体の健康を左右する、腸内フローラ免疫っていったいどんなものなのでしょうか・・・!?

人の健康に左右するといわれている腸内フローラ免疫とはどんなものなのでしょうか?また、腸内フローラを保つためにはどんなことをすればよいのでしょうか・・・・?

view104

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • そもそも、腸内フローラ免疫とはどんな状態をさしているのでしょうか・・・!?

  • ヒトの腸管内では多種・多様な細菌が絶えず増殖を続けています。これらは腸内細菌と呼ばれ、個々の菌が集まって複雑な微生物生態系を構築しています。この微生物群集を「腸内フローラ」または「腸内細菌叢」と呼んでいます。フローラ(Flora)は分類学の用語で植物群集を指しますが、
    出典 :腸内フローラ | ヤクルト中央研究所
  • かつては細菌が植物の中に分類されていたためです。また、ギリシア神話の花の女神をも意味しています。腸内細菌の数はおよそ100兆個、その種類は一人あたり数百種にのぼり、その構成は食習慣や年齢などによって一人ひとり異なっています。
    出典 :腸内フローラ | ヤクルト中央研究所
  • 腸内フローラが人間に引き起こす作用にはどんなものがあるのでしょうか?

  • この腸内フローラは、ヒトに対して様々な生理作用を有しています。有用な作用として、病原菌の定着阻害、免疫系の活性化、ビタミンの産生などが挙げられ、有害な作用として、腐敗産物や発がん物質の産生、各種腸疾患へ関与が挙げられます。
    出典 :腸内フローラ | ヤクルト中央研究所
  • 腸は大切な内臓です!

  • このように、腸内フローラはヒトの健康と密接な関係があります。ヒトに有用な働きをする菌を優勢に、ヒトに有害な働きをする菌を劣勢に保つことが、私たちの健康管理の上で大切であると言えるでしょう。
    出典 :腸内フローラ | ヤクルト中央研究所
  • 腸内フローラを構成している細菌にも種類がある・・・!?

  •  

    腸内フローラはまるでお花畑のように腸壁をおおっているのだとか。

  • 善玉菌(有用菌)ヒトの体に有用な働きをする菌 ・ビフィズス菌・乳酸桿菌 悪玉菌(腐敗菌) 腸内の中を腐らせたり有毒物質を作る菌 ・クロストリジウム(ウェルシュ菌など)・ブドウ球菌 ・ベーヨネラ 日和見菌 善玉とも悪玉ともいえず、体調が崩れたとき悪玉菌として働く菌 ・大腸菌・バクテロイデス
    出典 :腸内フローラとは何か?
  • 腸内フローラの状態が悪いとどんなことが起きてしまうのか・・・?!

  • 食生活の変化により腸の働きが弱くなって便秘になる人が増えています。便は消化吸収されたもののカスです。その1/3~1/2は腸内細菌で占められています。この場合の腸内細菌中には有用菌や有害菌が多数存在していますが、有害菌は私たちの体に有害なぶつ質を作り出します。これらの有害物質を腸内に長い時間停滞させると腸の壁から体内に吸収されて悪影響を及ぼします。
    出典 :腸内フローラとは?
  • 便秘に比べると、腸内の掃除がすべて終わった後の爽快感もあるので罪は軽いかと思われますが、下痢も腸内細菌のバランスが崩れることで引き起こされます。その原因としては心身のストレス、偏った食事、抗生物質等の薬の乱用、旅行ブームによる外国からの病原微生物の流入などが考えられています。
    出典 :腸内フローラとは?
  • 私たちの体には、外からの病原に対して防御する機能が備わっています。それを「免疫機能」といいます。
    腸内細菌のバランスが崩れることで腸炎を起こしたり全身感染症をも引き起こす可能性まで高まります。
    出典 :腸内フローラとは?
  • 意外にも思える、一見健康状態とは関係なさそうな腸内環境が人間の健康を保つために重要になってくるものなのですね。腸内環境は自分で普段の生活や、食生活に気をつけていれば改善されていくものです。少しでも気をつかって生活したいですよね。