卵巣の腫れや出血はなぜ起こるの?若い人にも増えている卵巣の病気の原因まとめ

卵巣の腫れや出血を伴う卵巣の病気は若い女性にも増えているそうです。この病気の原因はなんなのでしょうか。女性なら誰でもなる可能性があるため、予防できるなら原因を知っておきたい方も多いはず。
卵巣の病気は早くて10代~発症することがあるため、原因を知っておきましょう。

view114

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 卵巣の腫れや出血

  • 卵巣の腫れや出血はなぜ起こるのでしょうか。また若い女性にも増えているようですが、現代女性が抱える原因が隠れているからです。

  • 卵巣の腫れや出血があったら疑う病気

  • 卵巣は元々腫れやすい臓器

     

    卵巣は毎月卵子を作り出す臓器ですから、元々腫れやすい場所といえます。卵巣の壁を突き破って卵子が出る際に、軽い痛みや出血を伴い、腫れが見られることがあります。これは生理的なものであまり大きくならなければ問題はありません。

  • 婦人科で卵巣に腫れが見られると診断されても、大抵は経過観察となります。直ぐに腫れ=卵巣の病気とは言い切れないため、様子を見ながら異常となるまでは放置します。
    また、卵巣が大きくなってくる場合では、卵巣のう腫や子宮内膜症などの病気が隠れている場合があるため、詳しい検査が必要となります。生理痛が酷いが、一度も婦人科を受診したことがない方は一度相談することをおすすめします。

  • 現代人が抱える卵巣の病気の原因

  • 冷えを感じやすい女性は要注意

     

    現代女性に卵巣の病気が増えているのは、冷えと密接な関係があるといわれています。ストレスにより自律神経が乱れて体温を調整できない場合や、運動不足などにより冷えが進行していきます。
    デスクワークで冷えが酷く、沢山着込まないと寒くて仕方が無い方は卵巣の病気へと進行する可能性があるため、普段から冷えに注意しましょう。

  • 体が冷えると骨盤内の臓器の血流が悪くなります。
    ストレス

    体が冷える

    骨盤内の血流が悪くなる

    子宮や卵巣の代謝が悪くなって痛みや出血を起こしやすくなる

  • 下半身を締め付ける服装は血流が悪くなりがち

     

    デスクワークで運動不足の女性が、更にスキニーパンツなどで下半身を締め付けると、より骨盤内の臓器の血流が悪くなります。どうしても履きたいならストレッチ機能が付いたパンツがおすすめです。
    また、ミニスカートで脚を露出し、下半身を冷やしているのも問題です。若いときには問題がなくても、年齢と共に不調が出やすくなります。

  • 卵巣の病気を防ぐ対策

  • 腹巻をしよう

     

    骨盤内の臓器は冷えやすいため、女性は腹巻などで温めるのがおすすめです。カイロで直接子宮や卵巣を温めたり、毛糸のパンツなどを重ね履きして保温性を高めましょう。
    女性特有の冷えを改善するには、足元を温かく頭にいくに従い薄着にするのがポイントです。頭寒足熱を心掛けると、全身の血流が改善しやすく内臓の機能が良くなります。

  • かわいい冷えとりファッション

     

    最近は冷えとりファッションを公開している人も多くいます。夏でも足元は重ね着、靴下を2枚以上履くと温めることができます。
    まずはシルクの5本指靴下と、その上に綿のソックスを重ね履きする方法からはじめると良いですよ。

  • ストレスも卵巣には大敵です。規則正しい生活を心がけ、遅くまでおきていないで早寝早起きを心掛けましょう。また洋食や甘い物も体を冷えしやすく、日本人が昔から食べてきた和食こそが冷えに良いのだとか。
    スイーツ大好きな女子に限って、冷えが酷かったりするため、甘い物は適度にしましょう。

  • 裏ボアレギンスも活用したい

     

    今年は沢山のあったかグッズが売られています。裏がボアになった暖かいレギンスやパンツも多く登場してます。下半身を冷やさないようにするため、このような商品を利用してみましょう。

  • ユニクロの裏ボアスウェット

     

    ユニクロからも裏ボアのスウェットが多く登場し評判が良いようです。

  • 梅田のユニクロでだけ安くしてる裏ボアパンツ、も少し待ったら地元でも週末セールで安くなるだろうと諦めた。ユニクロのものを定価で買いたくないという徹底したケチぶり。
  • 念願のユニクロのボアパンツ!!