「HIV/エイズ」の今さら人に聞けない基本知識

HIV/エイズに感染する原因って何?HIVって何のこと?感染するとどんな症状が出るの?感染したかどうかの検査はどこで受けられるの?今さら人に聞けない、でも知っておきたい。そんなHIV/エイズに関する基本情報をおさらいします。

view694

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • HIV/エイズって何のこと?

  •  

    HIV粒子構造の模式図です。

  • エイズとは、その正式名称は「後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん)」と呼ばれ、その英語表記である「Acquired Immune Deficiency Syndrome」の頭文字をとって、「AIDS=エイズ」と呼称されています。

    そして、「HIV」というのは、このエイズを発症させるウイルスの名称で、その英語での正式呼称は「Human Immunodeficiency Virus」。そこから頭文字をとって、「HIV」と呼ばれています。

    「HIVウィルス」は、日本語では「ヒト免疫不全ウイルス」と呼ばれ、人の免疫細胞に感染して免疫細胞を破壊し、最終的に後天性免疫不全症候群(AIDS)を発症させるウイルスです。

  • HIV/エイズの感染経路とは?

  •  

    感染経路は、性行為、母子感染、血液感染の3つと言われています。

  • HIVウイルスは通常の環境では非常に弱いウイルスであり、普通の日常生活をしている限りには、一般的には感染者と暮らしたとしてもまず感染することはないと言われています。

    HIVウイルスの感染経路は、以下の3つ。

    1:性的感染
    2:血液感染
    3:母子感染

    また、感染源となり得るウイルスの濃度をもっている体液は、一般的に、血液・精液・膣分泌液・母乳が指摘されています。概して感染しやすい部位としては粘膜(膣粘膜など)、切創(せっそう)や刺創(しそう)などの血管に達するような深い傷などがあります。しかし、通常の傷のない健康な皮膚からは侵入し、感染することはありません。

  • HIV/エイズに感染するとどうなるの?

  •  

    風邪に似た症状を示すとも言われていますが、症状には個人差があります。

  • HIV/エイズウイルスに感染すると、感染後の2~3週間の初期段階=急性期で発熱、のどの痛み、口内炎、だるさ、筋肉痛、といったインフルエンザのような症状がみられます。そうした症状はその後数週間でなくなり、次の段階へ移行します。が、人によっては、全く症状の出ない場合もあります。

    感染後は、無症候期と呼ばれる症状の全くない期間が、約5~10年程度続きます。症状が出なくても体内ではHIVが増加し、免疫力が少しずつ低下していきます。 無症状の期間は人によって個人差があり、1~2年以内にエイズを発症する人もあれば、15年たっても、気付かないままに特に症状が出ない場合もあります。

    その後、エイズを発症すると(発症期)、免疫力が更に低下し、下痢やひどい寝汗、理由のない急激な体重減少などがおきます。さらに免疫力や抵抗力がほとんどなくなっているために、健康な人では問題にならない種類のカビ、原虫、細菌、ウイルスによって日和見感染症や悪性腫瘍、神経障害など、様々な症状を引き起こします。

  • HIV/エイズの検査はどこで受けられるの?

  •  

    自治体や保健所で、無料・匿名の検査が受けられます。予防のためにも、検査を受けましょう!

  • HIV/エイズの検査は全国のほとんどの保健所や自治体の特設検査施設で、誰でも無料そして匿名で受けることができます。また自分が住んでいる自治体以外の保健所でも検査は受けられます。

    また、有料ですが、各医療機関でもHIV検査を希望すれば受けることができます(自費診療の場合、5000円〜10000円くらいと言われています)。

    保健所などの、無料匿名検査機関は毎日検査を実施しているわけではないところもありますので、各自治体や保健所に問い合わせて、実施日時の確認をしてから検査に臨むことが望まれます。

  • HIV/エイズを予防するには?

  •  

    自治体によっては、特にこうした「エイズ予防月間」などを設けて、無料相談や検診などの機会を提供しています。

  • エイズを予防し、そしてまた感染を防ぐためにも、検査を受けることが大切です。

    また、日本ではもっとも多い感染経路とされているのが、「性的感染」です。この予防には、不特定多数の人との性交渉を避け、また性交渉の際には適切な避妊具(コンドーム)を、適切に使用することが肝心です。

  •  

    適切なコンドームの利用は、性行為でのHIV/エイズ感染を防ぐ大切なことです。