【やらないと絶対に後悔する?!】妊娠線ケア

あなはた『妊娠線ケア』、しっかりとやっていますか?
毎日欠かさず妊娠線ケアを行うのはとても大変ですよね。ですが妊娠線は『一度できたら二度と消えない』と言われており、ケアを怠ったために妊娠線ができてしまった妊婦さんは後悔されるそうです。今回は『妊娠線ケア』についてわかりやすくまとめてみました。

view210

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 『妊娠線』について知ろう!!

  • 『妊娠線』ができてしまってから後悔するのではなく、『妊娠線をつくらない!!』という気持ちで予防ケアを続けることが大切です。まずは『妊娠線とは何なのか?』についてしっかりと学びましょう。

  • 妊娠線(にんしんせん)とは、臨月近い妊婦の腹部の皮膚の真皮や皮下組織にできる亀裂のこと。皮膚は表皮、真皮、皮下組織から成り立っている。 妊娠してお腹が大きくなってくると、表皮は伸びることができるが、その下の真皮や皮下組織の一部が伸びにくいため弾性線維に亀裂が生じることによっておこる。
    出典 :妊娠線 - Wikipedia
  •  

    私たちは目に見える『表皮』さえ伸びてくれれば大丈夫と思ってしまいますが、その下の『真皮・皮下組織』が傷ついてしまうのですね。

  • 『妊娠線ケア』をはじめる時期は?

  • さて、妊娠線は『真皮・皮下組織』の断裂であるということがわかりました。ではこの妊娠線ケア、いつごろからはじめればいいのでしょうか?

  • 妊娠線が出やすい時期は、妊娠初期以降、またはつわりが終わり、食欲が急激に増加するのに比例して体重が増加する頃に出始める頃にあたります。
    出典 :妊娠線のできるしくみと予防時期、予防方法 - はっぴーママ.com
  • 妊娠線(にんしんせん)というと、お腹が大きくなる6ヶ月以降に目立つ妊婦の肌トラブルだと思われがちですが、実は妊娠初期から妊娠線になりやすい部分には注意が必要です。早めにケアを始めていれば、肌に妊娠線が必要以上に増えることを防げます
    出典 :妊娠線とは e-妊娠
     

    『まだケアをはじめなくても大丈夫』と安心していたら、あっという間にお腹が大きくなって気づいたら既に妊娠線ができていた!というケースもあります。油断せずに早め早めのケアをしていきましょう。

  • 【妊娠線】どんな人ができやすいの?

  • まず、妊娠線が出やすい人がいます。どういう人が出やすいかというと、乾燥肌の人や双子を妊娠している方や低年齢の時から太り気味の方もできやすいです!なぜかというと、低年齢の時から太り気味の方の多くは、皮下脂肪が厚い人が多いからです。
    出典 :妊娠線の予防方法を画像で詳しく解説!-赤ちゃんの部屋
     

    乾燥肌で肌に潤いが少ないと柔軟性に乏しくなり、亀裂ができやすくなってしまいます。特に冬は要注意です。

  • 皮下脂肪は弾力性がないので、妊娠によって皮膚が引っ張られてもなかなか伸びることができず、皮膚に亀裂が生じてしまうことが多く、妊娠線ができてしまいがちです。皮下脂肪の厚い人」や「小柄でおなかが前に出やすい人」などがあげられます。
    出典 :妊娠線の予防方法を画像で詳しく解説!-赤ちゃんの部屋
  • 【妊娠線ケア】どんなケアが有効なの?

  • 妊娠線を防ぐには、体重が急増しないようにコントロールしたり、腹帯やガードルなどでお腹を支えたりすることも大切なのですが、もっとも有効なのが、妊娠線を予防するクリームなどによるケアです。
    出典 :妊娠線ケア専用アイテムの必要性
     

    妊娠線の直接の原因は、急激なお腹や胸のふくらみです。そのため、やはり体重コントロール等が必要なのは理解できますが…妊婦さんはお腹の赤ちゃんのためにもたくさん栄養をとってあげたいと思いますし、ダイエット等はオススメできません。やはり一番いいのは『妊娠線クリーム』による保湿ケアです。

  •  

    現在、妊娠線クリームは多くのメーカーからたくさんの種類が販売されています。妊婦さんは妊娠前に比べて肌も敏感になっていますし、つわりの影響で匂いの好みも変わってしまいます。いきなりお大量に買うのではなく、サンプル等で自分にあったクリームを見つけるようにしましょう。

  • お風呂上りや、かゆみが出た時などにクリームを使ってマッサージをするようにしましょう!!乳房もお腹と同じ要領でマッサージしましょう。出産後は、乳房は授乳の際に赤ちゃんが口をつける部分なので、クリームをつけないという方が結構いますが、クリームをつけてないと妊娠線が出来て後悔・・・ということになってしまいます。
    出典 :妊娠線の予防方法を画像で詳しく解説!-赤ちゃんの部屋
  •  

    たっぷりとクリームを使い、満遍なく塗るようにしましょう。ただし、あまりお腹を刺激しすぎると子宮が収縮してしまうこともありますので、体調に気をつけながらゆっくりと行うようにしましょう。

  • いかがでしたか?
    『妊娠線』のことをしっかりと知り、できる前にしっかりと予防することが何よりも大切です。『まだ大丈夫』と油断しているとアッという間に妊娠線ができてしまうこともあるようです。こまめな妊娠線ケアを続けるようにしましょう!