今年も到来?インフルエンザに気を付けて!!

インフルエンザ(ラテン語: influenza)とはインフルエンザウイルスによって引き起こされる急性感染症ことで、多くは上気道炎症状・呼吸器疾患を伴うことで流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)、詰めて流感(りゅうかん)と言われる。日本などの温帯では、季節性インフルエンザは冬季に毎年のように流行する。

  • pocca 更新日:2013/11/08

view330

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • インフルエンザの予防対策とワクチン接種でこの冬を乗り切ろう!!

  • Q.1:インフルエンザと普通の風邪はどう違うのですか?


    普通のかぜの多くは、のどの痛み、鼻汁、くしゃみや咳などの症状が中心で、全身症状はあまり見られません。発熱もインフルエンザほど高くなく、重症化することはあまりありません。
    一方、インフルエンザは、38℃以上の発熱、頭痛、関節痛、筋肉痛など全身の症状が突然現れます。併せて普通の風邪と同じように、のどの痛み、鼻汁、咳などの症状も見られます。小児ではまれに急性脳症を、高齢者や免疫力の低下している人では肺炎を併発する等、重症になることがあります。

  • インフルエンザの感染拡大を防ぐために~高齢者介護施設編~ - YouTube

     

    まずは予防が大切です

  • 一に手洗い!二にうがい!そして…予防接種?

  • 「インフルエンザ」の語は16世紀のイタリアで名付けられた。当時は感染症が伝染性の病原体によって起きるという概念が確立しておらず、何らかの原因で汚れた空気(瘴気、ミアズマ)によって発生するという考え方が主流であった。冬季になると毎年のように流行が発生し春を迎える頃になると終息することから当時の占星術師らは天体の運行や寒気などの影響によって発生するものと考え、この流行性感冒の病名を、「影響」を意味するイタリア語influenzaと名付けた。この語が18世紀にイギリスで流行した際に日常的語彙に持ち込まれ、世界的に使用されるようになった。なお、日本語となっている「インフルエンザ」はイタリア語での読みと違い、イタリア語での読みは「インフルエンツァ」である。

  • インフルエンザの仕組みは?

     

    インフルエンザという言葉は多くの人が知っていると思うますが、その内容はあまり知られていないようです。

  • 日本では平安時代に近畿地方でインフルエンザらしき病気が流行したと記述が残っており、江戸時代には幾度か全国的に流行し、「お七かぜ」「谷風」[1]「琉球風」「お駒風」など当時の世相を反映した名称で呼ばれた。古くから風邪、風疫とされるとおり、悪い風が吹いて人々を病気にするという認識があった。

  • 風邪やインフルエンザの予防に手ピカジェル! - YouTube

     

    インフルエンザウィルスは手洗いとうがいを徹底すれば、8割くらいの予防ができるようです。

  • 感染経路は咳やくしゃみなどによる飛沫感染が主と言われている。一般的には経口・経鼻で呼吸器系に感染する。飛沫核感染(空気感染)や接触感染など違った形式によるものもある。予防においては、有症状患者のマスク着用が有用であり、飛沫感染防止に特に効果的であるが、形状や機能性などによっては完全に防げない場合もある

  • 手洗いとうがい

     

    外出して帰ってきたら、まずは、手洗いとうがい!!が大切です。

  • 潜伏期間は1–2日が通常である

  • 換気をこまめに行う。空気清浄機などでも良い。部屋の湿度(50-60%)を保つ。これにより、ウイルスを追い出し飛沫感染の確率を大幅に減らすことが可能である。

  • 過労、ストレス、睡眠不足や不摂生な生活をすれば身体の免疫力そのものが低下するのでワクチンを接種したから大丈夫と過信してはいけない。

  • ワクチンの効果は3カ月程度。

  • インフルエンザ感染症を発症している患者の同居家族や共同生活者(施設などの同居者)が下記のような場合には、タミフルのカプセル製剤を1日1回、予防使用することが認められている(7–10日間、継続して服用する)。健康成人と13歳未満の小児は予防使用の対象にならない。