腓骨疲労骨折はランニングが原因

腓骨疲労骨折の主な原因はランニングが原因です。箱根駅伝のケニア人留学生、エノック・オムワンバ選手が途中棄権したのが記憶に新しいです。

view358

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 腓骨疲労骨折になった駅伝選手

  • 「痛い、痛い」と、口の動きで上田誠仁監督に痛みを訴えた。「左右のバランスがおかしい」??。
    出典 :口の動きで「痛い、痛い」オムワンバ、疲労骨折 : ニュース : 箱根駅伝2014 : 箱根駅伝 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  • 練習中からもかなり痛かったと思います。退会の前から半分わかっていたことだと思います。選手はやめたいと言えないので、全体を管理するチームのコーチが止めるべきだったかなと思います。

  • 誰でもランニングすると、腓骨疲労骨折になりますか。

  • 腓骨(ひこつ)は体重加重による影響を受けないのですが、ランニングやジャンプなどの運動の際に内側と外側へ繰り返し「たわむ」ため、その反復による応力で疲労骨折を起こします。
    出典 :腓骨骨幹部疲労骨折
  • ランニング量が多いと腓骨疲労骨折になる可能性も上がります。コンクリートの大地では足にかかる負担は槌よりも大きいと聞きます。

  • ランニング量を多くしても腓骨疲労骨折を予防する

  • 練習量のコントロール(量を急激に増やさない+完全休養やアクティブレストを取り入れる)
    出典 :腓骨疲労骨折
  • 無理のし過ぎはいけません。

  • 骨休めとはよく言ったものです。

  • 治療期間はおよそ2~4週と短期で、スポーツ復帰は1~2ヵ月が多いとされています。
    出典 :腓骨疲労骨折
  • 骨も休みたいんですね。

  • ランニングではほかの部位も疲労骨折になることがあります。

  • ランニング(長距離)に起因する疲労骨折としてよくみられる順は
    出典 :腓骨疲労骨折 4/ランニング・エトセトラ/SILENTSHEEP*NET
  • 楽しく走れるように無理は禁物です。