治りにくーい、ガンコな風邪。夏風邪の症状

夏風邪の症状は普段の風邪とちがい、特徴があります。症状が現れたら無理をせずこじらせないように早めの受診をお勧めします。

view561

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 夏風邪の症状

  • 今年の夏風邪の症状は、のど・咳・発熱・頭痛と一般的な風邪の症状と下痢や腹痛という胃腸にくる症状が強いです。夏風邪は、この下痢や腹痛による症状が辛いのですが、今年2014年は、特に注意しなければなりません。
    出典 :今年の夏風邪の症状2014!長引く原因は何?治し方はコレ! | サラカフェ
  • 夏風邪の特徴である、下痢や腹痛は胃腸からきますよね。この原因とされているのがウイルスなのですが、何故ウイルスが発生しやすいのかそれは、汗を大量にかいて、それが布団などに付着してウイルスが発生しやすい状態になります。
    出典 :今年の夏風邪の症状2014!長引く原因は何?治し方はコレ! | サラカフェ
  • 夏風邪

     

    昔は夏風邪を引くのはバカとかいうふうにいわれましたけど、結局原因はウイルスなんですね。

  • 主な夏風邪ウイルスには、アデノウイルスやエンテロウイルス、コクサッキーウイルスが有名です。
    出典 :夏風邪|症状
     

    これらのウイルスは空気中にどこにでもいて、感染するタイミングさえあえばいつでも感染できるそうです。

  • 夏風邪治療

  • 夏風邪の治療(治し方)ですが、基本的に風邪のウイルスに対する薬というのはないようです。そのため、できるだけ睡眠を取り体力や免疫力を高め、自然に治るのを待つというのが一般的なようです。 発熱は免疫力の証ですもんね。あまりに四肢が痛いなど身体がきついときは解熱剤を処方していただくのがいいかと思います。
    出典 :夏風邪|症状
  • 夏風邪

     

    なおりにくい夏風邪。いやですね~。

  • 風邪が目にきたときは、かゆくても目をこすらず流水で洗い、目やにがひどい場合は目薬を刺すなどで治癒につとめます。ウイルスは咳やくしゃみ、鼻水、目やに、便などを介し感染するので、2次感染を防ぐよう注意する必要があります。
    出典 :夏風邪対策と予防について|東内科医院
  • 医療機関で症状を和らげるための総合感冒薬や咳止め、解熱鎮痛剤(頭痛薬)などを処方して様子を診てもらうのが一般的です。なお、ウイルスに対して抗生物質は無効なので原則として処方しませんが、2次感染による合併症がある場合には使用を考慮します。
    出典 :ワンポイントアドバイス 夏風邪
  • 微熱であれば、ぬるめのおふろに入るのも効果的です。体が温まることによって、新陳代謝が高まり、免疫力の回復を早めます。少量の赤ワインと生姜を混ぜたものも、免疫力を高める効果があるため、オススメです。
    出典 :夏風邪の症状と治し方!長引く理由は?予防対策も忘れずに! | トレンド速報ニュース
  • 夏風邪の中でもかかると怖い胃腸カゼ

  • 医学的には『感染性胃腸炎』と呼ばれます。●症状 主な症状・感染源・感染経路 感染性胃腸炎は病原性大腸菌やサルモネラなどの細菌、それにロタウイルスやノロウイルスなどのウイルスによって引き起こされる胃腸の疾患で、一年を通じて発症していますが、細菌によるものは夏場に集中し、ウイルスによるものは毎年秋から冬にかけて流行が認められます。
    出典 :夏に起こりやすい病気と対策 『胃腸かぜ』偏|健康と病気の違いって何?
  • とくに下痢は、ウイルスを排出するための症状でもあるので、風邪薬や下痢止め薬で便秘になると、症状が長引くことになりかねません。腹痛や下痢が続くときには、早めに受診して、適切な薬を処方してもらうことが大切です。
    出典 :「夏風邪」をひかない生活を | はじめよう!ヘルシーライフ | オムロン ヘルスケア
  • 長引く夏風邪について

  • どうして夏風邪は長引いてしまうのでしょうか?その理由としては、室内と室外の気温差・温度差があげられます。その差が大きければ大きいほど、自律神経が乱れ、免疫力の低下につながります。高温・多湿になる環境も、ウィルスが活発化することを手伝っています。これによって治りかけた頃に2次感染を引き起こし、この繰り返しで、症状が長引いてしまいます。
    出典 :夏風邪の症状と治し方!長引く理由は?予防対策も忘れずに! | トレンド速報ニュース
  • このような夏風邪を予防するためには、ウイルスと接触しない事、乾燥を防ぐ事、免疫力を高めることなどが上げられます。まずは、手洗いうがいを徹底します。夏ばてして体力の低下をしないよう、栄養と水分、睡眠を十分に取り、ビタミンCの摂取を心がけましょう。