肌の老化原因、その予防方法について。

年齢とともに体力が落ち、肌もさまざまな機能が低下していきます。肌老化の大きな原因は4つあります。肌の老化予防について。

view138

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    紫外線、皮膚(ひふ)の乾燥、細胞の酸化、皮膚の菲薄化(ひはくか)といった要因が挙げられます。

  • 紫外線

  • わずかな時間浴びてもお肌にダメージを与えてしまいます。しかも長年浴び続けるとシミ、シワ、たるみなどを引き起こしてしまいます。

  • 特に日焼けやシミ・皮膚ガンの原因になるUV-Bよりも、波長が長く雲や、窓ガラスも通り抜けるUV-Aに注意が必要です。

  • UV-Aは肌の真皮にまで到達し、徐々に蓄積されてコラーゲンやエラスチンを壊す酵素を増やし、たるみやシワの原因をつくります。

  • 細胞の酸化

  • 体内に取り込まれた酸素は一部活性化し、活性酸素に変化します。活性酸素は脂質と結合して細胞を酸化させ、 細胞にダメージを与えます。

  • 肌の老化。原因のひとつは、活性酸素!

    シミ、シワ、たるみなど、年齢とともに気になる肌の衰え。
    出典 :肌の老化 目の老化 口の老化・老化予防と原因|カネカ健康カガク・ラボ
  • 真皮のコラーゲンなどを硬くして皮膚の弾力を失わせ、老化を進めてしまいます。

  • 皮膚の乾燥

  • 赤ちゃんの時には80%くらいあった真皮の水分量は、20歳をピークに女性の肌から徐々に減少し、 乾燥がちになり肌の潤いが低下していきます。

  • これは角質の潤いを保つ天然の保湿成分が、年齢とともに減少していくのが主な原因です。

  • 皮膚の菲薄化

  • 50歳を超えると老化の進行が一段と早くなります。 それは更年期によって女性ホルモン(エストロゲン)が低下し、肌細胞を作り出す力が衰え、皮膚が薄くなるからです。女性ホルモンが減少すると コラーゲンの分泌量や新陳代謝も低下し、皮脂腺の活動も鈍くなって肌のたるみが生じてきます。