正しい保湿でぷるつや肌を手に入れちゃおう!

日頃何気なく保湿ケアしていませんか?
正しい保湿の方法できていますか?
間違った方法ではせっかくの保湿ケアが効果を出せていないかもしれません

view115

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • やっちゃいけない! 保湿ケアNGって?

  • ・肌がかさつくときは化粧水をたっぷりつけるだけでOK、は間違い
    ・化粧水はシートマスクでしっかり肌に浸透させればOK、は間違い
    ・化粧水が蒸発しないように乳液やクリームの油分でフタすればOK、は間違い
    出典 :保湿について
  • ・テカリ・ニキビ肌なので保湿は避けた方がいい、は間違い
    ・肌のうるおいを逃がさないように洗顔料はしっとりタイプを選ぶ、は間違い
    出典 :保湿について
  • 水分だけでもダメ! 油分だけでもダメ!
    出典 :間違った保湿から、正しい保湿へ | 乾燥肌のスキンケア
     

    正しい保湿では水分と油分の両方が必要なんですって

  • 乾燥肌はバリア機能が弱った状態で、異物がお肌に入りこみやすくなっています。
    たくさんの化粧品を使用することは、それだけ化学物質などをお肌につける回数や量が増えるということになるため、場合によってはアレルギーや炎症を引き起こし、色素沈着(シミ)の原因になります。
    出典 :乾燥肌の予防と対策(3)乾燥肌の正しい保湿方法とは? | スキンケア大学
     

    乾燥肌だから・・・とよかれと思ってあれこれ使うのがかえって逆効果になってしまう可能性も・・・

  • ぷるつや肌を実感!正しい保湿ケアとは?

  • 洗顔は洗いすぎないこと

     

    洗顔をするのはメイクを落として余分な皮脂を取り除くため。
    必要以上にゴシゴシこすったり、一日に何度も洗顔したりする必要はありません。

    朝の洗顔料は必要ないくらいです。

  • 入浴直後はお湯や湯気でしっとりしているように感じますが、無防備な状態。水分をキープできず、お肌からみるみるうちに蒸発していくので、放っておくとすぐに乾燥してしまいます。お風呂から出て、お肌がしっとりとしているうちにクリームやオイルで保湿をしてあげましょう。
    出典 :正しい保湿は敏感肌のスキンケアへの近道 | スキンケア大学
     

    乾燥肌の人は特にこの点に注意しておきたいところです

  • 化粧水は手でなじませる

     

    コットンを使うとかえって刺激になってしまうことがあるので手でなじませるようにしましょう

  • 洗顔は顔に付着した汚れを洗い落とすために必要なスキンケアですが、すすぎ残しで成分が生え際に残ってしまったり、泡立てが足りず肌を擦るようなことになると逆に刺激になって炎症を悪化させたり、バリア機能を壊してしまうので、やさしく、丁寧に、素早く行うことが大事です。
    出典 :正しい保湿スキンケア-特集!成人型アトピー性皮膚炎
  • 化粧水やクリーム、美容液をつける時には、コットンを使うと肌に刺激を与えて傷つけてしまう場合もあるので、手を使ってやさしくなじませるようにするのがポイントです。その際、手のひら全体でなじませると余分な力が加わりにくく低刺激。さらに、手の温もりで浸透しやすくなります。
    出典 :正しい保湿は敏感肌のスキンケアへの近道 | スキンケア大学
  • 「セラミド」のような成分を保湿成分として多く配合している化粧品を選ぶことで、お肌の保水力はグン↑↑↑と上がっていくと言えるそうですよ!
    保湿を求めるなら「セラミド」配合の化粧品を選んで、かさつき知らずのぷりん肌になりましょう。ヽ(*>∀<*)ノ
    出典 :正しい保湿ケアから始まる初期エイジングケア 最適な保湿物質「セラミド」 - 20代からのエイジングケアを激オシするサイト☆
     

    ただ、セラミドが高配合・・・なんて表示されていたりすると高価だったりするんですよね・・・

  • 洗顔後の肌からは水分が奪われています。乾燥した肌を整えるため、化粧水は特にたっぷりと使いましょう。化粧水での保湿が不十分な状態の上に、美容液や乳液を少量のせても意味はなし。
    出典 :夏だからといって油断は禁物!大人女子の「正しい保湿」5つの方法 | 女子力アップCafe Googirl
     

    高価な化粧水をちびちび使うよりは、手軽なものをたっぷり使った方が効果が期待できるってこと!

  • 洗顔後の皮脂膜のない状態では、化粧水で水分を与えたとしても時間とともに水分は失われてしまいます。水分を肌にとどめるためには、乳液で油分を与え、足りない場合はクリームを加えて、肌に潤いをとどめることが大切です。乳液やクリームまで使って水分が肌にとどまるようにするまでが正しい保湿となります。
    出典 :私たちの想い|北麓草水
  • 水分補給をする

     

    体の内側からも水分を補給してあげましょう
    特に運動した後やお風呂上がりは必須です。

    しっかり水分を補給することでむくみが解消されたり、代謝が良くなったりと良い効果が得られるのです

  • 湿度を調整する

     

    エアコンを使う季節は特に注意が必要です
    自宅はもちろん、オフィスでも湿度を調整しておきたいですね

  • 職場など、そういった対策を取れない場所では、近くに濡れたタオルを吊るして置いたり、 バケツに水を入れて置いたりするだけで湿度は大分違います。
    出典 :大人ニキビ 繰り返さないダブルアプローチケア 正しい保湿
  • 保湿で大切なことは意外とシンプルなのかもしれませんね。
    でも、毎日続けることが大切です。

    こういったことに気をつけて、ぷるつや肌を手に入れましょう