O脚矯正の方法として【足】の矯正は必要なこと?

O脚矯正方法としてとても効果が出ていると言われている【足】の矯正についてまとめてみました。

  • Forti 更新日:2014/06/06

view225

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 【足】の矯正とO脚矯正との繋がりは?

  • O脚の原因は普段の立ち方や歩き方の癖が原因の場合がほとんどです。
    膝のゆがみや骨盤のゆがみを矯正して正しい歩き方、立ち方、そして日常行っていただくエクササイズで状態を改善していきます。
    出典 :沖縄のO脚矯正で足の見た目やむくみ冷えを解消 | 沖縄の夢音整体
  • O脚を治すことは下肢アライメントの正常化にあります。人が立っている時に唯一地面に接地している足部。足部に歪みがあると運動連鎖により歪みの情報は下肢~骨盤~上半身へと伝わり影響します。O脚を矯正する場面で従来から広く行われている骨盤・股関節矯正主体のアプローチに限界を感じ、徹底した足部の矯正を重視しています。
    出典 :O脚の矯正方法を学ぶ【O脚矯正法セミナー】
  • 特に当院が行うO脚矯正法の特徴は「足」に重点をに置くことです。
    唯一地面に接してる足からの影響が膝、股関節、骨盤へと影響を及ぼしていると考えて、「足」の歪みを調整することにより難しいとされるO脚に成果をあげています。
    出典 :O脚矯正(よくある質問)|川越で脚線すっきり、O脚矯正で脚から明るくする整体院のブログ
  • 靴を履いた場合の正常な靴の減り方とは?

  • 正常な減り方は、靴の外側が少し減る状態です。

     

    「回内足」「外反足」は、O脚・X脚の人に多いと言われています。

  • 普通、正しい靴の減り方としては、靴の外側が少し減ってくる程度です。少し程度であれば、特に問題はなく、人が歩くにあたり、着地する面が、ややかかとの外側になるのは仕方ないのです。
    しかし、明らかに靴の減り方に左右差があったり、内側が減っていたり、外側も極度に減りが早い場合は問題です。
    出典 :靴の減りが気になる方へ | 吉祥寺整体|みやびカイロプラクティック
  • O脚・X脚の人に多い「回内足」「外反足」
    出典 :O脚・X脚の人に多い「回内足」「外反足」 - O脚矯正・X脚矯正のキョウコプロポーション|東京都・池袋
  • 足首の歪み防止やかかと土踏まずをサポートしたりするためのグッズの紹介。

  • フットオーソティクス(機能的足底板)

     

    O脚の大きな原因の一つである足首の関節のゆがみを防止し、足の関節を正しい状態にキープします。

  • 靴底に敷くタイプだけではなく、直接足の裏にはりつけたり、まきつけたりできるタイプもあるので、靴を履いていないときも利用できます。
    出典 :O脚改善に役立つ「足底板」とは
  • 足底板は、家の中でも気軽に歩くことで足の矯正になるための大変便利なグッズだと思います。

  • ビルケンシュトックサンダル

     

    ゆがみやすい足の関節を、かかとをしっかりつつみこむことで支え、また落ち込んだ土踏まずもサポートします。

  • 外国の薬局などではこのメーカーの靴がよく売られています。やはり、足の矯正のためにふさわしいメーカーなのかもしれません。

  • 靴の選び方も大切です!

  • o脚は、足に余計な負担がかかることが大きな原因となります。足の筋肉のバランスが悪くなってしまうため、まっすぐ立っても両足の膝がくっつかなくなってしまうのです。そのような足にさらにバランスを悪くしてしまうような靴を履いてしまうと、o脚はさらに酷くなってしまいます。高いヒールなどで足に大きな負担をかけていると、知らないうちにo脚になってしまう危険があります。
    出典 :靴の選び方でO脚を予防する: O脚矯正は自宅でできる
  • ヒールの場合

     

    ヒールの高さは2、3cmほどなら足腰への負担はほとんどありません。

  • スニーカーの場合

     

    サイズが小さ過ぎても大き過ぎても負担になります。目安として、つま先に指1本ほどの余裕があるくらいが丁度良いサイズと言えます。かかとは浮かずにぴったり合うことが大切です。

  • 【足】の矯正はO脚矯正の方法のひとつとして大変重要だと言えます。靴選びから、足底板を使用するなどしたり、歩き方といった身近なことから始めていくことが大切だと思います。