ダイエットの神様!?「アトキンス式低炭水化物ダイエット」

アメリカで話題の「アトキンス式低炭水化物ダイエット」を紹介します!!

view200

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • アトキンス式低炭水化物ダイエット

  • アトキンス式低炭水化物ダイエットとは、
    普段の食事から炭水化物を極端に減らす事で、
    血糖値及びインスリンをコントロールし、
    体脂肪を燃焼しやすい体質に変えていく事によって減量するという食事療法です。
    出典 :ロバート・アトキンス博士『アトキンス式低炭水化物ダイエット』
  • ロバート・アトキンス博士は
    約30年にわたり、5万人以上の患者を治療、アメリカにおいて最大級の実績を上げ続け、
    今なお「ダイエットの神様」として支持されており、様々なメディアにも紹介されています。
    出典 :ロバート・アトキンス博士『アトキンス式低炭水化物ダイエット』
  • 極端に炭水化物を減らす??

  • 通常200〜300gである炭水化物の摂取量を20〜40gと非常に少なくし、糖分の代わりに脂肪がエネルギーとして使われる状態に誘導する
    出典 :アトキンスダイエット - Wikipedia
  • メリット

  • ① 体脂肪が燃焼されすい体質になる。
    ② 美味しいものを満足するまで食べられる。
    ③ ダイエット後の体重を維持しやすい。
    ④ 体調が良くなり、健康を促進する。
    出典 :ロバート・アトキンス博士『アトキンス式低炭水化物ダイエット』
  • 炭水化物だけを極端に減らすけど、好きな物は食べていいってうれしいですね

  • 痩せるしくみは?

  • 低炭水化物ダイエットで痩せる理由は、インスリンの分泌が抑えられるからです。
    炭水化物を多く摂ると血糖値を下げるためにインスリンが分泌されますが、
    このインスリンには脂肪の分解を抑えて合成を高める役割を担っています。
    出典 :ロバート・アトキンス博士『アトキンス式低炭水化物ダイエット』
  • このため、インスリンは別名「肥満ホルモン」とも呼ばれています。
    低炭水化物ダイエットでインスリンの過剰な分泌を抑えると、
    脂肪の分解が進んで痩せやすくなります。
    出典 :ロバート・アトキンス博士『アトキンス式低炭水化物ダイエット』
  • 肥満ホルモンのインスリンを抑えて、痩せるというしくみですね。

  • 向いてるのは炭水化物が大好きな人?

  • アトキンス・ダイエット法の対象者となる人は、太っている肥満状態である→肥満のためインスリン抵抗性が高くなる→さらに肥満になりやすくなり糖尿病発症のリスクが上がっている状態→「炭水化物中毒」となっているという人です。
    出典 :アトキンスダイエット|低炭水化物・ケトン式で痩せる
  • アトキンス式 低炭水化物ダイエット [単行本]

     

    内容(「BOOK」データベースより)
    アメリカにおいて最大の実績をあげ続け今なおNo.1ダイエットとして支持されているダイエット法=低炭水化物(ローカーボ)ダイエット。本書は“低炭水化物(ローカーボ)ダイエットの祖”ロバート・C.アトキンス氏が著した「低炭水化物ダイエット」のバイブル的存在であり、改訂を重ねつつ、世界中でのべ1900万部が今も読み続けられている一冊である

  • アトキンス博士のローカーボ(低炭水化物)ダイエット [単行本]

     

    内容(「BOOK」データベースより)
    避けなくてはならないのは脂肪とカロリーではありません。(低炭水化物)ローカーボダイエットがいま、日本で始まる。
    内容(「MARC」データベースより)
    外食の多い人、忙しい人、今までダイエットに失敗してきた人に効果的なダイエット法。3回の食事から炭水化物を制限するだけ。その仕組みと方法、生涯にわたってのダイエットの考え方などを解説する。