行動をさせ、実際に体重が増えるか確認していく方法です。
    「少し食べたらどんどん体重が増える」の間違いを認知させるのが目的です。

  • 4、家族療法

  • 家族療法は、摂食障害になった原因が、何らかのかたちで、家族が関わっていると考えられるとき、使用される治療方法です。摂食障害の発症に家族が関連している場合、主に次のような理由が考えられます。
    出典 :家族療法とは【摂食障害治療法ガイド】
     

    ・過干渉
    ・過保護
    ・両親の不仲

  • 家族で話をする機会を設け、患者さんへの接し方を、少し変えることで、治療の成果があがることも、多々あります。ですから、家族が原因の1つであると考えられるときは、協力してもらい、根本的な問題点を解消するのが、近道です。
    出典 :家族療法とは【摂食障害治療法ガイド】
  • 5、薬物療法

  • 摂食障害に伴って現れる精神的な症状を緩和するために処方される薬。しかし、それはあくまでも補助的な意味での治療であって、薬だけで摂食障害を感知するのは難しいでしょう。摂食障害の治療はあくまでも心理療法が主体。薬は、身体的・精神的な症状が悪循環しながら悪化していくのを食い止めるために使われます。
    出典 :摂食障害は薬で治せる?
     

    ・アミトリプチリン
    ・サイプロヘプタジン
    抗不安剤や抗うつ剤です。あくまでも、精神状態を安定させるサポート的なもので、拒食症は薬では治りません。