気をつけて!【妊娠初期】の入浴は長風呂厳禁!

妊娠初期の入浴っていいの?とか、大丈夫なの?って
考える人も少なくはないと思います
一体どうしたら良いのかご紹介

view331

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠初期でのお風呂は

  • 妊娠初期、女性は妊娠を維持するための女性ホルモンが出てきます。容姿や風貌も少し変わってきますし、妊娠を維持するために子宮や体格など様々な部分が変わってきます。特に変化するのが子宮内の状態と腹部の硬化ですね。
    出典 :妊娠初期に長湯は危険!赤ちゃんと母体にやさしいお風呂の入り方 | iGotit
  •  

    そして、子宮は内臓組織の中でも比較的熱による変化を受けやすい部分です。経血などの体液も多く関係するため、妊娠初期にお風呂に入ることは、そうした場所に悪い影響を与えてしまうことがあります。

  • 妊娠中の入浴注意点

  • ・可能なら家族がいる間に入浴してします。
    ・お風呂や脱衣所の床に余計なものを置かない。
    ・先に浴室内は暖房、または湯気で温める。
    出典 :妊娠中の入浴
     

    こけでもしたら大問題ですからね

  • ・お風呂の床に残ったシャンプーやボディーソープは流す。・バスチェアーは高めの方が妊娠後期に入ってから楽も使える。・お湯につかる際は、専用の滑り止めマットがあると出入りが安心。
    出典 :妊娠中の入浴
     

    すべり止めマットはそこまで高くないので欲しい所ですね

  • 妊娠初期の正しいお風呂の入り方とは?

  • お湯の温度は35度から37度程度の微温浴を心がけましょう。40度を越える高温浴は体にかかる負担が大きくなりすぎてしまいます。入り方としては、内臓負担が少ない半身浴で、肩にお湯のかかった濡れタオルなどをかけて体が冷えないようにするのがよいでしょうね。湯温の調整は心がけるようにしましょう。
    出典 :妊娠初期に長湯は危険!赤ちゃんと母体にやさしいお風呂の入り方 | iGotit
     

    入浴は10分未満が良いとされています
    結構短いですよ

  • 浴室の室温が高すぎるのは危険です。立ちくらみを起こしたりしてしまう可能性がありますし、かといって寒すぎても体によくありません。風邪を引かない程度にあたためてから入りましょう。
    出典 :妊娠初期に長湯は危険!赤ちゃんと母体にやさしいお風呂の入り方 | iGotit
  • 妊娠初期では、むしろ湯上がりの湯冷めのほうが危険です。ぬるま湯につかっている時間が長く、また、血流も胎盤に向かって流れていることがあるため、普段よりも体が冷えやすくなっています。冬場などでは着替え室に小型の暖房機などを置いておくとよいでしょう。
    出典 :妊娠初期に長湯は危険!赤ちゃんと母体にやさしいお風呂の入り方 | iGotit
  • 夏場はさっと汗を流す程度にとどめたり、冬場は暖房機などを入れておくように心がけておきましょう。夏場だからといって冷たいシャワーを長時間浴びるのはあまりよくありません。冬場では、いつもより厚めのパジャマを来たり、妊婦さん用の腹巻きなどを巻くのも良いですね。季節ごとに入浴方法や室温を工夫することは大事です。
    出典 :妊娠初期に長湯は危険!赤ちゃんと母体にやさしいお風呂の入り方 | iGotit
  • 質問をした人にはこんな声が多い

  • ・長湯するのは子宮を温め血流を良くし、結果、子宮の収縮を促してしまうので避けた方がいいとのことでした。 冷やすのもおなかのハリを招いてしまうし・・この季節も大変ですよね。
    やはり胎盤が完成するまでは長湯は避けた方がいいと思います。
    出典 :妊娠初期のお風呂 妊娠・出産の広場 - 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
  • はじめまして。同じく妊娠7週の者です。 母子手帳をもらったときに妊娠中に関することが載った冊子をもらったのですが、そこには『妊娠中は熱すぎる湯や長湯を避けるように』と書いてあります。
    出典 :妊娠初期のお風呂 妊娠・出産の広場 - 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
  • こんにちは、妊娠おめでとうございます♪私も只今妊娠26週の7ヶ月になりますが妊娠とわかってから 一度も湯船に浸かっていません。 母は体を温めないといけないというのですが、
    出典 :妊娠初期のお風呂 妊娠・出産の広場 - 不妊・妊娠・出産・育児-女性の為の健康生活ガイド『ジネコ』
     

    神経質になって入れないという人もいるそうです

  • こんなアイテムが良いかも

  • 妊娠中のバスチェアー

     

    妊娠中はお腹と腰に負担のかからない、高めの入浴椅子が楽です。妊娠初期は普段通りにしゃがんだり、かがんだりできますが、妊娠後期に差し掛かると大きなお腹が邪魔をします。無理をしてしゃがんだり腰を低くすると、お腹を圧迫してしまいます。更に立ち上がる際も、低いバスチェアーだとお腹に力が入って子宮が収縮しやすくなります。腕の力だけで立ち上がろうとしても、浴室は滑りやすいので心配です

  • 妊娠中は足先や背中を洗うことが大変になってきます。無理をすれば洗えますが、お腹に負担をかけずに手が届く方が楽です。妊娠中の入浴では、ボディーブラシは持ち手になる部分の長いボディーブラシが便利です。手の届かない背中も、お腹に負担なく洗うことができます。
    出典 :妊娠中の入浴