【食べないダイエットが下半身デブの原因!?】 「足痩せ」に効くのは食事だった! 【美脚食】

足痩せには運動かと思いきや、実は「食事」が一番大事だった!美脚に効果的な「美脚食」とは一体!??

view4667

お気に入り お気に入り3

お気に入りに追加

  • 「美脚食」にすると健康も美脚も手に入る?!

  • 重要なのは、余分な脂肪の蓄積や水分の停滞を防ぎ、代謝を改善すること。パーフェクトな代謝を実現するためには、実は40種類以上の栄養素が必要なんです。美脚食の利点は、美味しく食べながらストレスなく続けられること。コツを掴めば、気づいたときには美脚と健康の両方が手に入ります
    出典 :ナターシャ・スタルヒンが説く“脚を細くする美脚食”って何? - BODY CARE - X BRAND
  • 「美脚食」7カ条

  • 1.調味料は最小限にし、使うなら天然のものに限る。

     

    塩分を摂りすぎると、体内に水分が溜め込まれて水太り状態に。脚はむくみ、血液やリンパの流れも停滞してしまいます。調理をするときは、なるべく素材の味を生かし、調味料は控えめに。なかでも、精製など科学的な手が加わっていたり、添加物が入っているものは、代謝のバランスを崩してしまうので注意。もし使う場合は、天然のものを選んで。
    出典:http://xbrand.yahoo.co.jp/category/bodycare/10543/2.html

  • <塩分控えめ!おすすめレシピ>

  • きのこたっぷりグラタン

     


    マッシュルーム 4個
    エリンギ 1袋
    まいたけ 1/2袋
    生しいたけ 2枚
    植物油 小2
    塩 少々
    こしょう 少々
    (A)
    ホワイトソース(缶詰) 150g
    水 1/2
    スライスチーズ 2枚
    出典:http://kawaru.jp/m/3030

  • 1 きのこは石づきを除き、一口大に切る
    2 フライパンに油を熱してきのこを炒め塩、こしょうで調味する。
    3 2にAを加えて一煮立ちさせる。
    4 キャセロールに3を入れてチーズをのせ、オーブントースターでチーズが溶けるまで焼く。
    出典 :きのこたっぷりグラタン - シャキシャキきのこをマイルドなホワイトソースでいただく | レシピ検索 | 生活改善レシピ | かわるナビ
  • かぼちゃの一口コロッケ

     

    かぼちゃ 200g
    豚ひき肉 50g
    塩 少々
    こしょう 少々
    ドライローズマリー 少々
    小麦粉 小1 1/2
    溶き卵 1/3個分
    パン粉 適宜
    揚げ油 適宜
    イタリアンパセリ 適宜
    ローズマリー 適宜
    出典:http://kawaru.jp/m/3067

  • 1 かぼちゃは皮をざっと削り取り、2~3cm角に切ってポリ袋に入れ、電子レンジでやわらかく(500W・約5分)加熱し、袋に入れたままつぶす。
    2 豚ひき肉にローズマリーを加えてポロポロに炒りつけ、塩、こしょうで味付けをする。
    3 1、2を合わせ、4~6つのボール状に丸め、小麦粉、溶き卵、パン粉をつけて揚げる。
    4 器に盛り、イタリアンパセリとローズマリーを添える。
    出典 :かぼちゃの一口コロッケ - かぼちゃの甘みに香ばしさがプラス | レシピ検索 | 生活改善レシピ | かわるナビ
  • 2.水分をよく摂り、アルコールとカフェインは厳禁。

     

    水を飲みすぎるとむくむといわれるけれどそれは間違い。むくみの原因になるのは塩分です。カラダの中の水分を循環させ、老廃物を排出するためにも1日最低1.5リットルは水を飲みましょう。1時間にコップ1杯を目安に、ゆっくりと飲むのがコツ。水分といっても、アルコールやカフェインは代謝を司る体内のビタミンやミネラルを消費するのでNG。
    出典:http://xbrand.yahoo.co.jp/category/bodycare/10543/2.html

  • 3.朝食やおやつには、フルーツ、ヨーグルト、ナッツを。

     

    ストレスを溜めるのはドカ食いのもと! もし小腹がすいたらあまり我慢せず、適切なおやつを食べましょう。砂糖たっぷりのケーキや和菓子は厳禁。基本にしたいのが、ビタミン類や酵素が豊富なフルーツや無糖のヨーグルト。くるみやアーモンドなどのナッツもおすすめ。美脚づくりに大切な血行を良くするビタミンEが豊富で、老化防止にも効果的。
    出典:http://xbrand.yahoo.co.jp/category/bodycare/10543/2.html

  • 4.肉や魚はたっぷり、炭水化物はほどほどに。

     

    美脚食に欠かせないのが、良質なタンパク質。成長ホルモンの分泌を促進し、基礎代謝を高めるためにも肉や魚を、植物性のタンパク質も併せて積極的に摂りましょう。一食に摂る量の目安は、手のひらの大きさと厚みくらい。パンやパスタ、ご飯などの糖質類はその量の半分くらいを上限に。また、アミノ酸バランスのいい卵は1日1~2個が◎。
    出典:http://xbrand.yahoo.co.jp/category/bodycare/10543/2.html

  • 5.海藻、生野菜はお腹いっぱい食べてよい。

     

    酵素のサポーターとして働き、代謝アップを協力的に助けてくれるのが、ビタミン、ミネラルが豊富な海藻類。カリウムが余分な塩分の排出も促進。海苔やわかめ、昆布など1日1回は食事に取り入れて。また、生きた酵素がたっぷりの生野菜も、腸のバランスを整え体内の老廃物をデトックス。外食時も、サラダは必ずオーダーすることを習慣に!
    出典:http://xbrand.yahoo.co.jp/category/bodycare/10543/2.html

  • 6.形がなくなるまで、噛んで食べる。

     

    栄養素をしっかり体内に入れるためにも実行したいのが、よく噛んで食べること。そうでないと、せっかく食べた栄養素も十分に吸収されないばかりか、消化器官に負担をかけ、腸内環境も悪くなります。よく噛めば、唾液と一緒に消化酵素が分泌され、代謝を司るビタミンやミネラルのムダ遣いを防止できるという利点も。一口につき30回噛むのが目安。
    出典:http://xbrand.yahoo.co.jp/category/bodycare/10543/2.html

  • 7.スイーツは我慢。特にミルクの入ったものは注意。

     

    脂肪の蓄積を防ぐために、砂糖をはじめとする糖質はできるだけ量を減らすことを心がけて。また、糖分だけならまだしも、牛乳や生クリーム、バターなどの脂肪分を併せて摂ると、両方が体脂肪としてガッツリ体内に蓄積してしまい下半身太りを引き起こします。ケーキなどのスイーツだけでなく、シチューのルウなども同様の構造なので要注意。
    出典:http://xbrand.yahoo.co.jp/category/bodycare/10543/2.html