30代、40代女性に多く発症する関節リウマチとはどんな病気?

関節リウマチとは、70〜100万人の患者数を数え、30〜50代の女性に好発します。ひとつの関節にとどまらず、左右対称性に全身の関節にこわばり、痛み、はれを生じ、進行すると関節が壊れます。 非常に強い痛みを伴う病気です。原因は分かっていません。関節リウマチとはどんな病気なのでしょう?

view159

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 関節リウマチとはどんな病気なの?

  •  

    知り合いの方で「関節リウマチになった」という方が身近にいませんか?癌など直接死を意識するものではないため、関節リウマチになったと聞いても、「ふーん、そうなんだ」という軽い感じかもしれません。でも、どうして関節リウマチになるのか、原因は分かっていないのです。ですから、もしかしたらいつか、関節リウマチになってしまうかもしれないのです。関節リウマチとはどんな病気なのか知っておきましょう。

  • 関節リウマチは、関節に起こる炎症がもたらすつらい痛みや腫れ、変形を特徴とする病気です。また、微熱やだるさ、食欲不振などの全身の症状に悩まされることもあります。炎症の慢性化により、関節の骨や軟骨が破壊され、関節が変形してしまうと、日常生活に支障をきたすことになります。
    出典 :リウマチ21.info
  • はっきりした原因は不明ですが、自己免疫疾患と考えられています。関節リウマチになりやすい遺伝的な素因があり、それにスローウイルスなどの感染が引き金になっておこる慢性多発性関節炎です。
    出典 :関節リウマチ
  • 現在、日本全国で関節リウマチに悩む患者さんは70万人とも100万人ともいわれ、その数は高齢化にともない年々増加する傾向にあります。男女の割合は1対4と圧倒的に女性に多く、発症年齢は30~50歳代、とくに40歳代がもっとも多いことがわかっています。
    出典 :リウマチ21.info
     

    中年期の女性に多くみられる病気です

  • 関節リウマチとはどんな特徴を持つ病気なの??

  •  

    関節リウマチは、放っておくと、関節の炎症と痛みが次第に全身に広がり、さらに進行すると変形して身体障害がでる病気です。関節リウマチは「免疫」という体の防御機構に異常が生じたために発症する、原因不明の病気ですので、単なる関節炎とは異なります。
    早期発見が大切です。もしかして・・と思われたら、早めにお医者さんへ行きましょう。

  • 関節リウマチはどんな症状が出るの?

  • 関節の痛みや腫れ
    関節リウマチの主な症状は、関節の痛みや腫れです。また、左手の関節が腫れたら右手の関節も腫れた、というように、左右の関節に症状があらわれるのが特徴的です。
    出典 :症状について | 関節リウマチとは | 関節リウマチの新しい選択肢 | ゼルヤンツ.jp
  • だるい・疲れやすい
    関節リウマチでは、だるい・疲れやすいといった全身の症状がみられることがあります。
    出典 :症状について | 関節リウマチとは | 関節リウマチの新しい選択肢 | ゼルヤンツ.jp
  • 朝のこわばり
    関節リウマチでは、朝起きた時に手を動かしにくい、足がうまく動かない、ということがよくあります。これは「朝のこわばり」といわれる症状です。
    出典 :症状について | 関節リウマチとは | 関節リウマチの新しい選択肢 | ゼルヤンツ.jp
  • 関節以外にも、他にはこんな症状が・・・

     

    ①全身に疲労感やだるさが出ることがあります。微熱が出たり、食欲がなくなり、体重が減ることもあります。
    ②関節リウマチの患者さんは貧血になることがあります。
    ③肺に炎症が起こり、息切れや呼吸困難を起こすことがあります。気管支や胸膜にも炎症が起こることがあります。
    ④ひじやひざの関節の外側、アキレス腱、後頭部など、皮膚の下に骨があり外から圧迫されやすい部分に、痛みもかゆみもないこぶのようなしこりができることがあります。
    ⑤白目の部分である「強膜」に炎症が起こり、毛細血管が広がって充血することがあります。
    ⑥血管の炎症によって、酸素や栄養が十分に行きわたらなくなり、発熱や心筋炎、胸膜炎、皮膚の潰瘍など、全身にさまざまな障害があらわれることがあります。

  • 自覚症状としては、手指の関節のはれと痛みがあり、朝方より手指の腫れぼったい感じとこわばりを感じます。これを朝のこわばりといい数時間続きます。関節リウマチが進行すると全身の関節に波及し、関節が変形して日常生活に支障をきたします。
    出典 :関節リウマチ
  • 貧血・発熱(微熱)・倦怠感・疲労・食欲不振・体重減少・リンパ節腫脹・呼吸困難などの全身の症状があるときは関節リウマチの中で特に悪い、悪性関節リウマチになっている可能性が大ですので注意しなければなりません。全身症状として、疲労、脱力感、体重減少、食欲低下がみられます。
    出典 :関節リウマチ
  • 関節リウマチの悪化の誘因は??

  •  

    ①梅雨・台風・寒冷時
    ②湿気
    ③ 過労の時
    ④風邪など
    ⑤精神的ストレスなど

    気候と自分の身体の体調に影響されてしまうことも。

  • どんな人がかかりやすいの?

  • 高齢者社会の進行に伴い、老年者のリウマチ患者が増加する傾向にあります。女性に多く、男女ともに日常生活、家庭生活、社会活動に支障をきたす慢性疾患であり、運動障害に至るので、社会的、経済的な負担が大きな問題となっております。
    出典 :関節リウマチ
  • しかし一方で、関節リウマチになりやすい遺伝的な素因というものは存在します。例えば、血縁に関節リウマチ患者さんがいる場合、一般と比べて関節リウマチを発症する率が高くなることが知られています。
    出典 :Q & A | リウマチセンター
  • なりやすい体質とは,HLAという白血球の型をきめる抗原があるのですが,その中でもHLA-DR4が陽性の人が関節リウマチになりやすいといわれています。もうすこし詳しく言いますと、日本人ではHLA-B1*0405が重症化しやすいと言われています。
    出典 :関節リウマチ