これって大丈夫?「顎関節炎の原因」を知ろう!

「顎関節炎の原因」を知る事で予防に繋げる!しっかりと原因をしろう!

view143

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 顎関節症と顎関節炎の違い

  • 顎関節炎の「炎」とは炎症のことで、顎関節症の「症」は症状を意味していています。しかし、実は顎関節症と顎関節炎ははっきりとは区別されていません。
    出典 :顎関節の痛みの原因を検証
     

    はっきりと区別していないのですね

  • 一般的な医療用語としては、「炎」は急性的な場合に、「症」は慢性的な症状であるときによく使われます。そのため、顎関節症も慢性的な場合に、顎関節炎も急性的な場合に、そう呼ばれることが多いようです。
    出典 :顎関節の痛みの原因を検証
     

    このように分けられる場合があるのを覚えておこう!どちらにせよ原因はどちらも同じなのです

  • 顎関節炎の原因

  • 原因は、精神的ストレス、あごに過剰な負担をかける食いしばりなどのクセ、かみ合わせの異常やあごの損傷などさまざまで、これらが積み重なったり複合したりして許容限度をこえたときに起こると考えられています。
    出典 :【顎関節症とストレスの関係】- 顎関節症の原因や治療方法を知ろう!
     

    ストレスに耐えている時、知らないうちに歯を食いしばっていませんか?

  • 食いしばるだけではなく

     

    カチカチと歯を鳴らす癖等が原因になる場合もあるのです!もっと身近な原因をひとつあげるとすると、口で呼吸している事が多いのも原因になるのです

  • 寝ている間も注意

  • 寝ている時の歯ぎしりや食いしばりのくせ(→これはストレスとも関係しますよね)、片側でかむくせ、顎をずらすくせ、うつ伏せで寝るくせ、足を組むくせ、頬づえをつくくせなどです
    出典 :知らない間に原因になるくせがあるかも?! もしかしてあなたも顎関節症? [歯・口の病気] All About
  • これらも原因に

  • 歯ぎしりは「ブラキシスム」と呼ばれるそうです。歯ぎしりをする人は、顎関節に強度の負担をかけてしまうことから、顎関節症になる可能性が高くなります。多くの人は就寝中や仕事中、無意識に歯ぎしりをしていて、自覚も少ないと症状のひとつでしょう。また、ストレスの影響も強いといわれています。
    出典 :顎関節の痛みの原因を検証
  • 食事のとき、右と左の片方だけで物を噛んでいると、そちら側の負担が大きくなり、顎関節症の原因となります。
    出典 :顎関節の痛みの原因を検証
  • 歯のかみ合わせが悪いことが、そもそも歯ぎしりや偏咀嚼の原因となります。
    出典 :顎関節の痛みの原因を検証
  • セルフケアをしよう

  • ふだんからあご回りをリラックス、食いしばりをしない。舌先を上の前歯の歯ぐきに当てると防ぎやすい(上下の歯が接触するのは物を食べたり話をするときだけ。通常は歯を接触させないようにし、気づいたら上下の歯を離す)
    出典 :あごが痛い! 若い女性に多い顎関節症 - goo ヘルスケア
  • 原因を

     

    治していくだけで、対策をする事が出来ます!他にも、マウスピースを使う、歯科に受診する事で改善に向かいますよ