妊娠したらこれだけは知っておきたい「気を付けるべき食事」

「妊娠がわかってうれしい♪よーし!赤ちゃんのためにいっぱい食べるぞ~!」と思ってるあなた!!ストップです!!妊娠中は食べていいもの、そして特に知ってもらいたいのが「悪いもの」なのです。これを知っておけば約10か月あるマタニティライフも安泰!せっかくなので安心して妊婦生活楽しみましょ!!

view84

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • マタニティライフ、それは楽しみであり不安なもの。成長する赤ちゃんは出産するまで直接見ることはできませんよね。なので出産するまでしっかりとおなかの中で大切に育てなければなりません。そのため大事なのはやはり食事!胎児はお母さんが食べたものが当たり前ですが一番影響するのです。しっかりこれからチェックしていきましょうね。

  • ☆”生肉”に注意!!

  •  

    なかなか写真のような生肉を食べるということはないと思いますが、「お肉はレアが好き☆」って人多いのではないですか?そんな人は特に要注意ですよ!!生肉を食べると「トキソプラズマ」などの感染症にかかることがあるのです。
    特に「トキソプラズマ」はすべての哺乳類や鳥がもっているとされ、日本では豚からの多く発見されています。なのでよく「豚はよく焼く!」ということを聞くと思いますが、ここからも来ているのですね。

  • 妊娠中の人が「トキソプラズマ」に感染すると、生まれてくる子供に先天性障害である「精神発達の遅れ」「視力障害」「脳性まひ」などが現れることがあるそうです。
    実は私自身、妊娠中に焼き鳥屋さんで「レバ刺し」を食べてしまい「トキソプラズマ」の検査結果が出るまでオロオロ、びくびくしていたのを覚えています。ほんっと生きた心地がしませんでした。

  • トキソプラズマを死滅させるには??

     

    しっかりと加熱しましょう!!加熱することでトキソプラズマは死滅するのです!!
    妊娠中は特にしっかりと火を通すことを心がけましょうね!!

  • まな板をそれぞれ分ける

     

    調理方法によってはトキソプラズマが他の食材に移ることもあるので、それぞれまな板の段階で分けて使うこともオススメですよ!!まな板だと邪魔だと思う人には、しっかり洗った牛乳パックを開いたものの上でお肉を切ったりすると、分けることもできるし、洗いものも減る!一石二鳥かも?!

  • ☆”大きい魚”に注意!!

  • 気を付けるべき魚たち

     

    <週に2回(※週に160g程度)まで>ミナミマグロ、キダイ、クロムツ、ユメカサゴ、マカジキ、ヨシキリザメ、イシイルカ

    <週1回(※80g程度)まで>クロマグロ(本マグロ)、メバチマグロ、キンメダイ、メカジキ、エッチュウバイガイ、ツチクジラ、マッコウクジラ

    <2週間に1回(※40g程度)まで>ゴビレゴンドウ

    <2か月に1回(10g程度)まで>バンドウイルカ

  • 大きい魚、大型の魚には水銀が含まれているのです。その水銀が母親の胎内に入ると胎児に取り込まれてしまいます。胎児は水銀を排出することができません。よって食べる量が重要となるのです。水銀の影響により生まれてくる赤ちゃんが脳神経障害を起こすことも考えられるそうです。

  • 魚を食べないで!というわけではないですよ。魚には豊富な栄養があります。もちろん胎児にもとても大切です。なので「怖いから食べない」のではなく、大型の魚は気を付け、イワシやサンマなど小魚を取り入れるのはどうですか??

  • ☆”イタリアンの前菜系”に注意!!

  •  

    「ナチュラルチーズ(非加熱)」「生ハム」「スモークサーモン」といったらまさにイタリアンのぜんざいですよね。これらには「リステリア」という菌があるそうです。その菌も加熱することにより死滅するそうですが・・・すべて加熱して食べるものではないですよね。なので初めから口にしないことをオススメします。

  • 「リステリア」に感染すると、インフルエンザにかかったような高熱などの症状が出るそうです。さらに怖いのが胎児への影響。新生児の髄膜炎や敗血症の原因さらには流産や早産などの危険性も出てくるそうです。
    これには早めの治療により対処できるそうですが、妊娠期間だけ「食べない」の選択肢もありではないですか??

  • ※”生の魚介類”に注意!!

  • カキやアサリの二枚貝

     

    ここで注意したいのが「ノロウイルス」です。感染すると、嘔吐下痢の症状を引き起こし、とても辛いそうです。さらに怖いのはやはり流産や早産。下痢などから引き起こされやすいといわれています。妊娠中は特に免疫が低下していたりしているので注意が必要です。

  • ☆”生卵”に注意!!

  • サルモネラ菌

     

    ここで怖いのが「サルモネラ菌」なのです。洗浄が不十分なものには付着していることが多いと言われています。日本の卵は洗浄もされていて綺麗ですが、特に妊娠中は気を付けていたほうがよさそうですね。

  • ※”アルコール”と”カフェイン”に注意!!

  •  

    アルコールが及ぼす妊娠中の影響はよくいわれていますよね。「胎児性アルコール症候群」という言われるものもあり、飲酒はやめましょう!
    コーヒーなどのカフェイン入りの飲み物も気を付けましょう。コーヒー1日2杯程度なら大丈夫との話もあります。
    実は私も妊娠中はコーヒーを飲んでいました。といっても1日1杯。それもミルクたっぷりのカフェオレ。飲めないストレスもそれはそれでしんどいですもんね(笑)

  • いろいろ書いてみましたが、心配なことがあったら主治医の先生に質問することも忘れずに!きっと親身になって答えてくれるはずですよ!
    不安を抱え込まず、素敵なマタニティライフを送ってくださいね!!