顔が痛い!顔面に現れる神経痛「三叉神経痛」とは?

神経痛は辛いものですが、その中でも顔に現れる「三叉神経痛」はかなりの痛みです。強烈な顔面の痛みに襲われたら、すぐに医療機関で診てもらいましょう。

view746

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 「三叉神経」ってどんな神経?

  • 痛みを感じる神経のひとつです。額、頬、あごに枝分かれしています。

  • 三叉神経

     

    このように3方向に伸びています。

  • 「三叉神経痛」はどんな症状が出るの?

  • ・針でつかれたように痛い
    ・顔がえぐられるように痛い
    ・雷に打たれた感じ

    とにかく激痛ですね。これは辛い…。

  • 発症しやすい年齢はあるの?

  • 50代で発症するケースが多いです。

  • 現役世代が発症します。

     

    部長、どうしたんですか?!ということも起こりえますよね…。

  • 三叉神経痛の原因は何?

  • 何らかの原因で三叉神経が圧迫していると考えられます。
    じつはまだ原因不明なのです。

  • 三叉神経痛はどんな種類があるの?

  • ・続発性神経痛
    他の病気が引き起こす三叉神経痛です。
    中耳炎や蓄膿症、虫歯、インフルエンザなどが原因となるケースがあります。

  • ・特発性神経痛
    三叉神経が脳から出ている部分が血管によって圧迫されて起こります。
    三叉神経痛の多くはこちらのタイプです。

  • 三叉神経痛は治療できるの?

  • 投薬による「対処療法」が行われます。
    根本的な治療はまだ難しいです。

  • 症状はどれくらい続くの?

  • 激痛が数秒間~数分間続くのが数日~数か月続きます。
    治ったと思っていたら再発するので、強い痛みが出たら医療機関へ。

  • 内服薬による治療

     

    鎮痛剤、精神安定剤、ビタミン剤などが処方されます。

  • 神経ブロック

     

    注射で麻酔薬を注入し、痛みを抑えます。

  • 減圧術

     

    開頭して三叉神経を圧迫する動脈を移動させます。
    大手術になるので信頼できる医師に依頼するのが安心です。