多くの女性が経験する【膀胱炎の予防】をしよう

膀胱炎の予防をしっかり覚えておきましょう。多くの女性が経験するのがこの膀胱炎なのですよ

view193

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 膀胱炎は

  • 「仕事が忙しくてなかなかトイレにいけなかった」「体が冷えてしまって」なんていうときに、かかりやすいのが”膀胱炎”ですよね。ご自身または身近な女性がかかって、つらい経験をしたことが一度はあるのではないでしょうか。
    出典 :多くの女性が経験!? 夏にリスクが高まる「膀胱炎」を防ぐ方法とは
     

    こんな経験ありませんか?

  • 尿路感染症の一つである膀胱炎は、尿路に細菌が入って感染が起こる病気。トイレを我慢することだけでなく、疲れ、冷え、ストレスが引き金となって起こりやすくなり、「女性なら一生に一度はかかる」とも言われるくらい身近な病気なのです。
    出典 :多くの女性が経験!? 夏にリスクが高まる「膀胱炎」を防ぐ方法とは
     

    こういわれている以上は予防しないといけませんよね

  • 菌を入れない

  • 「菌を入れない」というのは、膀胱の中に菌を入れないということです。特に女性は、尿道と膣や肛門が近くにあり、菌が入りやすくなっています。生理ナプキンやおりものシートは、3時間おきなど、こまめに交換するようにします。
    出典 :膀胱炎の予防 | 膀胱炎の症状と治療ガイド
     

    意外と長時間労働で変えられない事もあるかもしれませんね

  • 外陰部を清潔に保つように心がけ、排便後はお尻を前から後ろへ拭くようにしましょう。性行為をする場合、行為前には、自分も相手も、シャワーを浴び、身体や手指を清潔にし、行為後は排尿する習慣をつけ、尿道や膀胱に入った細菌を排出するようにします。
    出典 :膀胱炎の予防 | 膀胱炎の症状と治療ガイド
     

    こんな習慣もおこなっておくと便利ですね

  • 夫婦の仲良しは

     

    女性の体をいたわるようにしておきたいですね。男性も膀胱炎になりますが、女性より尿道が長いため比較的かかり難いというのです

  • 漢方で予防しよう

  • 補中益気湯(ほちゅうえっきとう)
    膀胱炎の症状がなく普段疲れやすい人は、補中益気湯(ほちゅうえっきとう)がおすすめです。胃腸の働きを助け、体に抵抗力をつけます。
    出典 :膀胱炎を治療・予防するための漢方薬の選び方 | nanapi [ナナピ]
  • 当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)
    膀胱炎の症状がなく、冷え性で貧血気味の人は、当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)がおすすめです。余分な水分を排出し、からだが冷えるのを防ぎます。
    出典 :膀胱炎を治療・予防するための漢方薬の選び方 | nanapi [ナナピ]
     

    4~5日服用しても症状が変わらないときは、医師の診察を受けることをおすすめします。

  • 水分を多く摂る

  • 膀胱炎になってから慌てて水分を多く摂っても、トイレに行くのが怖くなるばかりで、できればトイレからは遠ざかりたい心境でしょう。そうなる前から、水分は沢山摂りましょう。水分を多く摂ることで尿の量や回数が増え、細菌を体の外に出してくれるので、膀胱炎の予防になります。
    出典 :膀胱炎の予防・免疫力や水分について - 【膀胱炎撃退ガイド】
     

    デトックス効果も期待できますね

  • 下半身を冷やさない

  • 冷えは

     

    女性にとって大敵です。だからこそ冷え対策を怠らないようにしましょう。

  • 通常、膀胱の粘膜は、37度前後になっています。この温度では、細菌が入ってきても増えることはないと言われています。冷え性の場合は、膀胱の粘膜が32度以下になることもあり、この温度は細菌が増えやすい温度でもあることから、膀胱炎になりやすくなります。
    出典 :膀胱炎の予防・免疫力や水分について - 【膀胱炎撃退ガイド】