びっくり!?「内診でおしるし」が出る?関係があるようです!

内診でおしるしが来たりする事もあるようです。きちんとしっておきましょう。

view2875

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • おしるしが来ても

  • お産が近づいてくると、子宮が収縮したり子宮口が開き始めたりします。すると、赤ちゃんを包んでいる卵膜と子宮の壁がこすれ合って出血することがあります。これが「おしるし」です。子宮頸管から出たおりものにその血液が混じって出て<るため、少し粘りけがあるのが特徴です。
    出典 :2/2 お産のサイン・始まり方・陣痛 [出産の基礎知識] All About
  • 一般に、自然に見られる出血がおしるしですが、健診時の内診の刺激でおしるしがみられることもあります。おしるしがあると、数日以内に陣痛が始まるといわれて言われていますが、これも人それぞれ。そこから1~2週間かかることもあるので、あまり身構えないようにしておきましょう。もちろん、おしるしがなくお産になる人もいます。
    出典 :2/2 お産のサイン・始まり方・陣痛 [出産の基礎知識] All About
     

    内診の刺激でおしるしが出る事もあるのです!

  • 内診でおしるし

  • 内診の時に出血するときがあります。でもそれはおしるしとは違います。内診のときやや荒くする先生もいますが、産み月に入っていれば刺激することで陣痛を起す?らしいです。やはり痛いのもあって多少出血が見られます。それではないでしょうか。
    出典 :教えて!Ziddyちゃん - おしるし?
     

    こんな場合もあります。

  • 私の場合、出血はありましたが、それは内診後で陣痛とは結びつかなかったです。私の時はおりものにしては多くてドローっとしたものが出てきてびっくりしましたが、これがおしるしだったみたいで、それが2,3日続いてから陣痛が来ましたよ。
    出典 :教えて!Ziddyちゃん - おしるし?
     

    このように違ったという声もありました。

  • 内診は

     

    妊娠するとつきものですよね。しかし、この内診でおしるしが繰る事もあるようです。陣痛を促す場合にも刺激を与えるので、痛いという人も少なくはありません。違いをしっておく事も大切かもしれませんね。

  • 内診出血

  • おしるしと同じように出血が見られる内診出血とは、妊婦検診時の内診で膣(ちつ)に刺激を受けて少量の出血が見られることです。実際は内診だけではなく、夫婦生活後に見られることもあります。もともと、妊娠中の膣はデリケートで少しの刺激でも出血することがあります。
    出典 :おしるしと内診出血の違い
     

    ある程度の刺激なら出血する事があるのです。

  • 内診後の出血すべてが、内診中に刺激を受けた出血だけではありません。内診前から何らかの理由で膣内にあった不用なものが内診の刺激によって、おりものと一緒に排泄されることもあるのです。
    出典 :おしるしと内診出血の違い
  • 対処はどうする?

  • おしるしの場合は、出血が長く続くことはありませんから月経でしようする生理用ナプキンで対処します。内診出血も同じです。ただ、おしるしはおりもの等と一緒に排泄されたら出血はお終いです。流れるように出血が続いたら、それはおしるし以外の症状かもしれません
    出典 :おしるしと内診出血の違い
  • 腹痛や張りがなく通常のおしるしの場合は、次の検診時に報告する程度で急を要さないことも多いものです。内診出血の場合は、傷口があるのならば感染症に気を付けます。もしも、内診後に出血があって気になる時は、再度、担当医に問い合わせてみましょう。
    出典 :おしるしと内診出血の違い
  • 時には内診の刺激で膣がヒリヒリと痛むこともあります。その時も医師に相談します。確認するまではシャワーだけで、湯ぶねには浸からないでおきましょう。
    出典 :おしるしと内診出血の違い
     

    ここも大切なので忘れないように

  • おしるしではなく

     

    破水の場合もシャワーは浴びてはいけません。感染症予防の為です。内診出血とおしるしの違いという違いは断定できませんが、それそうおうの準備をしておくと心にも余裕が出来るので良いかもしれませんね。